本みりんと料理清酒の効果について

10/8のブログにも書きましたが、宝酒造株式会社×Dreamiaサロンのイベントにて本みりんと料理清酒についてお勉強する機会に恵まれました。
Dreamiaサロンのサイトにイベントの様子がUPされています。⇒こちら

e0078071_1557206.jpg

勉強会の後、Dreamiaのスタッフの方から「本みりんと料理清酒を活用したイタリアンのレッスンをお願いできませんか?」ということになり、今月のレッスンでは和の調味料の効果をイタリアンレシピに生かす方法を参加者の皆さんにご紹介しています。

先日はDreamiaからレポート取材が入りまして、近日中にサイトでUPされる予定です。

本みりんの効果をより良く知っていただくために、「カポナータ」と「マグロの煮込み」2種類の煮込み料理をご紹介することにしました。

e0078071_169121.jpge0078071_1694015.jpg

本みりんと料理清酒は言うまでもなく日本の調味料ですが、勉強会に参加して様々なジャンルのお料理に生かせることを知りました。
また宝酒造の担当者の方からは「本みりんはトマトとの相性が抜群なので、是非イタリア料理にも使ってください!」というコメントを頂戴しました。

ちょっと長くなりますが、本みりんと料理清酒、それぞれの効果について説明させてくださいね。
お料理に興味がある方は是非読んでみてね!

本みりんについて・・・
みりんには「本みりん」と「みりん風」の2種類があります。
「本みりん」の成分にはアルコール分が含まれているので酒税がかかります。
一方「みりん風」はアルコールが入っていないので酒税がかからない分リーズナブルです。

アルコールの効果がお料理の美味しさに大きく影響してくるので、「本みりん」がおすすめです。
効果1)上品でまろやかな甘みで味をまとめる。
効果2)生臭みを消す。
効果3)味のしみこみをよくする。
効果4)てりつやを出す。
効果5)煮くずれを防ぐ。


料理清酒について・・・
「料理清酒」は食塩無添加アルコールですが、塩を加えることで酒税をかからないようにしたものが「料理酒」として販売されています。
「料理酒」は余分な塩分を取ってしまう可能性があるので、「料理清酒」がおすすめです。

「料理清酒」は酵母の働きにより、お料理を美味しく仕上げることにこだわった商品で、「飲む清酒」に比べて、旨み成分が豊富だそうです。
効果1)生臭みを消す。
効果2)コクとうまみを加える。
効果3)味をしみこみやすくする。
効果4)素材を柔らかくする。
効果5)うまみを閉じこめる。


以上の効果をイタリア料理にも生かしてみました。
カポナータでは本みりんを使って、煮くずれ防止やまろやかな甘みに仕上げました。
※本来カポナータには隠し味に砂糖とワインビネガーを入れるんですよ!
煮込み料理の時間短縮にも一役かってくれていると思います。

マグロの煮込みでは料理清酒と本みりんを使いました。
料理清酒にマグロを漬けこんで上記5つの効果を期待します。
また本みりんにはカポナータ同様の効果に加え、お魚の消臭効果も期待できますので、お魚料理には向いていますよね。

イタリア料理ですから、もちろん日本の調味料を使わなくても美味しく作れます。
その場合は料理清酒は白ワインに代用して、本みりんを入れずに少し煮込み時間を長くして、全体の旨みを引き出してあげるようにしましょう。
煮くずれが気になる場合は材料を大きめに切るなど、工夫してみてね!
by kayoprimo | 2010-11-20 17:40 | 私からのメッセージ

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30