トスカーナの伝統料理「リボリータ」を・・・

9月も上旬を過ぎようとしているのに、まだまだ残暑が厳しいです。
話によると、今年は観測史上一番厳しい夏だとか・・・
毎日毎日、涼しくなることを祈っているのです。

週末から9月のイタリア家庭料理クラスが始まりました。
暑い中、足を運んで下さる生徒さん、本当にありがとうございます。

残暑は続きますが、今月からは完全に秋のメニューになりました。
生徒さんからの評判も良いみたい!
楽しくレッスンを進めております。

今月のプリモピアットはトスカーナ風の白いんげんスープをご紹介しております。
暑さに疲れた胃帳にも優しいお料理です。

リボリータ風白いんげんのポタージュ
e0078071_14433390.jpg

トスカーナの伝統料理の一つに「リボリータ」というものがあります。
白いんげん、余り野菜、固くなったパンを一緒に入れて煮込んだお料理。
本場では必ず黒キャベツが入りますが、今回は入れてません。

トスカーナを旅するといろいろなリボリータに出会います。
お店や家庭によって様々です。

今回はポタージュ風のものをご提案させていただきました。
作り方は今回もとても簡単です。

白いんげんはフードプロセッサにかけて、サラサラのポタージュ状にしておきます。
イタリアでは固い豆から煮込んで作るのですが、レッスンでは缶詰を使用。
この方が生徒さんに気軽に作ってもらえるので・・・

その他の具として、今回は沢山の玉ねぎとトマトの2種類のみを入れました。
初めにしっかり炒めて、玉ねぎの甘みと旨み、トマトは円やかな酸味を引き出してあげます。
ローズマリーとイタリアンパセリの香りもつけますヨ。

本当はパンも入れて煮込むのですが、ビジュアル的には???なので、今回は私のアレンジで小さく切ってトーストしたものをポタージュの上にのせて盛り付けました。
初めはカリカリっとした食感、だんだんスープが浸みてきて「リボリータ」の柔らかい食感が楽しめます。
by kayoprimo | 2012-09-10 15:07 | イタリア料理

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30