カテゴリ:イタリア食材( 18 )

ローズマリー

今日は久しぶりに朝寝坊が許される日でした。
風邪気味だった身体が、かなり楽になりました。
ベランダに出て久しぶりにローズマリーを眺めました。

e0078071_14153073.jpg

春になり、少しづつ緑がキレイになってきています。
実はこのローズマリー、冬の間に枯れかけていました。。。。
元気を取り戻してきているので、これからは大きくなるのを見守っていきたいと思っています。

ハーブを育てるのが上手な方って、羨ましいです。
イタリア料理にはフレッシュなハーブが欠かせないので、自分で栽培してみるのですが、結局途中で枯れてきてしまうのが常です。

マンションのベランダ、という環境がよくないことも原因の一つだと思うのですが、ダメなんですよね・・・・植物の気持ちが理解できないというか。。。
過保護になり過ぎたり、放ったらかしにし過ぎたり、加減がイマイチ分からないのです。
だから我が家では植物の管理は、マリート君(夫)の仕事。

今年もハーブ栽培にチャレンジするつもりですが、途中で挫折してしまうのでしょうか。。。またブログの中でご紹介していきたいと思っています。

ここをクリック⇒人気blogランキングへ
食品・料理のブログランキングに登録しています。
皆さんの1日1回のクリックがランキングに反映されます。
よろしくお願いします。


ブログランキングへ戻る
e0078071_13175418.gif
by kayoprimo | 2006-03-24 14:27 | イタリア食材

スパゲッティの話

日本ではよく太麺のスパゲッティ細麺のスパゲッティという表現をしますよね。

イタリアでスパゲッティといえば1種類だけ。
日本で言う太麺のスパゲッティのことです。
そして細麺のスパゲッティのことは、スパゲッティーニと呼ばれています。

左がスパゲッティーニ 、そして右がスパゲッティ
e0078071_14131084.jpg

日本のパスタ店ではスパゲッティーニを使用しているところが多いようですが、私の経験ではイタリアの家庭ではスパゲッティが好まれているように感じます。

日本は太い麺のスパゲッティに慣れていない方も多いようで、レッスンの参加される方の中には「パスタは太麺なんですね。。。。」という感想を述べられる方もいらっしゃいます。
そんな時、「あーっ、まだイタリアの家庭料理というものは日本には馴染みのないものなんだなー。。。」と感じるのです。

パスタの太さのチョイスは好みにもよるのですが、イタリアではソースの重さに比例させるのが一般的です。
しっかりとしたソースには太い麺を、軽いソースには細い麺を合わせます。

e0078071_14381016.jpg

今日のパスタレッスンは、基本のトマトーソースに合わせてスパゲッティを合わせています。
このトマトソースは、玉ねぎの甘さを引き出したコクのあるソースなので、イタリア的にはスパゲッティがいいと思います。

暑い季節には、玉ねぎを入れずにトマトの酸味を利かせたソースが美味しいと思います。
そんな季節には軽めにスパゲッティーニをチョイしてみるといいと思います。

色々なソースに合わせて、色々な種類のパスタをチョイスするのも、パスタ料理の楽しみの一つだと思います。
色々試してみて下さい。

10月から行ってきたパスタレッスンですが、いちおう今回の企画は4月いっぱいで終了の予定です。
ご興味のある方はこちらをご覧下さい。⇒パスタレッスン

今後は別の企画で家庭で気軽に作れるパスタをご紹介していきたいと考えております。

ここをクリック⇒人気blogランキングへ
食品・料理のブログランキングに登録しています。
皆さんの1日1回のクリックがランキングに反映されます。
よろしくお願いします。


ブログランキングへ戻る
e0078071_13175418.gif
by kayoprimo | 2006-03-23 14:53 | イタリア食材

リングイーネの話

リングイーネって、ご存知ですか?
イタリア語で小さな舌を意味する言葉ですが、一般的には断面が楕円形のロングパスタのことなんですよ。
名前の由来どおり、小さな舌を連想させる断面でしょう?

e0078071_12451094.jpg

このパスタ、優れものなんです!

スパゲッティのように断面の丸いパスタは、少しだけ芯を残す茹で方(アルデンテ)が美味しく食べるコツだといわれていますよね。
茹で過ぎのパスゲッティというものはベタッとして、全てを台無しにしてしまうのですが、このリングイーネはアルデンテする必要はありません!

シコシコっとした食感が特徴のパスタなんです。
最後にソースの中で煮込んでもOK!
ベタッとならないんです。

大人数のパスタを作る時には、スパゲッティよりもリングイーネがお勧めです。
失敗し難いのですよ。

私の料理教室の生徒さんの中には、リングイーネの存在を知ってからは、すっかりリングイーネにハマッタ!という方も少なくないんですよ。
是非試してください。

今日のパスタレッスンは、リングイーネを使用しました。
作ったパスタはレモン風味のジェノベーゼ

e0078071_1303221.jpg

イタリアではジェノベーゼソースにリングイーネは定番です。
今回は更にイタリアの定番、ジャガイモとインゲンも一緒に入れてみました。
レモン風味漂う、爽やかなジェノベーゼパスタです。

