カテゴリ:イタリア料理( 526 )

お助けサラダだよ!

野菜だーい好きなシニョーラKAYOです。
今日は私のお薦めのサラダをご紹介します。

e0078071_13223012.jpg

RF1(アール・エフ・ワン)全国伝統野菜入り緑の30品目サラダです。
皆さんも一度は食べたことがあるかもしれません。

このサラダ、色々な野菜が入っています。
時には「これ何だろう?」と思うこともあります。
野菜以外にもアーモンドスライス・クルミ・松の実などのナッツも入っているので、栄養抜群ですよね。

私は一人で食事をする時にこのサラダをよく買います。
一人分の食事って、結構いい加減になってしまうことが多いし、沢山の品目を食べることもできるので重宝しています。
自分でサラダを作っても、30品目は入れることが至難の業です。

昨日のブログでご紹介した「きのこのクリームパスタ」、実はこのサラダと一緒に食べました。
お蔭で夕食まで元気に過ごすことができました。。。。★

ブログランキングに登録しています。
クリックをお願いします。
     ↓
人気blogランキングへ
e0078071_13413963.gif
by kayoprimo | 2005-12-23 13:42 | イタリア料理

きのこのクリームパスタ

一人でパスタを作って一人で食べるランチタイム。
シニョーラKAYOの大好きな時間です。

今日作った簡単なパスタをご紹介します。
きのこのクリームパスタ
e0078071_1317256.jpg

パスタ用のお湯を準備している間に材料を切って、パスタを茹でている間にクリームソースを作ります。
短時間で簡単に出来上がります。

《材料》一人分
スパゲッティ 70g位   玉ねぎ(スライス) 1/4個
ベーコン(千切り) 半枚 きのこ類   適量
生クリーム 50cc位   塩・こしょう・オリーブオイル

《作り方》
①フライパンにオイルをひき、玉ねぎとペーコンを炒める。
②きのこ類を加え、シンナリするまで炒める。
③パスタの茹で汁(大さじ2)と生クリームを加える。
④味を調えて、茹で上がったパスタをとソースをからめる。

ソースの味は控え目にせず、塩味はシッカリ目に!
最後まで飽きずに美味しく頂けるコツです。

シニョーラKAYOはパスタの生クリームは植物性の物を使用しています。よく「ホイップ」と書いてある物でOKです!
仕上がりが軽くなります。

実はイタリア人も植物性のホイップを使用している方が意外にも多いのです。
私のイタリア料理教室でも常にホイップを使用しますが、生徒さんの評判はとてもいいです。
お試し下さい!

ブログランキングに登録しております。
クリックをお願いします。
    ↓
人気blogランキングへ
e0078071_13385080.gif
by kayoprimo | 2005-12-22 13:39 | イタリア料理
イタリアで知り合った友人からメールがきました。

乾燥ポルチーニを貰ったけれど、それを生かした料理が思いつかないらしいのです。
私が12/3のブログで書いたポルチーニのスパゲッティが美味しそうなのでレシピを教えて欲しい、とのことでした。

e0078071_1844982.jpg

今日はリクエストにお答えして、ポルチーニのスパゲッティのレシピをご紹介します。

《材料》 4人分
スパゲッティ 320g   乾燥ポルチーニ 20g  
ぬるま湯 200cc   ホールトマト缶 1缶  
にんにく 1片   塩・唐辛子 適量

《作り方》
1) ポルチーニはぬるま湯で30分位もどしておく。
2) にんにくはみじん切りに、ポルチーニは水気を絞り細かく切る。(ポルチーニのもどし汁はすてないこと)
3) 鍋にオリーブオイルとにんにくと唐辛子入れ、かおりが出てきたらポルチーニをいためる。
4) もどし汁とホールトマトと塩(小匙1)を加えて弱火で20~30分煮込む。
5) 茹でたスパゲッティとソースをからめて、お皿に盛る。
   お好みでパルミジャーノをかけて頂く。

《ポイント》
① ポルチーニのもどし汁は下のほうに汚れが溜まっているので、3/4位の量を使用するようにします。
②ホールトマトは手で優しく崩していれることで美味しくなると言われています。
③パルミジャーノチーズと一緒に食べる事をお薦めします。美味しさ倍増しますよ!

このお料理にワインを合わせるなら、トスカーナのキャンティがお勧めです。
キャンティはサンジョベーゼというブドウ品種で造られていますが、このサンジョベーゼの特徴は酸味が豊富なこと!

