カテゴリ:ワイン( 152 )

8月のイタリア家庭料理クラスではロゼワインを楽しみました。

ロゼワインにどんな印象をお持ちでしょうか?
昔はあまり良い印象を持たない方もいらっしゃったと思います。

最近は美味しいロゼワインも増えましたね。
今月の料理レッスンではアブルッツォ州のロゼをご紹介させていただきました。

Cerasuolo d'Abruzzo doc Superiore 2014
e0078071_14585563.jpg

濃い赤色。
ワインの名称にもなっているCerasuolo(チェラスオーロ)とは、濃い赤色のロゼワインのことだそうです。

テーブルにお花が咲いたようにキレイな赤色が映えます。
モンテプルチャーノ100%のロゼです。

アブルッツォ州の黒ぶどうといえば・・・モンテプルチャーノですよね~?
イタリアワイン好きの方であれば、誰もがご存知ですね。
アブルッツォにはカジュアルなものから近年はクオリティの高いものまで幅広くさまざまなモンテプルチャーノワイン(赤)が存在します。

今回のモンテプルチャーノ種のロゼはとてもチャーミングな印象です。
赤いベリーやチェリー、後味は華やかな果実味(甘味)が広がります。
フルーティ&フローラルですから、特に女性におすすめしたいワインです。

まだ夏ですからキンキンに冷やした状態から飲み始め、だんだん温度が上がっていく過程でも最後まで美味しくいただくことができました。

商品のお問合せはVino Hayashiまでお願いします。
商品ページは⇒こちら
1本から購入可能です。


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
フォリフォリ×OZmall 「占星術アロマテラピー鑑定付女子会ディナー」
フォリフォリの限定チャームがお土産にもらえます。
詳細・お申込みは⇒こちら

星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。

お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代
by kayoprimo | 2015-08-24 15:24 | ワイン
今月のイタリア家庭料理クラス、無事終了しました。
ご紹介した夏向けのイタリアン、生徒さんから大好評でとても嬉しく思っております。
参加してくださった方々に心よりお礼申し上げます。
来月は「夏野菜」をテーマに開催します。

さて、今月のワインですが・・・
なかなか面白いワインでした。

VERDECCHIO DEI CASTELLI DI JESI classico DOC 2013
e0078071_1918043.jpg

マルケ州の白ワインです。
ヴェルデッキオはマルケ州が誇る品種ですね、
このエリアはアドリア海にも近く、ミネラル豊富なワインです。
海の幸との相性は抜群ですね!

スッキリとした飲み口なのに、一口ごとに複雑さを感じてきます。
良質なヴェルデッキオですね。

黄桃やパイナップルのようなフルーティーさ、小さなお花、アーモンドの印象、ミネラル感、フィレッシュな苦味・・・
スッキリしているけれど、厚みもあります。
魚介や野菜、オリーブオイルとの相性がとても良いワインだと思います。

個人的には糠漬けのようなイメージも感じ、なんだか品の良い日本酒を飲んでいるような気持ちにもなってきます。
和食との相性も良さそうです。
酢の物やお魚の塩焼きは当然のこと、飲んでるうちに味の濃い味噌田楽や中華炒めなども頭に浮かんできました。

個性的ですが、クセになるタイプの白ワインです。
今月のクラスでご紹介した、スパイシーなカレー風味のクスクスとの相性もヨカッタです!
商品のお問合せはVino Hayashiまでお願いします。



フォリフォリ×OZmall 「占星術アロマテラピー鑑定付女子会ディナー」
フォリフォリの限定チャームがお土産にもらえます。
詳細・お申込みは⇒こちら

星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。

お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代
by kayoprimo | 2015-07-19 19:18 | ワイン
6月のイタリア家庭料理クラスではシチリアの家庭料理をご紹介しています。

シチリア料理にはシチリアンワインよね!

エトナ山麓の町は魚介にだって土地のワインのエトナロッソを合わせちゃうんです!
日本でもそれをご提案したくて・・・エトナ山の麓で造られているエトナロッソがほしかったのだけど、Vino Hayashiに在庫なく。
願いかなわず・・・シチリア西側の白ワインをご用意しました。
しかしこれが大正解!今回のお料理、そして季節的にもぴったりのワインでした。

