カテゴリ:イタリア( 117 )

4月30日に代官山にイタリアンバールBAR BISがオープンしました。
(代官山駅東口徒歩3秒!)

オーナーは山森薫くん(通称カルロ)、好感度100%の青年デス!
イタリアでサービスをとことん学び、バールでも実践を積んできたそうです。

4/29のレセプションパーティにご招待されて、美味しいワインを飲みに行ってきました。
沢山のイタリア好きの人たちがお店の前でグラス片手に楽しんでしました。

e0078071_1733870.jpg

小さな店舗ですが、イタリアっぽさ満点のお店です。
イタリアではこんな小さなBARがたくさんあって、そこにいるだけでイタリアを感じることができると思います。

イタリアBARは立ち飲みが基本!
Banco(バンコ)と言われるカウンター越しには、バリスタさんが美味しいカフェやカプチーノを淹れてくれたり、ワインなどのアルコールをサービスしてくれたり・・・
私もイタリア滞在中は足繁くBARに足を運びます。

e0078071_1782471.jpg

(ここからは薫くんからの案内文を引用します)
バールとはいたりあの生活に根付く文化の一つです
朝の皆様の通勤前に、途中に最高の朝をつげるカプチーノ
ご休憩の合間に至高のエスプレッソ
仕事帰りに気軽に立ち飲みワイン
ご友人との待ち合わせに・・・デートに・・・
あらゆるニーズにお応えしたします
是非、一度足をお運び頂ければ最高のイタリアと笑顔でお出迎えいたします!


最後になりましたが、BAR BISでは私がワインとお料理のマリアージュを担当しているVino Hayashiがイタリアから直輸入しているワインCUPANOもスペシャルワインとして飲むことができます。
私のレシピも是非ご覧ください。
by kayoprimo | 2011-05-02 17:44 | イタリア
11月になってからまたまた周りの人が2名イタリアへ
ますます恋しいイタリア~
そんな時にフィレンツェの友人レオナルドから思いがけないプレゼントが届きました。

e0078071_16563243.jpg

アントニオ・マッティのバタービスケット(シナモンとローズフレーバーの2種類)
そしてアルト・アディジェ州のワイン

アントニオ・マッティといえば、トスカーナのプラトが発祥のカントゥッチーニが有名ですが、皆さんご存知でしょうか?
真っ青のパッケージが印象的で、フィレンツェの空港でも販売してます。

話がそれますが、プラトの町は私にとっては忘れられない場所の一つ。
11年前イタリアにプロ料理留学をした時に、毎日フィレンツェからバスに乗って通ったのが、プラトの料理学校でした。

アントニオ・マッティは自然の材料のみでお菓子作りをしているので、優しい味なんです。
私もトスカーナのお土産としてアントニオ・マッティのカントゥッチーニはよく買いますが、バタービスケットをいただくのは初めてです。
今から楽しみです!
   
イタリア人って、人懐っこくて、物怖じしない国民だから、すごーく親切そうに見えるけど、実はなかなか心を開いてくれない人たちなんです。(特にフィレンツェ人は・・・)
受け入れてくれているのかな~と思っていたら、裏切られた気持ちになることはしばしば・・・悲しい思いをした経験も多々あります。
そんな人たちだからこそ、彼らの友情を感じた時は本当に本当に嬉しく思います。

イタリアに通い始めて11年が経ち、ようやくイタリア人との友情を確信できるようになってきました。
これからも大切に大切に育てていきたいと思っています。

レオナルドはフィレンツェの中心地でワインショップFAMOUSVINIを経営してます。
ドゥオモとサン・マルコを結ぶカヴール通り(Via Cavour)沿いに小さなショップがあります。
アントニオ・マッティのカントゥッチーニも取り扱っています。
FAMOUSVINI
Via Cavour,30/a-Firenze
Tel 055.21.28.55

by kayoprimo | 2010-11-10 17:32 | イタリア

赤ワインの季節ですから

〔おしらせ〕
10/19~10/21は留守にします。
メールでのお問合わせ・レッスンのご予約のお返事は、10/22以降になります。
ご了承ください。

**************************************************

暑さも落ち着き、赤ワインが美味しく感じられる季節がやってきました。
今月のイタリア家庭料理レッスンでは赤ワインをご用意しました。

モンテプルチャーノ・ダブルッツォ
e0078071_15305953.jpg

アブルッツォ州のモンテプルチャーノというブドウ品種のワインです。
濃い赤色、若々しい印象のバランスのとれた赤ワイン。

アブルッツォといえば、モンテプルチャーノ種(赤)とトレッビアーノ(白)がとても有名で、いずれもデイリーで飲みやすいタイプが主流ですね。
アブルッツォ州=モンテプルチャーノ&トレッビアーノと覚えておきましょう!