サンジョベーゼの酸味がトマトの酸味といい感じに合わさって、美味しさを引き立たせてくれるでしょう!


ブログランキングに登録しております。
皆さん、1日1回のクリックをお願いしますね!
     ↓

人気blogランキングへ
e0078071_18294194.gif
by kayoprimo | 2005-12-15 18:38 | イタリア料理
一昨日・昨日のブログで今月のイタリア料理教室の料理をご紹介しました。
今日も最後の一品を紹介させて下さいね!

e0078071_1822343.jpg

前菜にも付け合せにもお薦めのキノコのサラダです。
キノコをサッと茹でて、温かいうちにオリーブオイルとバルサミコ酢に浸け込みます。それを生野菜にかけて頂きます。
これはシニョーラKAYOのオリジナルです。
レッスンの中では付け合せとしてご紹介しました。

写真は昨日のレッスンで写したものです。
一昨日にご紹介したアリスタと一緒にお皿に盛ると、ちょっとリッチなリストランテ風のメインディッシュになりますよね!

イタリアの家庭では日本ほど生野菜を食べる習慣は多くはないかもしれません。
もちろん夏にはルッコラのサラダなど山のように食べたりしますが、寒い冬は「ポテトのオーブン焼き」「グリーンピースの煮込み」など体が温まるものが好まれています。

でも私たち日本人はサッパリとした生野菜のサラダが大好きですよね。お肉と一緒に食べると自然と食も進みますよね。
その辺はイタリアの食文化にはこだわらず、美味しいお料理の提案をしていきたいと思っています。

シニョーラKAYOからのお願いです。
現在ブログランキングに登録をしています。
もう少しランキングを上げたいと願っています。
ブログをご覧の方は迷わずクリックお願いしますね!
      ↓

人気blogランキングへ
e0078071_18484664.gif
by kayoprimo | 2005-12-13 18:58 | イタリア料理
自分のために作るランチは簡単に作りたいものです。
そんな時は絶対にオイルベースのパスタがお勧めです。

今日はアンチョビとトマトが入ったアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノを作りました。

e0078071_2275938.jpg

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノニンニクとオリーブオイルと唐辛子のシンプルなパスタですが、これにアンチョビを加えことで味わい深くなります。トマトは酸味を出してくれますのでフレッシュさが増します。

10分間で出来ちゃうパスタです。
パスタを茹でている間にソースを簡単に作っちゃいましょう!

フライパンにオリーブオイルとノニンニク(みじん切り)とアンチョビを入れ、弱火でゆっくりと香りを出していきます。トマトを加えて塩で味を調えます。茹で上がったパスタを混ぜ合わせて出来上がりです!

最後に美味しさの秘訣を一つ!
オイルベースのパスタはオリーブオイルにこだわると、更に美味しい美味しいパスタになりますよ。


ブログランキングに登録しております。
人気blogランキングへ ←クリックお願いします。
e0078071_2229127.gif
by kayoprimo | 2005-12-06 22:31 | イタリア料理

洋梨の赤ワイン煮

11月に入ってから近所のスーパーでもラ・フランスを見かけるようになりました。お手頃価格で売ってますよね。

ラ・フランス洋梨の赤ワイン煮を作ってみました。

e0078071_20345872.jpg

10月のイタリア料理教室のレッスンで洋梨の赤ワイン煮のレシピをご紹介したのですが、フレッシュな洋梨の季節が短いこと、手に入り難いことが理由で缶詰の洋梨を使用したレシピをご紹介しました。
イメージ写真は10/14のブログでご覧になれます

今年はラ・フランスが手に入りやすい様なので、フレッシュな洋梨のレシピをご紹介しますね。

《材料》 
ラ・フランス 4個  赤ワイン 350cc  水 350cc
砂糖 100g  レモン汁・レモン皮 1個分
シナモン 1本  クローブ 5個

《作り方》
①洋梨の皮をむく
②鍋に全ての材料を入れ、30分煮込む。
③洋梨を取り出し、赤ワインのシロップに大さじ2の砂糖を
足して、シロップを更に煮込む。
④シロップを洋梨にかけて、しばらく馴染ませる。

※ドライフルーツのプルーンやイチジクを一緒に煮込むと
 コクが出ますので、お好みで加えても美味しいです。
by kayoprimo | 2005-11-21 20:53 | イタリア料理

これがあれば・・・

シニョーラKAYOはイタリアが大好き!
それが高じて、イタリアへ料理留学をしてしまいました。

イタリア料理の教室を開講して5年10ヶ月経ちますが、今でも新しい家庭料理のレシピやアイディアを求めてイタリア滞在は欠かせません。
e0078071_20211978.jpg

イタリアで本場の家庭料理を学んでいつも思うことは、
ニンニク・トマト・玉ねぎの出番がとても多いということ!

