手打ちパスタ(ストロッツァプレティ)

今日もイタリア家庭料理のレッスンでした。
昨日から天気が良くないのですが、何とかお料理写真は美味しそうに撮れました。

ストロッツァプレティ

e0078071_21263298.jpg

クルクルっと手で捻って作ったパスタ、ストロッツァプレティです。
「牧師の首を絞める」という過激な名前のパスタです。
昔々、貧しかった農民達は裕福な司祭達をねたましく思いながら、「牧師を絞め殺してやる!」という思いを込めて、パスタを作っていたそうです。

今回はスペアリブのソースと共に合わせました。
ソースの名前はsugo al sorriso(スーゴ アル ソッリーゾ)。
sorrisoは「微笑み、ニッコリとした」という意味です。
最後にチョコレートを加えることで、「微笑が増します」。

今月は手打ちパスタをしているので、いつもに比べると45分ほど余計にレッスン時間がかかっていますが、なかなか食べれない手打ちパスタですから、生徒さん達も頑張って作ってくれています。


クリックしてシニョーラKAYOを応援してくれると嬉しいです。
ここをクリック⇒人気blogランキングへ

e0078071_13175418.gif
by kayoprimo | 2007-11-11 21:46 | イタリア料理教室

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31