今月のレッスンでご紹介している、ミラノ風リゾット&オッソブーコには赤ワインを合わせるのが一般的なんだそうですよ。
これからの季節は赤ワインを充分に楽しみたいものです。
by kayoprimo | 2010-10-18 15:39 | イタリア
すでに10月のイタリア家庭料理レッスンが始まっていますが、お天気の具合でいまひとつキレイな写真が撮れていません。。。
写真は後日UPしますね。

本題・・・
私の可愛い生徒さんのricoさんが、勇敢にも初のイタリア旅行にして、フィレンツェ中心のなんともレアで、フリーな一人旅を楽しんでいます。
昨夜メール&写真が届きました。

キャンティのB&Bでお料理を習ったそうです。
本場のお料理に感動されていました。

e0078071_15455143.jpg

e0078071_15501441.jpg

私も本場の家庭料理をベースにイタリア料理を提案しているのですが、どうしても日本人の方が喜ぶようにキレイに作ってしまうのですよね。

本場のイタリア料理は見た目の美しさやよりも、家庭らしさや美味しさ重視のシンプルなものですから、きっと本物のイタリアの食文化に触れることができたのではないかと思います。

そして私の大好きな場所の一つ、サンジャミニャーノにも足をのばされたようです。
写真を拝見する限り、お天気にも恵まれているようです。

e0078071_1556436.jpg

私もイタリアに行きたくなってしまいました。。。
by kayoprimo | 2010-10-10 16:01 | イタリア

カポディモンテ美術展へ

e0078071_20561556.jpg

上野の国立西洋美術館へ行ってきました。
6月26日~9月29日までカポディモンテ美術展が開催されています。
ナポリの素晴らしいバロック美術を観ることができます。

私自身ナポリとはあまり深い縁がないので、ナポリにこれほどまでに素晴らしい美術が存在することを今まで知りませんでした。

南イタリア(アマルフィ、ソレント、カプリ)へ旅行に行く際、ナポリを2度ほど経由しましたが、ナポリの町にゆっくり滞在したことはなかったのです。
ナポリはイタリアに慣れている私もちょっと怖いイメージがあったし・・・

それにしても素晴らしい美術品の数々・・・
今回の美術展は「女性」がテーマになっているそうです。
マグダラのマリア、ヴィーナス、聖アガタ・・・

写真(上)の「貴婦人の肖像」は息をのむほどの美しさでした。
モナリザ同様モデルが今もなお不明なのだそうです。
この美しい女性は誰なのか?想像は膨らみます。

私はそれほど美術に詳しい方ではないので、いつも音声ガイドを借りて周ります。
音声ガイドは作品の特徴、歴史背景、宗教、作者についても教えてくれます。
とてもおすすめです。
実際、音声ガイドによって得た知識も多数(?)あります。

全作品を一生懸命観るのは大変。
だから音声ガイドがある作品(←おすすめの作品だと思っている)はかなり真剣に、その他の作品はさら~っと観るのが私スタイル。

今のところウィークディーの昼間はのんびりと周ることができました。
気に入った作品は中央のベンチに腰掛けながら、ちゃんと絵画も観えました。

久しぶりに美術展に足を運び、もっとアートに触れたくなりました。
気になる美術展が2~3あるので、時間を作ってまた行こう!と思いました。


日曜美術館「アートシーン」でカポディモンテ美術展の特集があるそうです。
ご興味のある方は先ずはTVでチェックしてはいかがでしょうか?
NHK教育 7月11日(日)9:45~10:00
 再放送  7月11日(日)20:45~21:00
by kayoprimo | 2010-07-08 21:47 | イタリア
イタリアから帰国してから、バッタバタでしたが、そろそろイタリアの写真もUPしないと・・・・というわけで、今日は6月2日に出かけたサンジミニャーノの写真を少しだけお見せします。

e0078071_22214084.jpg

6月1日に日本を発ち、22時間後フィレンツェの空港に着きました。
時差があるので、イタリアは6月1日の夜の21:00です。
そして翌日、サンジャミニャーノへ出かけたのです。