だからシニョーラKAYOのレシピにも、この3つは欠かせないものになっています。必ず家にストックしていれば、冷蔵庫の残り物を使って簡単にイタリア料理ができちゃいます。

これからの季節、生のフレッシュトマトよりも缶詰のトマトの方がお薦めです。皆さんも必ずストックして、いつでも簡単美味しいイタリアンを作ってみてください。
by kayoprimo | 2005-11-14 21:21 | イタリア料理

チョコレートケーキ

シニョーラKAYOのチョコレートケーキをご紹介します。
イタリアの奥様におしえて頂いたケーキです。

e0078071_1744577.jpg

今年の1月に家庭料理のレッスンの中でご紹介したのですが、生徒さんにも評判がとても良かったのです。
簡単なのに市販のケーキのような味わいです。

お世話になった方にプレゼントするととても喜ばれます。
友人の家に招かれた時には朝一に焼いて持っていきます。

先日はお世話になっているカルトナージュの先生のところに持って行きました。こちらの先生はフランス料理も教えているのですが喜んで頂けました。
その時に先生が盛り付けてくれた写真です。

e0078071_1712474.jpg

このケーキの美味しさの秘密は・・・
粉がほとんど入っていないので軽~いのです。
チョコレートは製菓用のカカオマス100%を使います。

甘さ控え目で大人のお味です。
生クリームとフルーツを添えても美味しいと思います。
レシピは以下のとおりです。

《材料》18cmケーキ型
製菓用ビターチョコ 90g  砂糖 60g  玉子 3個
無塩バター 60g  薄力粉 10g  純正ココア 5g
オレンジリキュール 大さじ1  粉砂糖(飾り用)
《作り方》
①粉とココアはふるっておく。
②バターとチョコは湯せんして溶かす。
③卵白はメレンゲにする。
④砂糖・卵黄を白っぽくなるまで混ぜ合わせる。
⑤その中にリキュール、①、②を加え混ぜ合わせる。
⑥メレンゲを2階に分けてサックリと混ぜ合わせる。
⑦ケーキ型に流しいれ、180℃のオーブンで30分位焼く。
⑧頂く前に粉砂糖をふる。
by kayoprimo | 2005-11-12 17:34 | イタリア料理

オリーブオイルの季節

オリーブオイルの季節がやってきました。
イタリアトスカーナでは11月がオリーブの収穫の季節です。

e0078071_18434831.jpg

美味しいオリーブオイルの条件は、手摘みで丁寧に収穫する事、オリーブは収穫後できるだけ早く絞ってオイルにする事、が望ましいと言われています。

シニョーラKAYOは毎年フィレンツェ郊外のオリーブ農園から美味しいオイルを購入しております。農園で収穫されたオリーブは、隣接された工場で直ちに新鮮なオイルになります。

そんなオリーブオイルのお味は、とてもフレッシュでオイルの重たさは感じません。そのままパンにつけて食べても良し、お料理も引き立ててくれます。

イタリア料理には絶対に欠かせないオリーブオイルですから、拘ったものを使用したいですね。
by kayoprimo | 2005-11-06 18:57 | イタリア料理

マロンの季節

昨日今日と清々しい気持ちの良い過ごし易い陽気です。
10月も残り1週間となりました。

イタリアでは10月末~11月はマロン(栗)の季節です。
10月末にアパートの大家さんと栗拾いに出かけた事、11月に焼き栗の出店が出ていた事、手作りのマロングラッセが店先のショーウィンドウに並んでいた事などを思い出します。

そこで11月の「家庭料理コース」のメニューの一品はマロンのお菓子を考えています。

e0078071_1419485.jpg

栗の下処理は大変な作業です。そこで市販のマロンクリームと栗甘露煮を利用しようと思っています。
イタリアのマンマから教えて頂いたマロンのお菓子に近づけるよう試作中です。
by kayoprimo | 2005-10-25 14:29 | イタリア料理

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31