KUE IGT Terre Siciliane 2014 BRUGNANO
e0078071_15304699.jpg

夏を感じさせる真っ青のエチケットです。
生産者はBRUGOGNO
パレルモの西側、海と山に囲まれたエリアにあります。

ボトルの後ろには「シチリアのインツォーリアとヴィオニエの出会い」と書かれていますね~。
セパージュはインツォーリア70%とヴィオニエ30%。
インツォーリアはシチリア原産の白ブドウで、酒精強化ワインのマルサラの原料になっている品種です。
ヴィオニエはもともとは南フランスの品種ですが、現在は特にニューワールドエリアでも人気を集めている品種ですね。

この二つが融合すると・・・
フルーティかつフローラルに~
華やかな香りに包まれて…生徒さんからの評判もとても好い感じです。
心地良い苦味とスッキリ感、カジュアルながらもエレガントです。
温度の変化でも楽しめる白ですね。
魚介系、白身のお肉、チーズなどにも合うワインです。

こちらのワインは
『海老とピスタチオのパスタ』
『シチリア風インボルティーニ&いんげんのトマト煮』
に合わせました。

商品についてはVino Hayashiにお問い合わせください。



【参加者募集】カウリ・ホリスティック・ヒーリングシェアリングワークショップ
「イケてる女子は乙女座宣言!木星と乙女座のコラボは今年の幸運の鍵
  ~占星術アロマテラピースプレッド講座~」

星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。

お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代
by kayoprimo | 2015-06-17 19:22 | ワイン
3月のイタリア家庭料理クラスも無事終了しました。
ご参加いただいた方にこの場を借りてお礼申します。

パスクワ(復活祭)近し、今月は玉子のお料理をご紹介しました。
ワインも玉子料理を意識したものをチョイスしました。
玉子といえば、やはり白でしょう!
Vino Hayashiから素敵な白ワインを取り寄せました。

Riviera Ligure di Ponente DOC Pigato "Ma Rene" 2013
e0078071_2054329.jpg

日本では珍しいリグーリア州のワインです。
リグーリアは港町ジェノヴァを中心に西から東に海岸線沿いに伸びる三日月形の州です。
東側はトスカーナ州に続き、州境のチンクエテッレはイタリア好きなら誰もが知っているリゾート地ですね。
西側にはリヴィエラ海岸があり、その向こうはフランスのコートダジュールに続きます。

伝統的なビオロジコ(有機農法)にこだわった生産者ビオヴィオは、ジェノヴァから南西側海岸沿いの町アルベンガに位置します。
日本からはなかなか距離を感じるエリアですが、いつか私も足を延ばしてみたいと思っている場所です。
そのうちリグーリアの西側にご縁があることを信じて過ごしております。

ワインの話に戻ります。
香り豊かでスッキリとした飲み口のワインは生徒さんからも大好評でした。
ミネラルを感じるので、魚介系のお料理とのマリアージュはもちろんのこと、玉子料理との相性もバッチリでした。
ほんのりとした苦味とスッキリ感が玉子料理の重さを軽やかにしてくれますね。

夏向き、ランチ向き、女性向きのワインとしておススメです。
こちらの商品はVino Hayashiのサイトよりお求めになれます。
お問い合せ等はVino Hayashiに直接お願いします。


3/21(春分の日)占星術アロマイベント開催
開運祈願「2015年あなたの開運ポイント&カードリーディング会」

星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。

『2015年恋愛運アップ★占星術アロマ鑑定付女子会ディナー』開催中。
大好評につき、3/20まで延長になりました。

お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代
by kayoprimo | 2015-03-16 21:23 | ワイン
2月のイタリア家庭料理クラスも無事終了しました。
ご参加くださった方々にこの場をお借りして、お礼申し上げます。

2月のクラスで生徒さんからも大評判だった赤ワインをご紹介します。
もちろんVino Hayashiのワインです♪

今月のレッスンでは飲むだけではなく、お料理にもたくさんワインを使いました。
上質なワインで作るお料理は格別です。

CHIANTI RISERVA DOCG 2010 Pietro Beconcini
e0078071_167145.jpg

作ったのは牛肉の煮込み料理『ペポーゾ』(←ブログに書きました)
たっぷりの赤ワインとたっぷりの粒こしょうで煮込むトスカーナの伝統料理です。

ワインとお料理のマリーアジュの考え方の一つに、
「土地のお料理には土地のワインを合わせる」という考え方があります。
そこでトスカーナの伝統料理にはやはりトスカーナのワインがぴったり!
そして「飲むワインと同じワインをお料理に使う」ことで、さらにマリアージュがパワーアップするんですね~

