カテゴリ:イタリア( 116 )



3年越しの思いが叶い、やって来ました!アルベンガ!




アルベンガなんて聞いたこともないよ。という方も多いですよね?

リグーリア州はリビエラ海岸沿いの町です。

リグーリアの州都のジェノヴァよりも西側でフランスに近い場所にあります。




今回お世話になるのは私が料理レシピ監修を任されているVino Hayashiの取引先ワイナリーBioVioです。

宿泊施設も付いているので、こちらで2泊お世話になります。




レトロで可愛いFIAT500でマンマのキアラさんが駅までお迎えに来てくれました。

ワイナリーを行く前に町を一緒に散策。こじんまりとした素敵な町です。

トスカーナの空気とは違い、やはり海沿いの感じがするんですね。





リグーリアの名物のファリナータの美味しいお店があると連れて行ってもらいました。

伝統的なローズマリーと玉ねぎの2種類を頼み食べ比べ。

どちらもめちゃ美味しいかったけれど、どちらかといえば玉ねぎの方が好みでした。


アルベンガの旧市街は小さいので徒歩でぐるりと回れますが、なんだか歴史的に重要な拠点でもあったようです。

小さな美術館がいくつかあって、私は滞在中に4カ所訪ました。そ


アルベンガ素敵なところです。



#イタリア #リグーリア #アルベンガ #シニョーラ佳代 #イタリアの旅 #イタリアライフ #イタリアスタイル #イタリア好き #イタリア料理教室PrimoPiatto #イタリア料理研究家


by kayoprimo | 2017-09-28 02:52 | イタリア


リグーリア州のアルベンガにあるワイナリーBioVioを訪ねました。


e0078071_02552011.jpg


駅からお迎えのFIAT500に揺られ10分、Biovioファミリーのワイナリーに着きました。

小さな町の中にあります。


e0078071_02563526.jpg

着いたらいきなり3台のカメラに出迎えられ「何なに???」という感じだったのですが、この日はドイツのビデオ会社がBioVioのマンマ(キアラ)の自然派のお料理の取材に来ていて、日本人にそれを紹介してる感じを撮るということになったらしいのです。

あくまでもキアラが主役ですが、私もVIDEOに出演するらしいです。


e0078071_02575594.jpg

e0078071_02580916.jpg


そんなわけで着いた早々に3台のカメラとともに畑に収穫に繰り出しました。

全部がオーガニック栽培です。

私は見守るだけで、キアラがガンガン収穫していきます。

ハーブとお野菜、たくさん収穫できました。


e0078071_03001882.jpg

e0078071_03002675.jpg

汚い葉っぱは鶏の餌になります。

卵も自給自足です。

お嬢さんたちの年齢を考えたら、キアラは私とそれほど年の差はないのだけど逞しいですね。

さすがイタリア人!


e0078071_03031710.jpg

e0078071_03121883.jpg

収穫後はお外のテーブルでワインを飲みながら野菜の下ごしらえ。

ちょうど葡萄の収穫期です。

外のテーブルの側でワインが造られていました。


e0078071_03042796.jpg

e0078071_03044041.jpg

BioVioはお家とワイナリーと宿泊施設が同じところにあるのです。

とてもアットホームなワイナリーです。


e0078071_03054206.jpg


下ごしらえの途中、テーブルの隣では他の泊まり客がパパの説明を聞きながらのワイン試飲が始まりました。

「あれ〜?私も一応ワイナリーに見学のつもりで来たんだよ〜」


e0078071_03070399.jpg

横目で見ながら、今日は今夜のディナーの野菜を切る私。

VIDEO撮影に良いように使われてる感じもあるけれど、一緒に料理を作って学べることはとても嬉しいことです。


e0078071_03075936.jpg

e0078071_03080632.jpg


下ごしらえが終わったらキッチンでの作業。

この地域で食べられている料理を作ります。

メインイベントはラビオリ作り。

3種類の粉で適当な配分で作ってます。

リグーリアの料理作りに新たな発見がいっぱいです。


e0078071_03090817.jpg

e0078071_03091466.jpg


お隣のおじさんもやって来て、冗談を言いながらつまみ食いしていきました。

このワイナリーは人の出入りがとても激しくて、なんだかとても楽しい♪

私たち日本人が忘れてしまった家族の姿かもしれません。


e0078071_03110045.jpg


そして必死でラビオリを作る私たち。

この姿はVIDEOで絵になるんじゃないかな〜


ディナーはBioVioご夫妻と宿泊のお客様、そしてVIDEOクルーも一緒にみんなでテーブルを囲みました。

3人の娘さん(20代)はお年頃なので、お友達と外で外食でしたね。(ちょっと残念)


