手打ちのタリオリーニ入りヒヨコ豆のズッパ

すでに12月のイタリア家庭料理クラスのレッスンも中盤。

12月は「冬のパーティメニュー」と題しまして、冬におすすめのトスカーナ料理2品と、少し趣向を変えてお正月にも楽しめる和の要素を含んだドルチェを作っています。
本日は先ずはプリモピアットからご紹介します。

手打ちのタリオリーニ入りヒヨコ豆のズッパ

e0078071_15415130.jpg

具沢山のミネストローネやメイン料理の付け合せなど、イタリアではお豆の出番がとても多いように思います。
けして洗練されたものではないけれど、マンマの温かさや優しさを感じる。

今回ご紹介しているお料理はフィレンツェ在住の友人フィオラからおしえていもらったトスカーナらしい一品。
丁度この日は子供たちのお休みの日。
子供たちが美味しそうにほおばり、おかわりをしている様子を微笑ましくウオッチングしておりました。
フィレンツェの子供たちも大好きなお料理には愛情がいっぱい注がれているんですね~

ズッパ(具沢山スープ)のベースはヒヨコ豆。
生のお豆から作るのか本格的ですが、忙しい生徒さんでも気軽に作れるようにヒヨコ豆の水煮缶でレシピを立案しました。
缶詰を使うことで短時間で美味しい味に仕上がるんです。
その他に玉ねぎ、ローズマリー、トマトなどの旨みや香りを加えました。

このズッパに手打ちのタリオリーニを合わせたわけですが、本来ズッパはパンと一緒に食べるもの。
「ズッパは飲むものではなく食べるもの」というのがイタリア流な考え方です。
トロッとしたズッパがまるでソースのようにパスタの麺に良く絡みます。

ヒヨコ豆のズッパ自体はとても日常的なお料理ですが、時間と手間をかけた手打ちパスタと合わせることで話題性もあり、パーティのメニューとしても堂々とお出しできるのではないでしょうか。

e0078071_16583915.jpg

さてタリオリーニについてですが。。。
タリオリーニは2~3mmの幅に切った手打ちパスタのことを指します。
『tagliareタリアーレ=切る』が語源になっています。

2~3mmに切るのって、結構難しいですね。
結局5mmくらいになってしまうのだけど、それも手作りの良さ、ご愛嬌です。

レッスンではイタリアの小麦粉00を使用しています。
もちろん日本の小麦粉でも作れますが、是非イタリアの手打ちパスタの味を楽しんでいただきたいと思っています。
やっぱり手打ちのパスタは美味しい!

セコンドとドルチェについては後日のブログで。


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
【参加者募集】
12月のイタリア家庭料理クラス

【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 
『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。

お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代


by kayoprimo | 2017-12-14 16:59 | イタリア料理

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31