ズッパ・ディ・マーレ

今週は3月のイタリア家庭料理クラスのメニューについて書いています。
前回のプリモピアットに引き続き、今日はセコンドピアットをご紹介します。

ズッパ・ディ・マーレ
e0078071_20344027.jpg

ズッパ・ディ・マーレを直訳すると「海のスープ」となりますが、「海の幸の漁師風煮込み」と言った方がお料理のイメージが湧くと思います。

一般的に魚介の煮込みのことを、ズッパ・ディ・ペッシェと言うことが多いのですが、今回のレシピは魚を使っていないので、あえてズッパ・ディ・マーレとしました。

 ※ マーレ=海  ペッシェ=魚  ズッパ=スープ

イタリアにはその土地土地の魚介の煮込み料理が存在します。
私は7年前にトスカーナの漁師町リボルノで食べた、その土地の郷土料理「カチュッコ」をイメージして、今回のレシピを完成させました。

濃厚なトマト味ペースの魚介煮込みは、海の幸の旨みがしっかり入っています。
するめいか、えび、ほたて、あさりを使いました。

この濃厚なスープには絶対にパンが合うのです。
パンにスープをたっぷり浸していただくのがイタリア流です。

もともと漁師のおじさん達のお料理ですから、お行儀よく食べる必要はありません。
ガッツリと魚介の美味しさを楽しんでください。

魚介というと白ワインを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、こちらのお料理には赤ワインの方がおススメです。
今回はロゼワインをご用意していますが、ロゼもなかなか良いです。
by kayoprimo | 2012-03-14 21:14 | イタリア料理

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31