シエナでオリーブの話を聞く

15年来の友人でシエナ在住の聖美さんの案内で、シエナのオリーブ農園に伺いました。

e0078071_19562757.jpg

シエナの中心部からバスで10分、急に緑が多くなってきました。
フィレンツェよりも小さなシエナは、緑に囲まれた町なんですよね。

e0078071_19563098.jpg

バスを降りて上り坂を10分ほど歩いたところにエンリコ(兄)とルイージ(弟)のオリーブ農園はありました。

e0078071_19563556.jpg

弟のルイージに園内を案内してもらいました。
オリーブの花の時期は終わりを迎え、今は小さな赤ちゃんオリーブが少しづつ実をつけ始めています。

e0078071_1956315.jpg

e0078071_195633100.jpg

イタリアでは4月に花が咲くと豊作、5月に花が咲くと質の良い出来、6月に花が咲くと不作(量がとれない)と言われているそうです。

今年は6月に花が咲いたそうです。
これからの天気や気候などで、クオリティの良し悪しが変わってくるとか…
たとえ量が少なくても、クオリティの良いオイルができることを祈るばかりです。

e0078071_19563854.jpg

トスカーナと他の州のオイルの違い、世界のマーケットの事など、オリーブの面白い話をたくさん聞くことができました。

農園でお昼をご馳走になりました。
シンプルなトマトソースのスパゲティとポルペッテ。

e0078071_19563978.jpg

e0078071_19564221.jpg

食事中パスタの話になりました。
このパスタはこの農園のオリジナル(自社商品)なんだそうです。
自分たちが育てた小麦をパスタ工場に持ち込んでパスタも作っているとのこと。
農協などで手に入るそうです。
トスカーナにも美味しいパスタがあったのね〜
まだまだ知らないことばかりです。

ルイージさん、話の中でパーセンテージなどのデータもたくさん出てくるので、聞いてみました。
「なぜ、そんなに詳しいのですか?」
彼は20年間イタリアの農協の組合に属していて、今はシエナの副会長さんをしているのだそうです。
イタリア国内でいろいろな会議にも参加する機会が多く、そして食育の一環として子供たちにも説明する機会もあるのだそうです。
「へ〜、どうりで詳しいはずだし。説明も分かりやすい。」

お兄さんのエンリコとは今回会えなかったのですが、いつも畑に出て黙々と働いているそうです。

e0078071_19564527.jpg

帰り際「また来なよ。今度は圧搾所を見せてあげるから」と声をかけてもらった。
こうしてイタリアで色々な縁ができていくことに幸せを感じたのでした。
by kayoprimo | 2014-06-28 19:46 | イタリア

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30