オーストリアの旅⑥~憧れのウィーンの地を踏む

アメリカに住む妹とザルツブルクからウィーンへ~
6日間かけてのハードな自由旅です。
以前の記事はこちらから
オーストリアの旅⑤~世界遺産ヴァッハウ渓谷ドナウ川クルーズ
オーストリアの旅④~メルク修道院って知ってるかい?
オーストリアの旅③~ミラベル宮殿の庭園を歩く
オーストリアの旅②~ザルツブルグの青空
オーストリアの旅~奇跡的なお天気に恵まれたハルシュタット

e0078071_14572392.jpg

クレムスから鉄道で1時間ちょっと・・・
ようやくオーストリアの最終地「ウィーン」にやってきました。
フランツ・ヨーゼフ駅からタクシーでホテルまで向かう途中に見たウィーンの街。
とてもライトアップがキレイで、とても優雅な空気が流れていました。
「なんか~この町好きだわ~」

ホテルチェックイン後、すぐに「夜は何をどこで食べる?」の話し合い。
ガイドブック情報によると、ホテルから歩いて10分くらいのところにオーストリア料理のお店が数件並んでいるエリアがあるらしい・・・
とりあえず、そのエリアに向かってみることにした。

大きな道から路地に入ると・・・確かにオーストリア料理のお店が4~5店ありました。
オーストリアのレストランには店先に必ずメニューが貼られています。
検討した結果、ガイドブックには紹介されていないお店に決定!

e0078071_15153045.jpge0078071_15153469.jpg

オーストリアの代表的なお料理のグラーシュとウィーンの代表的なお料理のヴィーナーシュニッツェルを注文しました。
グラーシュにはイタリアのニョッキのような付け合せシュペッレが付いていました。
オーストリア料理にはビールが合う!
いつもはワイン派の私もここオーストリアでは終始ビールを飲んでいました。

お店の中に大きな木が生えているカワイイお店でした。
お値段リーズナブルで、お兄さんも親切でした。
おススメです!(また行きたい!)
Gasthaus Am Spittelberg
Spitteiberggasse 5 1070 Wien

ウィーンの観光は1日半しかないため、本当に観たいものに絞って回ることにしていました。
翌日はウィーン観光の王道のシェーンブルク宮殿から始まります。
(あっという間に夜が明けて・・・今日もハードな1日になる予感)

シェーンブルグ宮殿は世界遺産に登録されている美しい黄色の宮殿です。
マリー・アントワネットのお母さまマリア・テレジア女帝によって、今日の美しい姿になりました。
マリア・テレジアイエローと言われているそうです。

e0078071_15555351.jpg

e0078071_15562288.jpg

e0078071_15571334.jpg

宮殿内部はオーディオガイドで回るシステムになっています。
たくさんの国の方々がそれぞれの国の言葉で説明を聞きながら、同じ空間を共にすることになります。
子供用のオーディオガイドもあるようです。
誰も大声で話をする人はいません。
皆が静かにそれぞれの思いを馳せながら見学するのです。

なかなか良いシステムですね。
日本でも時々美術展に行くことがありますが、お友達同士・ご家族同士が大声で話しながら、見学している姿に遭遇します。
「もう少し静かにしてくれないかな~」といつも思ってしまうのですが、シェーンブルグではその心配な一切なかったです。

庭園内には動物園や博物館などもあって、全てを見るには相当時間がかかりそうです。
遠くに見える(写真2枚目)グロリエッテは宮殿から徒歩20分ほどかかるそうです。
そこから見る景色は、その価値があるそうですヨ!
私は体力的に無理でした~次回行くことがあれば頑張ってみたい!

宮殿の正面入口の左側にあるカフェでお茶しました。
宮殿見学は相当体力を使いますので、大勢の観光客の方が休憩しておりました。

オーストリアって、お菓子がとっても美味しい国です。
さすがカフェ文化が花開いた国。
アプリコットジャムが層になったトルテを食べました。

e0078071_16193527.jpg

今日はこの辺で・・・・ウィーン後編は後日のブログで。
by kayoprimo | 2012-11-12 16:24 | 私時間

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30