リボルノ小旅行

今日はイタリア滞在中の小旅行について書きます。

5月10日(木)、友人のヨッシーと一緒にリボルノ
フィレンツェから列車で1時間半位の所にある港町リボルノは、斜塔で有名なピサを経由してフィレンツェからダイレクトに行くことができます。

e0078071_5533325.jpg

リボルノは、特に何が有名な見所がある町ではなく、皆さん特に訪れたいと思う町でもないと思いますが、今回の小旅行の目的は「美味しいCACCIUCCOを食べよう!」という訳で、とにかくマイナーな所へ出かけることになりました。

CACCIUCCOとは、リボルノ名物の魚介スープのこと。
リボルノ風ブイヤベースとでも言いましょうか・・・

港町ということで、やっぱり新鮮で美味しい魚介が集ってくるわけですね。
ここは魚だけが売られている市場です。

e0078071_554880.jpg

そして、こんな陽気なオジサン・・・市場中の皆が私達に話しかけてくれて、気がつけば沢山の人に囲まれていたりして・・・

e0078071_5543088.jpg

魚だけではなく、美味しいそうな野菜や果物も集っていました。
お値段も、すっごく安いの。

e0078071_5545179.jpg

この活気は最近のフィレンツェでは考えられないほどです。
スーツを着たオジサンもいます。
ここは本当に生活を感じられる場所でした。

e0078071_555976.jpg

そして、昼食は地元の人が集るリストランテへ
名前は確か、Cantina di Vecchio Senese
魚屋のオジサン(写真)に聞いたレストランは本当に本当に美味しかったのよ!
3品注文して、お腹一杯食べました。

Insata di Mare(魚介のサラダ)
温かい魚介をタップリ食べました。
e0078071_5553271.jpg

Accuighe Marinate(イワシのマリネ)
これは生の新鮮なイワシをビネガーでマリネしたもの。
e0078071_5554799.jpg

これがCacciucco(魚介のスープ)
スープというよりは、魚介のトマト煮込みみたいなものです。
e0078071_556626.jpg

その後、港の方へ向いました。
港と言えば、この風景ですよね。

e0078071_5563342.jpg

そして、こんな船が気分を盛り上げてくれました。

e0078071_557820.jpg

リボルノは歴史がある町ではないし、特に観光名所もない所だけど、人々はみんな陽気で親切で、なんだか気持ちが落ち着く町でした。
ちなみに町中にはこんな光景もありました。

e0078071_5582549.jpg

人々の生活感を垣間見れた事、そして美味しい魚介料理を食べられた事、気持ちの良い風に吹かれながら大きな海を見れた事、素敵な思い出になりました。

クリックしてシニョーラKAYOを応援してくれると嬉しいです。
ここをクリック⇒人気blogランキングへ

e0078071_13175418.gif
by kayoprimo | 2007-06-16 01:02 | イタリア

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31