というわけで、トスカーナの王道のキャンティをチョイスしました。
Vino Hayahiでも大人気のピエトロ・ベコンチーニから、キャンティ・リゼルヴァを。
全体のバランスが良く、とてもエレガントです。
そしてトスカーナのサンジョヴェーゼがかもし出す親しみやすいさも感じることができます。
ランチでも楽しめるワインです。

「キャンティ」と聞くと、大衆的なワインを思い浮かべる方も多いかもしれません。
トスカーナのトラットリアではカジュアルで親しみやすいキャンティを飲むことができますね。
でもキャンティにもいろいろあるんですよね。

今回のキャンティはリゼルヴァタイプ。
通常のキャンティよりもアルコール度が高く、熟成期間も長く、通常のものに比べると上質に仕上がっていると言われています。

コプトパフォーマンスが高く、おススメの赤ワインです。
週末に飲みたくなるワインです。
お求めはVino Hayashiにてお願いします。


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代
by kayoprimo | 2015-02-20 17:01 | ワイン
1月のイタリア家庭料理クラス無事終了しました。

テーマカラーは「白」
今月はカリフラワー、長ネギ、カブなど白い冬野菜のメニューをご紹介しました。
メインには「豚ヒレ肉のロースト」を、こちらも白いお肉。

レッスンメニューについてブログ書いています。
ご興味あれば、ご覧ください。
カリフラワーのヴェルッタータ
香草豚のロースト カブのマリネ風サラダ ネギのグラタン

ワインはもちろん「白」をチョイスしました!
白い食べ物には白ワインが合います。

Venezia Giulia Bianci IGT "Jiasik" 2012
e0078071_2253539.jpg

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州は、スロベニアとの国境に近い小さなワイナリーBorgo san Danileのワインです。
葡萄のクオリティを高めるために収穫量を抑え、さらに限りなく自然に近い有機農法(ビオロジコ)を取り入れています。

"Jiasik"ヤシックという名前の意味は不明です。
ブドウ品種はリースリングとマリヴァジア。
華やかなアロマが広がるフレッシュな果実味を感じるワインです。
アルコール度数13.5%としっかりとボディもありますので、野菜系、魚介系はもちろんのこと白身のお肉との相性も良いです。

お料理とワインのマリアージュには、都度いろいろな考え方がありますが、今回は「白いお料理に白いワイン」を楽しんでみました。

こちらのワインはVino Hayashiでお取り扱いがあります。
気になる方は直接Vino Hayashiにお問い合わせくださいね。


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代

星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。⇒セッションメニュー
また【期間限定】2015年を占うイヤーズセッション開催中です。
詳しくは⇒こちらをご覧ください。

by kayoprimo | 2015-01-25 22:11 | ワイン
11月のイタリア家庭料理クラスも終盤に入っています。

今月のメニューは、煮込み料理や温かい付け合せなど、すっかり秋冬仕様となっています。
そしてパルミジャーノレッジャーノもたっぷり使いました。

よろしければ、ご覧ください。
プリモ(パスタ)の記事は⇒こちらから
セコンド(メイン料理)の記事は⇒こちらから

というわけで、今月のお料理にマリアージュさせたのは、エミリア・ロマーニャの赤ワイン。
エミリア・ロマーニャのワインはパルミジャーノのお料理にぴったり!

エミリア・ロマーニャ州のワイナリーFattoria Casetto del Mandoriの赤ワイン
I MANDORI Sangiovese Romagna Superiore 2013
e0078071_1711286.jpg

お料理自体はカラブリア地方のものをご紹介していますが、今回パルミジャーノにフォーカスして、あえてエミリア・ロマーニャのワインをマリーアジュさせました。

パルミジャーノレッジャーノはエミリア・ロマーニャ州のパルマ地方で生産されています。
ワインとお料理のマリアージュを考える時、土地の素材と土地のワインを合わせる。という考え方も一つ存在します。
覚えておいてね!

実はちょうど1年前にも同じワイン(ヴィンテージ違い)をお教室でご紹介しておりました。
その時もパルミジャーノに合わせて、こちらのワインをチョイスしていたのです。
その時のブログも合わせてご覧ください。⇒こちら
ワインの特徴も昨年のブログに書いております。

こちらのワインについてはVino Hayashiにお問い合わせください。


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
by kayoprimo | 2014-11-16 16:31 | ワイン
10月のイタリア家庭料理クラスも無事終わりました。
参加してくださった生徒さんにこの場をお借りしてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

