赤ワインは常温?とは限らないのです

例年に比べると涼しい夏の終わりを迎えています。
残暑はどこへ?
ちょっと季節外れになってしまいますが・・・

夏はついつい泡ものとか、白ワインに走ってしまいそうですが、お料理によっては赤ワインを合わせたい時はありませんか?
赤ワインは通常は常温(14℃くらい)でたしなむものと言われていますが、季節やお料理によっては、少し冷やしていただくのもありです。

e0078071_14434421.jpg

8月のイタリア家庭料理クラスでサービスしたワインについて。
Vino Hayashiでも大人気(私も大好き)のPietro BeconciniCHIANTIをご用意しました。

CHIANTIはトスカーナの代表的なDOCGワインですよね~?
ワインをたしなんでいる方なら皆さんご存知だと思いますが、
「サンジョベーゼ種主体のカジュアルなワイン」という印象が強いですよね。

そんな印象を掻き消してくれるのがPietro BeconciniのCHIANTIでした。
やっぱり素晴らしい生産者が手掛けるCHIANTIは只者ではない!

サンジョベーゼ自体がしっかりとした酸味を持つブドウ品種ですが、それ以上に果実味や奥行きを感じるのでした。。
それでいて、上品なカジュアルさはあります。
とても飲みやすいのです。

こちらの赤ワインを冷やしてサービスしたところ、皆さんの飲むペースが速い?!
ランチタイムにもぴったり!

この夏はもう暑さがぶり返すことはないかもしれませんが・・・
赤ワインを冷やしていただくなら、キレイな酸味のワインがおススメです。
温度を下げることでキレイな酸味が際立ちます。
ご参考まで。

写真(下)はPietro Beconcini訪問の際のもの 2014.06
e0078071_1513873.jpg


★天体エネルギーを呼応させたアストロパワースイーツレッスン
「ルビーグレープフルーツのシャルロット」
9/15((月・祝)、9/27(土)開催します⇒詳細はこちら

お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2014-09-01 15:09 | ワイン

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30