カテゴリ:マリアージュレシピ( 35 )

Vino Hayashi5月のマリアージュレシピがUPされました。

イタリアワインを専門に取り扱っているVino Hayashi Storeですが、5月のアイテムはイタリアのお隣の国「スロヴェニア」の赤白をお届けしております。

イタリアのフリウリ地方と国境を面するエリアにワイナリーを持ち、フリウリ同様の恵まれた地形や土壌で外来品種ワインの生産に力を入れている造り手のワインです。

e0078071_16503839.jpg

写真は赤ワインにマリアージュさせたお料理です。
ボルドーで有名なメルロー主体の赤ワインには、「シンプルな牛肉」で攻めたい!
ということでサイコロステーキ(懐かしい響き!)をマリアージュさせました。
季節野菜を添えてマリアージュに変化を与えてみました。

もう一品、白ワインには「豚肉のトンナート」を合わせました。
シャルドネ、ソーヴィヨン・ブランの2種類の外来種+イタリア品種リボーラ・ジャッラ、複雑で厚みを感じるワインです。
こんなワインは、クリーミーさを持ち合わせたお料理がぴったり!です。

レシピは⇒こちらからご覧になれます。

料理・スタイリング・撮影は全て私の担当です。
いつも独りぼっちで寂しく撮影しています。。。

今月のスタイリングは初夏のイメージを緑&ちょっぴり赤で表現してみました。
初夏を感じてくれますか?
by kayoprimo | 2012-05-04 16:52 | マリアージュレシピ
遅ればせながら・・・Vino Hayashi4月のマリアージュレシピUPされています。
4月のアイテムはトスカーナのエレガントなキャンティ・クラシコです。

キャンティ・クラシコ(キャンティも)といえば、サンジョヴェーゼ主体のワインとして有名ですが、そのほとんどはその他の品種がセパージュされています。
今回は100%サンジョヴェーゼのワイン、これはとても珍しいキャンティクラシコなのです。

キャンティのエリアは広く、その中でキャンティ・クラシコはグレーヴェ・イン・キャンティという土地で生産されたものだけが名乗ることのできるということも覚えておきましょう!
グレーヴェ・イン・キャンティはキャンティの心臓部と言われていて、ワイン造りには大変恵まれた土地でもあります。
それ故に良質なワインが多く生産されているエリアでもあるわけです。

e0078071_183488.jpg

写真はポルチーニと鶏レバーのタリアテッレです。
トスカーナらしい食材で作ってみました。
優雅で深い果実味のキャンティ・クラシコ・リゼルヴァLe Balzeに合わせました。

もう1品、キレイな酸のPodere Camprianoには
ドライトマトのフジッリをマリアージュさせました。

2つのレシピは⇒こちらをご覧ください。

4月はパスタ・パスタで攻めてみました!
スタイリングはなんとなく春かな。。。です。
by kayoprimo | 2012-04-09 18:20 | マリアージュレシピ
Vino Hayashi 3月お届けのワインがUPされました。
フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州のワインです。
赤ワインが続いていましたが、久しぶりに白・赤の2本セットとなっております。

造り手BorgoSanDanieleはフリウリ地方の土着品種にインターナショナル品種を合わせたエレガントなワインを手掛けています。

フリウリ地方はレベルの高い白ワインの生産地として名を馳せていますが、今回の赤ワインもなかなかのものです。(もちろん白もデスよ!)

e0078071_14303259.jpg

写真は赤ワインに合わせた「チーズたっぷりチキンカツレツ」です。
フリウリの土着品種ピニョーロペースのワインには軽めのチーズとチキンが合いますね~
というわけで、2種のチーズを混ぜたパン粉をまぶしてチキンカツを作りました。
仕上げにエメンタールを・・・(赤い粉はパプリカパウダーです)
お野菜の旨みもこのワインのテイストに合いますね!
グリンピースとベーコンのソティを付け合せています。

白ワインはミネラル感たっぷり!
絶対に魚介が合います。
「魚介の贅沢サラダ」をマリアージュさせています。
イタリアの「魚介サラダ」って、野菜はあまり入れず、ほとんどが魚介だったりします。
贅沢にイタリア風に仕上げています。
こちら、シンプルだけど実は手間がかかっているお料理です。

2つのレシピは⇒こちらから

寒かった冬から春に向かっているな~と感じる今日この頃。
スタイリングは「春めきカジュアル」なイメージで撮りました。
by kayoprimo | 2012-02-25 14:46 | マリアージュレシピ
Vino Hayashi 2月のワインは、リグーリア州の素晴らしいテーブルワインです。

イタリアでテーブルワイン(ヴィーノ・ダ・ターヴォラ)はVdTで表示されます。
生産地やブドウ品種に表示規定がなく、DOC申請がされていないワインはVdTの
カテゴリーに分類されます。

規定に左右されず自由に作ることができるので、イタリアのVdtの中には
質の高いワインも存在するのです。
(日本人にも愛されているスーパートスカーナもVdTです!)

e0078071_21363581.jpg

2月のワインにマリアージュさせたレシピがUPされました⇒こちら

写真は「タコのラグーパスタ」
サンジョヴェーゼ、他5種のブドウで造られているワイン(Tonos)に合わせました。
サンジョベーゼにはトマトソースが良く合います。
リグーリア州のジェノベーゼソースで飾ってみました。

タコのラグーパスタといえば、1月の私の自宅パスタレッスンでご紹介したのですが、
盛り付けを変えると別のお皿に変化します。⇒シンプルな盛り付け

もう一品、グラナッチャ80%、シラー20%のワイン(Cerico)には
「仔羊の香草パン粉焼き」をマリーアジュさせました。
羊の臭みはハーブでやわらげています。
ワインと一緒にいただくと、更に美味しくいただけると思います。

羊のお肉は苦手!という方も多いかもしれませんが、世界の中で一番食べられているお肉は羊のお肉だって知っていましたか?
私はジンギスカンで育った道産子、羊のにおいは幼い頃を思い出す香りです。
by kayoprimo | 2012-02-01 22:01 | マリアージュレシピ
Vino Hayashi1月お届けのアイテムは・・・ちょっと個性的なセレクトです。
フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の土着品種の赤ワイン。

フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州といえば、白ワインを思い浮かべる方も多いはず。
良質の白ワインの生産に適した土地だと言われています。

それなのにVino Hayashiったら、この州の赤ワインに目をつけた!
土着らしいのパワフルな赤ワインをお届けしています。

e0078071_2231418.jpg

しっかりとしたボディの赤ワインなので、生ハムやチーズとの相性がとても良いと思います。
というわけで・・・生ハムやチーズのマリアージュレシピ2品をご提案しました。⇒こちら

今回のスタイリングは、お届けが1月末なので
「春が待ち遠しいイメージ」で撮ったら、こんな感じに。。。
ワインの男らしさとは裏腹に、ガーリーになっちゃいましたかね~
by kayoprimo | 2011-12-28 22:39 | マリアージュレシピ

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31