今月のテーマは「秋の食材」でした。
この季節のワインを思う描くと、はやり赤ワイン。。でしょうか。
お魚料理に合わせたい赤ワインをご紹介しました。

tonos2009   [PRIMA]Terra
e0078071_12451215.jpg

リグーリア州のチンクエ・テッレのワインです。
チンクエ・テッレに行かれたことのある方でしたら、美しい海岸線とその後ろに立つ険しい急斜面の岩山、その印象的な地形を思う出すのではないでしょうか。

こちらのワインはその急斜面で育てられたブドウで造られました。
そのゆえ生産量が限られています。
2009年で1800本。
とても希少価値の高いワインなのです。

キレイな酸味が特徴のサンジョベーゼ種を主体に、カナイオーロ、チリエジョーロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ドルチェット、モスカート・ネーロ、さまざまな品種がブレンドされています。
赤いベリーの香り、ヨード香(磯の香)など、華やかな香りも特徴です。
バランスが良く、飲みやすい赤ワインです。

磯の香り、キレイな酸味が魚介系のお料理の美味しさを引き立ててくれます。
またトマトソースとの相性も抜群です。
今月ご紹介した秋刀魚のパスタには120%のマリアージュだと思います。

秋刀魚やマグロは、私個人としては赤ワインに合わせたい魚介の一つです。
秋刀魚が美味しい季節におススメのワインです。

こちらのワインはVino Hayashiのサイトよりご購入できます。
1本からお求めになれますので、Vino Hayashiへコンタクトください。


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
by kayoprimo | 2014-10-28 13:20 | ワイン
9月のイタリア家庭料理クラスが無事終了しました。

今月は秋メニューをご紹介しました。
くるみソースのパスタのブログ→こちら
鶏肉のピッカータ&ポテトサラダのブログ→こちら

ちなみに鶏肉のピッカータはVino Hayashiのマリアージュレシピでもご紹介しております。
ご興味がある方はこちらからご覧になれます。

e0078071_22284096.jpg

秋メニューに合わせてワインも秋にぴったりのものをチョイス!
シチリアのカタラット100%のワイン。

こちらのワインは果実味豊かで複雑なアロマを持ちます。
飲みやすいし、いろいろなお料理に合わせやすい。

魚介系はもちろんのこと、ナッツ系のお料理やチーズ系のお料理にもおススメです。
今回のお料理は北イタリア系のものですが、シチリアワインでも違和感なく美味しく感じます。

昨年の春にも同じものをご紹介しました。
その時のブログも是非ご覧ください。⇒こちら

こちらの商品はVino Hayashiでお求めになれます。
1本から購入可能です。
詳しくはVino Hayashiにお問い合わせください。



お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
by kayoprimo | 2014-09-23 22:47 | ワイン
例年に比べると涼しい夏の終わりを迎えています。
残暑はどこへ?
ちょっと季節外れになってしまいますが・・・

夏はついつい泡ものとか、白ワインに走ってしまいそうですが、お料理によっては赤ワインを合わせたい時はありませんか?
赤ワインは通常は常温(14℃くらい)でたしなむものと言われていますが、季節やお料理によっては、少し冷やしていただくのもありです。

e0078071_14434421.jpg

8月のイタリア家庭料理クラスでサービスしたワインについて。
Vino Hayashiでも大人気(私も大好き)のPietro BeconciniCHIANTIをご用意しました。

CHIANTIはトスカーナの代表的なDOCGワインですよね~?
ワインをたしなんでいる方なら皆さんご存知だと思いますが、
「サンジョベーゼ種主体のカジュアルなワイン」という印象が強いですよね。

そんな印象を掻き消してくれるのがPietro BeconciniのCHIANTIでした。
やっぱり素晴らしい生産者が手掛けるCHIANTIは只者ではない!

サンジョベーゼ自体がしっかりとした酸味を持つブドウ品種ですが、それ以上に果実味や奥行きを感じるのでした。。
それでいて、上品なカジュアルさはあります。
とても飲みやすいのです。

こちらの赤ワインを冷やしてサービスしたところ、皆さんの飲むペースが速い?!
ランチタイムにもぴったり!

この夏はもう暑さがぶり返すことはないかもしれませんが・・・
赤ワインを冷やしていただくなら、キレイな酸味のワインがおススメです。
温度を下げることでキレイな酸味が際立ちます。
ご参考まで。

写真(下)はPietro Beconcini訪問の際のもの 2014.06
e0078071_1513873.jpg


★天体エネルギーを呼応させたアストロパワースイーツレッスン
「ルビーグレープフルーツのシャルロット」
9/15((月・祝)、9/27(土)開催します⇒詳細はこちら

お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2014-09-01 15:09 | ワイン

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31