コルトーナで新たな発見あり

フィレンツェから列車で1時間20分、コルトーナへ出かけてきました。

e0078071_5455032.jpg

駅からさらにバスで15分ほど、高台にあるコルトーナの町に着きます。
日曜日は極端にバスの本数が少なく、この日も午前中はバスはないとのこと。
タクシーで町に向かいました。

e0078071_5455297.jpg

着いた瞬間からワクワクが止まりませ〜ん。
だって大好きなアンティーク市が開催されていたから〜
毎月第4日曜日はコルトーナのアンティーク市だそうです。
知らなかった〜!

e0078071_545546.jpg

e0078071_5455645.jpg

買い物するつもりは全くなかったけれど、いろいろ買ってしまいました。
いつもはビンテージのアクセサリーを買うことが多いのだけど、今回はクロス、カトラリー、クリスタルなどに目が向きます。

e0078071_5455854.jpg

広場から一歩入ると、とても静か。
トスカーナらしい中世の町並みを散策。
コルトーナは坂が多いのです。

e0078071_546120.jpg

古い中世の家が今でも残っています。
昔は一階部分に税金が課せられていたので、写真のように二階部分を出っ張らせた造りになったそうです。(税金対策だったらしい)
今このように木の支えが残っているのは、ここコルトーナだけだそうです。

e0078071_546473.jpg

実際に人が住んでいるのかな〜、と確認したところ、住んでる様子がない家あり、貸し部屋(たぶんツーリストアパート?)になってる家あり。
あー、絶対に泊まりたくな〜い!
だって2階の床が抜けたらどうするのよ!などと言いながらの散策です。

e0078071_546695.jpg

コルトーナの司教区美術館ではフラ・アンジェリコの「受胎告知」の祭壇画を観てきました!
金箔がキラキラして、とても華やかでした。

そして美術館前の広場からは素敵な景色が広がっています。

e0078071_546820.jpg

さあ、お昼。
散策中に見つけたトスカーナの地元料理を出すお店IL CACCIATOREに入ってみました。

e0078071_5461169.jpg

e0078071_5461344.jpg

パスタはやっぱり手打ちのピチ
量が多い!盛り付けもかなり素朴。
これぞイタリア!という感じです。

素晴らしい景色を見ながら、素敵な街を散策しながら、アンティークを買う。
なんて素敵な1日なの〜
時間はあっという間に過ぎていきます。

コルトーナはシラーが有名だそうです。最後に地元の美味しいワインが飲みたいね。
というわけで、何気に入ったエノテカが当たりでした!

e0078071_5461547.jpg

超かっこいい女店主のオバサンがすすめてくれたシラーがすごーくすごーく美味しかった!
シラーの印象変わりました。
@Enoteca Enotria

e0078071_5461774.jpg

あまりにも楽し過ぎて…
最終バスを逃してしまいました。
焦ったけれど、地元の人たちがとても温かくて、なんとかタクシーに乗ることができました。

ハラハラドキドキのショートトリップでした!
コルトーナ最高!

コルトーナでは、私の知らなかったトスカーナの姿に出会うことができました。
新たな発見があるから、イタリア面白いのです!
by kayoprimo | 2014-06-24 04:40 | イタリア

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31