e0078071_03134192.jpg


私とキアラ作ったのは

アンティパスト

・ラビオリのオーブン焼き

・トルタヴェルデ

・魚のサラダ

・トロンバ(カボチャ種)のオーブン焼き

パスタ

・シンプルなラビオリヴェルデ

・ウサギ肉のソースのラビオリヴェルデ

メイン

・ウサギ肉のハーブ煮込み

コントルノ

・畑で採れたリーフ


e0078071_03153087.jpg
e0078071_03165484.jpg

e0078071_03170520.jpg

e0078071_03171223.jpg

e0078071_03172165.jpg


たくさん作りました〜

とても美味しいお食事でした。


11月のレッスンではリグーリア祭りを検討中。

リグーリアで出会ったお料理をご紹介したいと思っています。

気になる方は時々ブログをチェックしてくださいね。




by kayoprimo | 2017-09-22 17:16 | イタリア

大好き♪ BIOマーケット

e0078071_02511848.jpg

毎年楽しみにしているサントスピリトのオーガニックマーケットへ。


毎月第3日曜日に開かれるので、必ずこの時期はフィレンツェにいるようにしてるほど大好きな青空市。 

野菜や蜂蜜、ジャムなどの食べ物から、手作りのナチュラル商品まで幅広く売っていて、本当に楽しいのです。


e0078071_02524147.jpg
e0078071_02531776.jpg
e0078071_02534803.jpg



特にここで売っている石鹸の大ファンで毎年ちょっぴり大人買いします。

今年も一年分買いました!


e0078071_02543018.jpg

e0078071_02544409.jpg


他は手作りのハンドクリームやハーブティなどもGET!

もう一つお抹茶のお茶碗にどうかな、と思い陶器をひとつ購入しました。

アレッツォで工房をお持ちの方の作品だから、アレッツォ焼きですかね?


e0078071_02553649.jpg


そしてランチに食べたポルチーニのパスタ。

とても美味しかったけれど、これに食当たりしたのです。

ポルチーニの苦い思い出になりそうです。

オーガニックマーケット最高〜♪


e0078071_02561500.jpg


by kayoprimo | 2017-09-20 02:07 | イタリア

ワイン祭り in Greve

e0078071_05443708.jpg


キャンティのワイン祭りへ

入場料10ユーロを払うと袋入りのワイングラスと7杯分のチケットが渡されます。

それを首に下げ、いざ出陣!


e0078071_05453397.jpg


ワイナリーのブースで生産者と話をしながら飲めたり、気に入ったワインを生産者から直接購入できるのも楽しいのです。


e0078071_05494957.jpg

e0078071_05501861.jpg


偶然にも最初に寄ったブースがVino Hayashiの取引先のPodere Camprianoでした!

「5年前に会ってるんだけど、私のこと覚えてる?」

「・・・」

「私、Vino Hsyashiの協力者で…」

「あ〜あ〜、思い出したわ」

と会話も弾みまして、嬉しくて写真も撮りました。

小さかった男の子は15歳になり、お父さんの身長を超えてました。

将来のオーナーかな?


e0078071_05463192.jpg


ワインだけでなく、オリーブオイルなどの加工品もあり、私はオリーブオイルが20%入ったチョコレートクリームを買いました。

カカオの味がしっかりしていて気に入りました。

ご一緒したアパートのお隣さんたち(4人)はお土産にフレーバー付きのオリーブオイルを買っていました。


e0078071_05482329.jpg

e0078071_05484323.jpg


お昼は広場に面したLa Locanda di Greveで。

老舗ホテル兼レストランです。

ここでも当然Chianti Classicoを頼み、それに合わせて土地の料理を。

・アンティパストトスカーナ

・黒トリュフ入り添えのブッラータ

・ラグーソースのピチ

・イノシシ肉のパッパルデッレ

ワインも料理も旨いではないか!


