アブルッツォは鹿肉と羊肉の食文化だった

久しぶりにイタリア好きの食事会に参加しました。
アブルッツォ州のお料理を楽しむ会です。

アブルッツォ州って、どこにだか知ってますか?
イタリアの国をブーツで例えると「ふくらはぎの下」くらいに位置する所。

私のお料理教室の生徒さんでしたら、ワインの産地として時々私が説明をしている州です。
モンテプルチャーノ・ダブルッツォやトレッビーアーノ・ダブルッツォなど、わりとカジュアルで親しみやすいワインの生産が盛んな所ですよね~

ワインは知られていても、お料理はなかなか知られていませんよね~
観光でも行きにくい場所ですし、ある意味なにもない山と海しかない州だそうです。
でも自然が素晴らしいところだそうですよ~

e0078071_21334744.jpg

食事会が行われたのは、麻布十番のLA COMETAというお店です。
オーナーの鮎田シェフの奥様はアブルッツォ出身のイタリア人。
奥様と息子さん(次男)がホールを担当しているそうです。
もう一人の息子さん(長男)はキッチンで料理をつくっているとのこと。
イタリアのトラットリアのように家族で経営しています。

いや~、今回の食事会、とてもお勉強になりました。
アブルッツォは鹿肉と羊肉の食文化。
そしてキタッラという手打ちパスタも有名です。
トマトソースで食べることが多いのだそうです。

室内が暗くて、あまり美味しそうに撮れなかったのですが、お料理はとてもイタリア的で懐かしさを感じる美味しさでした。

冷製アンティパスト3種
鹿肉のハム、魚介のマリネ、クラテッロ・ディ・ジベッロ(生ハム)
温製アンティパスト2種
卵とチーズのフリット、鹿肉のレバーパテ


e0078071_21434113.jpge0078071_21435185.jpg

アブルッツォ風(仔羊のソース)ポレンタ焼き
グアンチャーレトマトソースのキタッラ


e0078071_21441061.jpge0078071_21441985.jpg

仔羊の備長炭グリル漁師風ソースがけ、サルシッチャの煮込み
ドルチェの盛り合わせ


e0078071_21444192.jpge0078071_21445229.jpg


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
by kayoprimo | 2013-03-05 21:53 | レストラン

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30