ナント無謀なスケジュールでしょうか。。。もう若くはないというのに・・・・
イタリアではレシピ本に載せる風景写真を撮ることも目的の一つでした。

e0078071_22304452.jpg

この日はイタリアの祝日に当たる日でした。
沢山の観光客の姿にびっくり!
サンジャミニャーノは4度目の訪問となりますが、こんなに大勢の人が集まっているのは初めてのでした。

でも裏道を歩くと・・・そこには静かな街の姿があります。
人々の日常の生活も垣間見ることもできます。

e0078071_2240184.jpg

e0078071_22402966.jpg

e0078071_22405431.jpg

私はこんなイタリアの裏道が大好きで、ツイツイ皆が歩かない道を選んでしまうクセがあります。
このクセのお陰で、素敵なイタリアの姿も見ることが出来ている反面、怖い思いをしたこともあるので、最近はあまり無理をしないようにはしています。
もう大人ですから・・・・
by kayoprimo | 2009-07-24 22:45 | イタリア

イタリアの夏は・・・

1ヶ月間のイタリア滞在から戻って、12日が経ちます。

帰国してから案の定、とても忙しくて・・・そして昨日から更に大変なことになっています。
夏恒例、アメリカ人と結婚した妹が甥っ子達を連れて、帰国しました。

年に1回、妹達と過ごす時間は思うように仕事が進まず大変だけど、子供達も年々大きくなってきて、以前よりも楽しさが優先するようになりました。

週末から7月のイタリア家庭料理レッスンが始まるので、その前に妹達は両親の居る札幌へ・・・そして、またレッスンが終わったら東京の我が家に戻ってきます。

いつもは自分でもイヤになるくらい、仕事に熱中して疲れ果ててしまう私ですが、妹達がいると仕事とプライベートの切り替えができて、元気に過ごせるから不思議です。。。


イタリア滞在の時の話をしましょう。
イタリアの夏といえば・・・生ハムメロンを抜きに語ることはできません。

e0078071_2035167.jpg

レストランでも生ハムメロン・・・お呼ばれの食卓にも必ず生ハムメロンが並ぶほど、イタリア人は生ハムメロンが大好きな国民だと思います。
今年のイタリア滞在時も何度生ハムメロンを食べたことか・・・・
日本ではきっとこの味は出ないだろう・・・と思いながら、思う存分に味わってきました。

この時期、店先にはメロンが山積みになります。
一つ200円前後で買えるので、庶民の味方なのです。
味の甘くて・・・・本当に美味しいのです。

そして生ハムも美味しいです。
やっぱりイタリアに行ったら、生ハムを何度も何度も食べることにしています。

e0078071_20453446.jpg

ある日の夜の食卓です。
生ハムメロンとサラダ、そしてズッキーニとフレッシュトマトのパスタ。
イタリアでは、こんな風に一人ご飯を楽しんでいます。
小食の私ですが、この日はシッカリ食べた日だったかな(?)

またイタリア話をブログに書いていきますね。
by kayoprimo | 2009-07-14 20:49 | イタリア

帰国しました

昨夜1ヶ月間のイタリア滞在から帰国しました。(丁度24時間前・・・)
今日はちょっと寝坊したものの、1か月分のメールや郵便物のチェック、荷物の整理、そして時差ボケをリセットするためにスポーツジムにも行きました。
とても優秀な一日でした。

今年のイタリア滞在はいつものようにヴァカンス気分・・・とはいきませんでした~。
レシピ本のための写真撮影旅行、ちょっとした取材の要素もあったので、スッカリ仕事モード。
初めの1週間は肩に力が入り過ぎて、どうなることかと思いましたが、それでも日本での過ごし方とは違うペースだったので気分転換はできました。

e0078071_22335917.jpg

写真はトスカーナのマレンマ地方を訪れた時のものです。
小さな教会の内側から見えるトスカーナの光景です。(素敵でしょ!)
こんな光景は特別な景色ではないことが信じられないですよね。

この日はお天気に恵まれましたが、今年のイタリアの6月はいつもの夏とは違いました。
私がイタリアに着いた日から涼しくなり、ちょっと曇がちのお天気が1週間近く続きました。
その後10日間はピーカンの「これぞイタリア!」という晴天&焼きつくような日差し・・・熱中症になるかと思いました。
そして最後の10日間はハッキリしない愚図ついたお天気でした。