e0078071_05515247.jpg

e0078071_05520695.jpg

e0078071_05523330.jpg

e0078071_05531133.jpg

e0078071_05532261.jpg


広場の周りにもお土産屋さんなどのお店が並びます。

皆んなで有名な老舗のお肉屋さんでサラミやプロシュートなどを買いました。

私はイノシシのサラミとパンチェッタを。

ほろ酔いで財布の紐が緩みますね。


e0078071_05542155.jpg


気がつけば私はチケットほぼ制覇。

最後の一杯の時にはチケット切られずサービスでした。

実は一日中永遠に飲めるシステムのようです。


一人ではなかなかここまで楽しめないと思うのですが、たまたまワイン祭りのためにイタリアに来られたお隣さんとのご縁で素敵な時を過ごすことができました。

イタリアでは様々な人との出会いも私の財産です。


e0078071_05550368.jpg


ご一緒した方々は現地のバスで会場に向かうことやお祭りに参加するのが少し心細かったそうで、私が同行することをとても歓迎してくれました。

お役に立てていたなら、私も同行させていただいた甲斐があります。

そして何よりも私自身がとても楽しめたことに感謝です。


素敵な時間と素敵なご縁。

心からありがとう。


e0078071_05571481.jpg
e0078071_05591341.jpg


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。

お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代

by kayoprimo | 2017-09-13 05:37 | イタリア
e0078071_03253320.jpg


小さなバルサミコ酢の生産者を訪問しました。

バルサミコ酢はワイン用の葡萄から造られます。

白葡萄と黒葡萄をミックスして造るそうです。

今年の収穫期はほぼ終わっていたようですが、一房だけ白葡萄が残っていました。


e0078071_03264268.jpg
e0078071_03274320.jpg

葡萄ジュースを火にかけ、半分くらいに煮詰めた後、まずは楢の木の樽に3年寝かせます。

樽の上には穴が空いていて、自然に蒸発していくそうです。

楢の木のたるがズラリと並びます。


e0078071_03284362.jpg

e0078071_03285997.jpg

その後は桜、カシ、桑、楢、ヒノキ、栗など、様々な木樽を使用しても良いとのこと。

何年もかけて蒸発させ、大きな樽から小さな樽へ徐々にサイズを替えて熟成させていくのです。


e0078071_03295350.jpg


スーパーなどで売っている安価のバルサミコ酢はバルサミコ酢にビネガーを添加しているのですが、手をかけて造った本物のバルサミコ酢は味わい深いものがあります。

高価になる意味が納得できます。


e0078071_03304338.jpg


25年ものを1本とお酢になる前の煮詰めたシロップを1本購入しました。

現地の生産者から購入すると嘘のように安くてびっくりです!

25年もののバルサミコ酢は喉にも良いとのことです。

喉が疲れた時には小匙一杯のバルサミコ酢が私を助けてくれるかも。


今回は親戚が同じ時期にイタリアに来ていて、私をモデナに誘って下さったご縁で素敵な経験ができました。


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。

お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代

by kayoprimo | 2017-09-11 03:21 | イタリア

ランブルスコの魅力

e0078071_14535921.jpg

イタリア3日目〜モデナ①

親戚(母のいとこ夫婦)とモデナで合流、ランブルスコのワイナリーへ。

モデナ周辺では赤の微発泡ワインのランブルスコが日常的に飲まれています。

ワイナリーは何度も訪問したことがありますが、ランブルスコのワイナリーは初めて!


