ほろ酔いの夜

昨夜はワイン会を行いました。
私を含め5名の少人数のワイン会となりました。

いつもは5~6本のワインを飲み比べるのですが、人数の関係上4本のワインを飲みました。
それでも5名で4本は結構頑張ったと思います!

今回のテーマは「トスカーナワインのサンジョヴェーゼ種の飲み比べ」・・・4本共に美味しくて、様々な発見がある、楽しい夜になりました。

e0078071_16242357.jpg

一番の目玉はANTINORIアンティノリTIGNANELLOティニャネッロ2000(写真手前)、スーパートスカーナワインの先駆けにもなった有名なワインです。
そりゃあ、美味しいに決まってます!

そして、同ワイナリーANTINORIキャンティ・クラシコ・リゼルヴァ2000(手前から2番目)は、とてもエレガントなキレイな味わいでした。ちょっとビックリ!

他2本、Fattoria di Petroioキャンティ・クラシコ2003キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ2001は力強いトスカーナ大地を思わせる味わいでした。
e0078071_16374250.jpg

トスカーナを代表するブドウ品種といえばサンジョヴェーゼ、そしてサンジョヴェーゼ種は力強い酸味が特徴です。
トスカーナを代表するワイン、キャンティやキャンティ・クラシコはこのサンジョヴェーゼ種主体のワインです。

実はワインの酸味が苦手な方も多くて、一度キャンティを飲んで悪い固定観念を持ってしまう方もいらっしゃると思いますが、バランスの良い心地よい酸味を味わえるワインも沢山あるんです。
何を隠そう、私も酸味苦手派ですが、色々なワインを楽しみながら飲んでいます。

酸味の強いワインには酸味のある食事を合わせると、両方がとても美味しく頂けます。
料理との相性もワインを楽しむ上では欠かせないものだと思っています。

昨夜は私が数種類のお料理を作りました。
料理教室を主宰している私ですが、正直なところ自分の料理には自信はありません。
でも生徒さんをはじめ、我が家のマリート君や友人が私の作るイタリア料理は美味しいと褒めてくれるので、いつも頑張って作ってます。

昨夜のメニューは以下の通り。
ドライトマトのクロスティーニ&ブロッコリーのクロスティーニ
きのことパプリカのバルサミコ酢炒め
ポルチーニのトマトソースパスタ
プルーンのアリスタ じゃがいものフリット添え
パンナコッタ
その他・・・チーズ2種、オリーブ、食後のお茶

e0078071_1656545.jpg

e0078071_16563364.jpg

最初の2枚だけ写真を撮りました。
その後はアルコールが入って、写真を撮るのをスッカリ忘れました。

これは調理前のアリスタです。気が向いたので写真を撮っておきました。
豚の肩ロースにプルーンを詰めて調理します。
こちらの料理はフィレンツェの奥様から教えて頂いたものです。
私のお得意料理の一つです。
e0078071_171369.jpg

出来上がり写真は丁度ブログページの右上のイメージ写真に載せています。
こちらのお料理はクリスマスにも、人が集まる時にも喜ばれます。
簡単なわりに見栄えがするので、お勧めなんです。

ちょっと長くなりましたが、何しろ昨夜はとても楽しい一夜でした。
参加して下さった方もとても喜んで下さったので、とても嬉しかったです。
ワインアドバイザーとして、少しは皆さんにワインの良さを伝えられているかな。

「また近いうちにワイン会を!」のリクエストがあったので、2月か3月頃に開催できればいいな、と思っているところです。
by kayoprimo | 2008-11-30 17:14 | ワイン

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31