カラブリアの赤・チロロッソ

今月のイタリア家庭料理クラスでマリアージュさせたワインをご紹介します。

正直、今回のマリアージュワインにはちょっと頭を悩まされました。
トマトパスタには絶対に赤がいいし、セコンドにはやっぱり白かな~とか・・
悩んだ末に私がチョイスしたのがチロ・ロッソ(カラブリア州)でした。

CIRO ROSSO Classico DOC2008 (Vinicola ZITO)
e0078071_15501030.jpg

カラブリアはイタリアのブーツのつま先に当たる州です。
そしてカラブリア州の北東側のチロという村とその周辺の海沿いがCIRO ROSSOのワインの産地になっています。

ブドウ品種はガリオッポ100%。
ギリシャからイタリアに渡り、主にカラブリア州で栽培されている伝統的な品種だそうです。

赤い果実のフルーティな香りが特徴です。
果実味と酸のバランスが良く、かすかなタンニンも心地よい。。。
口当たりが若々しくて、優しいイメージのワインでした。

カラブリアは唐辛子の産地としても有名で、今月のセコンドのカチャトーラは唐辛子でピリッとさせたので、合うかな~と思ってマリアージュさせました。
生徒さんからの評価もまずまずでした。

チロ・ロッソカラブリアの赤ワインでブドウ品種はガリオッポと覚えておきましょう!
by kayoprimo | 2011-09-19 16:13 | ワイン

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30