e0078071_14550251.jpg

なるほど!一般的なワインとは作り方やワインに対する概念もちょっと違いますね。

9月〜10月に収穫された葡萄は直ちに葡萄ジュースとなり、真空のステンレスタンクへ移されます。

ジュースはアルコールと二酸化炭素に分解され、その二酸化炭素が微発泡となります。

熟成はさせず、翌年の1月〜2月にはあっという間にランブルスコができ上がるそうです。


e0078071_14555340.jpg

e0078071_14561490.jpg



今回訪問したワイナリーは近くの500の契約農家が葡萄を持ち寄り生産している大きなワイナリーでした。

10メートルほどのステンレスタンクが100本ほど並んでいます。

北モデナと南モデナでは栽培されている葡萄が違うそうですよ。

私たちがよく知っているのは濃い赤のランブルスコは南モデナのもの。

北モデナのものはロゼっぽい色で味もさっぱりでした。


e0078071_14573128.jpg

e0078071_14574302.jpg

ランブルスコはとても安いワインで好き嫌いも分かれますが、サラミや生ハム、エミリアロマーニャ州の濃厚なお料理との相性は抜群です。

脂味や重さをスッキリ洗い流してくれます。

その土地の食文化に根付いたワインはやはりとても興味深いものがあります。


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。

お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代


by kayoprimo | 2017-09-09 14:51 | イタリア

収穫初体験!

e0078071_16403230.jpg

フィレンツェ2日目

アパートのオーナーでもあり、友人でもあるJunkoさんに誘われ、葡萄の収穫をしてきました。

トスカーナの普通のワイナリーで収穫の体験をするには色々な手続きが必要であると聞いたことがあります。

名前などを提出しなければならないとか。

今回はJunkoさんの知り合いの方が家族のために造っているワイン用の葡萄の収穫のお手伝い。

もちろん初の収穫体験!


e0078071_16373570.jpg

e0078071_16375496.jpg


ツルが絡まった葡萄あり、鳥に食べられてしまった葡萄あり、乾燥してしまった葡萄あり。

商品化されるワインの葡萄とは違い、自然そのままの状態にかなりびっくり!

手が行き届いてないところがとても新鮮で、イタリアの昔ながらの姿を垣間見ることができました。


e0078071_16570900.jpg
e0078071_16583285.jpg

e0078071_16591601.jpg

今年は雨がほとんど恵まれなかったイタリア。

とても暑い夏でした。

葡萄もあまり良い状態でなく、例年に比べると収穫量も極端に少なかったのです。

豊作の年は白ワインと赤ワインの両方を造るそうですが、今年は白赤ミックスして造るそうです。

どんな味になるんだろ?

因みに明らかではないですが、白はトスカーナの地葡萄でトロカデロ種、赤はサンジョベーゼだそうです。


e0078071_17010571.jpg

e0078071_17012742.jpg

e0078071_17015386.jpg

収穫の後は皆んなでテーブルを囲みます。

イタリアでは当たり前の光景です。

畑で採れたトマトや野菜、それを使ったお料理。

大地のパワーを感じる食卓です。

私以外のアパートのお客様なども参加して賑やかで楽しい一日となりました。


by kayoprimo | 2017-09-08 04:43 | イタリア

フィレンツェ〜満月

e0078071_05513588.png


フィレンツェにおります。
到着した翌日にフィレンツェで満月を迎えました。

またイタリアの様子を投稿しますので、時々ブログに遊びに来てくださいね。

・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。

お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代


by kayoprimo | 2017-09-07 05:56 | イタリア

イタリアへ

9月4日、イタリアへ旅立ちます。
戻りは1か月後の10月5日の予定です。

e0078071_20294827.jpg

ホームグランドのフィレンツェでは今年も住むように過ごし、料理をはじめイタリアの文化や習慣にどっぷり浸りたいと思っております。
フィレンツェ滞在中には日本料理のイベントなども開催することになっています。
イタリアの文化を日本の方に伝えるだけではなく、日本の文化をイタリアの方にお伝えするご縁に恵まれたことに感謝です。

そして今年は8泊9日で北イタリア(リグーリアとピエモンテ)を巡ります。
北イタリアでの目的は「料理とワイン」
初のリグーリアでは州都のジェノヴァはもちろん、西リグーリアのアルベンガという町に滞在。
ピエモンテではずっと行きたいと思っていたアルバ(ワイン三昧です)にやっと行けます。

写真は2016年6月のトスカーナにて。
今年もイタリアでワインも楽しんできます。
ワイナリーは5件以上回る予定です。

実は今年はいつも以上に準備にてんてこ舞いでした。
1ヶ月も留守にするとなると、仕事、家のこと、自分のこと等、ここ数日は頭がパニックでした。
ようやく落ち着いてきて、今ブログを書いております。

