本場マンマの味ラザニア

一昨日と昨日は秋のスペシャルレッスンを行いました。
生徒さんからのリクエストもあり、ラザニアを作りました。

ラザニアはラグーソース、ベシャメルソースの2種類のソースを作ります。
その後ラザニア用のパスタと2つのソース、パルミジャーノレッジャーノを段々に層にして、オーブンで焼きます。
とても手間のかかるお料理です。
その分、とても美味しくて、おもてなしには喜ばれるお料理なんですヨ。

参加された生徒さんからも「美味しい!!!」という言葉を全員から聞くことができました。
私もとても嬉しいです!
レッスンで残ったラザニアをマリート君(夫)がまたまた「ウマイ!」と言いながら、食べていました。
日本人って、イタリア料理が好きなんですね~。

黒オリーブのブルスケッタ
e0078071_12334992.jpg

黒オリーブって、必ず残ってしまいませんか?
そんな皆さんの意見から、黒オリーブの美味しい食べ方を提案するために考えたレシピです。
私も久しぶりに試食してみたのですが、「えっ!こんなに美味しかったかしら?」と・・・
赤ワインにも合うのです。
マリート君はオリーブが嫌いですが、何も言わずに食卓に並べたら、普通に食べていました。
きっと美味しかったのね!

ラザニア
e0078071_12405439.jpg

熱々のラザニアの盛り付けは、ちょっと難しい・・・・でも美味しい。
美味しさの秘密は、2時間近く煮込んだ本場のラグーソースとナチュラルで優しい味わいのベシャメルソースです。
この2つのソースは様々なお料理にも活用できます。
そしてラザニア用のパスタの茹で時間も私のレシピのポイントです。
パッケージの表示通りで茹でるのが美味しくできるコツではありません。ご注意を!

オレンジのコンポート
e0078071_12463682.jpg

ラザニアの後には、フルーツのデザートを・・・・!
お料理やお菓子に使う赤ワインには、絶対に料理酒用のワインを使わないで下さいね。
飲み残しのワインがお勧めですが、お店で買う場合も800円位のものをチョイスしましょう。
by kayoprimo | 2009-11-10 12:53 | イタリア料理

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30