最後に立ち寄ったパリでの4日間は連日30度を超える晴天に恵まれ、イタリアに居た時よりも真っ黒になってしまいました。
パリの街では完全な観光客に徹することができて、仕事の事や自分の立場も全て忘れて、心から楽しむことができました。

最早(もはや)イタリア(特にフィレンツェ)は私にとって特別は場所ではなくなってしまったようです。
ワクワクしていた時期は卒業して、本物のイタリア人間になれたようです。
何回もイタリアに通い続けて、イタリアの良いところも悪いところも分かってきた結果ですね。
このことは少しは自慢してもいいかな・・・

今月はイタリアでの出来事、楽しかったパリのことを写真と共にブログに綴ります。

〔おしらせ〕
7月のイタリア家庭料理レッスンは各クラス共に空きが1名・2名になっています。
ご検討中の方はお早めに・・・
メニューは決まりましたら、ブログ&サイトでお知らせします。

夏のスペシャルレッスンも募集中です。
by kayoprimo | 2009-07-03 23:17 | イタリア
イタリア行きのエアチケットが正式に取れてから、本格的にイタリア滞在の準備が始まりました。

料理を学ぶために色々な方とコンタクトを取って、1ヶ月間の予定を立てています。

また今回はパリに立ち寄ることになったので、パリのことを調べたりもしています。
何せパリは右も左も分からず・・・ホテルの予約にも調べなければならないことだらけです。
パリでは完全な観光客として、楽しむ予定です!

イタリア行きの2ヶ月前からはかなり忙しくなるのが恒例なのですが、今年の私はとても元気です。
現在4月の料理レシピの試作中、そしてレシピ本制作でもバタバタなのですが、乗り切れそうです。

〔おしらせ〕
①4月のイタリア家庭料理レッスン
4/12(日)11:00~、4/18(土)17:00~のクラスが空いております。

②4月のパスタレッスン
4/26(日)11:00~のクラスは残席1名です。
4/28(火)11:00~のクラスは参加者募集中です。

③5月のパスタレッスン
予定をサイトにUPしました。
by kayoprimo | 2009-04-03 22:16 | イタリア
4月になりました。
東京地方、寒々したした日々がもう10日以上も続いています。
天候に左右されやすい体質なので、心身共にダメージを受けやすくなっています。

このところハードな日々だったので、今日は予定を入れずに溜まっている仕事をする日です。
現在、目の前にはこなさなければならない課題が沢山なのです。

その一つがイタリア滞在の準備なのですが・・・ようやくイタリア行きのチケットの予約が完了し、本日旅行会社で発行手続きをしてもらいに行ってきます。
ニュースでもご存知のように、本日発行分からサーチャージが大幅に値下げになります。

今年はエールフランスで飛ぶことになりました。
私は今までずーっとANAを使っていたんですが、年々ヨーロッパに滞在する条件が変わってきて、以前に比べると私にとっては様々な弊害が生じてきてしまいました。
飛行機が苦手なので、できれば日本系の航空会社で安心して出かけたいところでしたが、様々な条件を検討した結果、今年は思い切ってエールフランスで飛んでみることにしたのです。

これは私にとっては勇気ある選択だと思っています。
ちょっとドキドキですが、滞在日数、料金、空き状況など全てを比較して考えた結果です。
エールフランスに決めた大きな理由の一つは、パリでストップオーバー(トランジットの際、その土地で数日間滞在できること)が1回可能だという条件にも惹かれたのです。

せっかくだったら、パリで降りてパリの町を観光してこようと思っています。
パリは20年前に一度行っただけ・・・右も左も分からないのですが、どうにかなるでしょう。。。

今年のイタリア滞在は料理研究や食材の買い付けの他にも、大きな目的があります。
自分で手掛けているレシピ本のスナップ写真を撮ってくることも大切な目的なのです。
レシピ本にはイタリアの風景やイメージ写真も沢山載せる予定なのです。

レシピ本の制作と平行して、これからはイタリア滞在の準備も進めていかなければなりませんが、どちらとも私にとって大切なことなので、手は抜かずに進めていこうと思っています。

話が前後しますが、今年は6月にイタリアに滞在することになりました。
既に1ヶ月間滞在するアパートメントはおさえています。
今年もフィレンツェのアパートメントを中心に各地を動く予定です。
by kayoprimo | 2009-04-01 13:39 | イタリア

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31