私にとってイタリアへ行くことは単なる旅ではなく、小さなお引越しのようなもの。
一年の1/12をイタリアで過ごすわけですから、できるだけいつもの自分の生活も続けたい。
イタリアは私にとって特別なものではなく、一年に一度の日常だと思っています。
それは私のイタリアとの関わり方。
1ヶ月の間に経験したことを素敵な形にして、お教室をはじめ様々な場所でご紹介していきたいと思っております。

ブログやFBでもイタリア滞在の様子をUPしていきたいと思っています。
時々ブログを覗いてもらえると幸いです。

行ってきま~す!


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。

お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代


by kayoprimo | 2017-09-03 21:08 | イタリア
今年の5月は1週間シチリアで過ごしておりました。
その間の2日間はカターニアに滞在しました。

エトナ山の麓に位置するカターニアは素晴らしいバロック建築物の町でした。
ドゥオーモ(大聖堂)もとても美しいです。

e0078071_1255368.jpg

初めてのカターニア。
治安の悪さが心配でしたが、その町とその町の人たちは私を温かく迎えてくれました。

カターニアといえば、魚市場がとても有名。
そして市場の中にはアンティカ・マリーナという名店があります。

e0078071_1259263.jpg

ローマ在住の友人に「カターニアに行ったら、必ず行って!」と勧められ、一人夜の寂しくなった市場街に足を運びました。
(午前中は活気があり過ぎる魚市場も夜は全店シャッター閉めていて、怪しさ満点で少し怖いのです)
お店の前は人が沢山いて、少し安心。

e0078071_12595247.jpg

イタリア一人旅には慣れていますが、毎回悩まされるのは夕食のこと。
いろいろ食べたいけれど、量が半端ないのです。
「半分にしてね」とお願いしても、日本の1.5倍サイズで出てくることも度々。

さて、アンティカ・マリーナでの夕食は…
先ずはアンティパストミスト
数種類のアンティパストが運ばれてきて、その後は予想外の魚介のカルパッチョも。

e0078071_1303170.jpg

e0078071_1305910.jpg

この時点でお腹はいっぱいなのだけど、アンティパストだけではイタリアは許してくれるわけもなく。
この場合、プリモかセコンドを頼まなければいけません。

それで、オーダーしていたのは…フィレンツェ在住の池田氏に勧められていた「ウニのパスタ」
イタリアでの初ウニパスタです。

e0078071_1313066.jpg

ん~、濃厚で美味しい!美味しい!
イタリアのウニって、身がとても小さいのです。
どれだけのウニを使っているのでしょう。
それを考えただけでも贅沢な気持ちがします。

案の定、お腹がパンパンになりましたが、やっぱり足を運んで良かった!
みんながアンティカ・マリーナに行くべき!とおっしゃる意味が分かりました。

最後にオーナーらしき人と少しお話した際、「秋に日本に行くよ。もしも良かったら来てね。」と逗子のピスカリアでの食事会イベントのお誘いがありました。

e0078071_133391.jpg

「逗子か~ちょっと遠いな~」とこの話は忘れていたのですが、これもご縁でしょうか。
ひと月前の食事会でたまたま生徒さんがセッティングしてくれたお店がピスカリアでして、「アンティカ・マリーナ×ピスカリア」の食事会イベントを予約する運びとなったわけです。
アンティカ・マリーナからオーナーとシェフが来日して、本場のカターニアさながらのサービスを提供してくれるとのこと。

そして5日前にその食事会イベントに伺いました。
シチリアの本場の味が日本で楽しめるなんて~
本当に本当に感激でした~期待以上にヨカッタ!
この模様はまたブログで書きます。

イタリアに行きっぱなしで、その時の様子を全然ブログにUPしていないので、時間がある時にイタリアの思い出も少しづつ書いていきますね。
よろしくお願いします。


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
【参加者募集】11/29 ワークショップイベント
「月のリズムでキレイになる~スリムアロマバスソルト作り」

星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。

お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代
by kayoprimo | 2015-11-06 13:10 | イタリア

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31