もう一品、これまたイタリアの定番ブルスケッタをご紹介。
オリーブオイルたっぶりの本場の味です。

e0078071_1342370.jpg


ここをクリック⇒人気blogランキングへ
食品・料理のブログランキングに登録しています。
皆さんの1日1回のクリックがランキングに反映されます。
よろしくお願いします。


ブログランキングへ戻る
e0078071_13175418.gif
by kayoprimo | 2006-03-22 13:16 | イタリア食材

FOODEXに行ってきました

毎年3月のこの時期にFOODEX JAPAN国際食品・飲料展のイベントが開催されます。
今年は3/14~17の4日間、幕張メッセで行われました。
今日が最終日でした。

FOOEDXは食品業界関係者向けの専門展示会で、国内以外にも世界77ヶ国から様々な食品・飲料が出展されます。

シニョーラKAYOも一応は食品業界の関係者ですので、毎年展示会には足を運んでいます。
今年も行ってきました。

展示会場では食品のサンプルを配ったり、試食試飲ができるブースもあって、それがイベントの楽しみでもありますが、もちろん商談なども大きなイベントの目的になっているのです。

e0078071_20424258.jpg


イタリア料理教室をしていることを告げると、今年はこんな長ーいパスタをサンプルで頂きました。
「どうやって茹でるんですか?」
茹でる時は半分に折るのだそうです。

シニョーラKAYOの料理教室は、料理だけではなくワインにも力を入れています。
毎回のメニューに合わせて、様々なワインをマリアージュさせて生徒さんに提案します。
そのため教室のワインを卸してくれるインポーターをいつも探しています。

だからFOODEXのような大イベントは、ワインのインポーターと知り合うチャンスでもあるのです。
今回はイタリアワインのインポーター3社と商談成立。
また新たな美味しいワインを生徒さんにご紹介できそうです。

e0078071_20425833.jpg

今までお世話になっているインポーターの担当者と久しぶりに挨拶ができたり、新たなインポーターとの出会いがあったり、最新のワインのカタログを手に入れたり、今年のFOODEXは仕事の上でも成果がありました。

教室を開講して7年目、手探りで頑張ってきましたが、気がつけば業界関係者の知り合いが少しづつ増えてきています。
教室だけの人間関係に留まらず、これからも色々な方向を見て頑張っていきます。
そんな前向きな気持ちにさせてくれる、FOODEXでした。

ここをクリック⇒人気blogランキングへ
食品・料理のブログランキングに登録しています。
皆さんの1日1回のクリックがランキングに反映されます。
よろしくお願いします。


ブログランキングへ戻る
e0078071_13175418.gif
by kayoprimo | 2006-03-17 20:56 | イタリア食材

ケッパーを使って・・・

今月のイタリア料理教室の家庭料理コースのメニューが決定しました。
レシピもほぼ完成しています。

e0078071_12263018.jpg

今月はサーモンを使ったお魚料理をご紹介します。
付合せのソースにはケッパーと玉ねぎをたっぷり入れます。
さて、どんなお料理になるか?
今月のブログの中でもご紹介していきたいと思います。
お楽しみにー!

日本ではスモークサーモンに添えるイメージが強いケッパーですが、イタリアでは様々な料理に使われています。
私のお料理教室でもそれなりに出番が多いです。

「残ったケッパーはどうしたらいいでしょうか?」と生徒さんからよく聞かれます。
細かく刻んでサラダに混ぜたり、隠し味に他の料理に入れてみたり、工夫次第で色々使えるのです。

ケッパーは酢漬けと塩漬けがありますが、塩漬けのものは塩抜きが必要なので酢漬けのほうが使いやすいと思います。
シニョーラKAYOの体験上、イタリアの家庭でも圧倒的に酢漬けのものを使用していますよ!

ケッパーはふうちょうぼくのつぼみだそうですが、実際シニョーラKAYOはふうちょうぼくがどんなものか知りません。
皆さん、御存知でしょうか?
日本でも栽培されている植物なのでしょうか?
今度調べてみますね。

ここをクリック⇒人気blogランキングへ
食品・料理のブログランキングに登録しています。
1日1回クリックして、シニョーラKAYOを応援してくださいね。
よろしくお願いします。


ブログランキングへ戻る
e0078071_13175418.gif
by kayoprimo | 2006-02-07 12:59 | イタリア食材

お勧めのパン屋さん

シニョーラKAYO薦めのパン屋さんの情報です。
ヨコハマ・ロアモンドです。(ホームページはこちら
ここのパンは本当に美味しいです。

(雨の日に撮ったので写真が暗くてゴメンなさい。)
e0078071_12574293.jpg

幾つか店舗があるようですが、シニョーラKAYOはいつも池上店で買います。(池上に住んでいるので・・・)
横浜には店舗はないようなのですが、パン屋さんの名前は「ヨコハマ・ロアモンド」・・・なぜ?

池上店の隣にはパン工場が隣接していて、お店からもパンを焼いている姿を見ることができます。
店の中にはスペイン釜があって、そこでパンを焼いてます。
工場で焼かれたパンはホテルやレストランに卸されているそうですよ。
工場の隣で焼けたパンを販売している感じです。

シニョーラKAYOの料理教室でもここのパンを出すと、生徒さんは喜んでくれます。レッスンの帰りに買って帰る生徒さんもいらっしゃいます。

中でもシニョーラKAYOお薦めのパンは3つです。
パンオノア・・・くるみのパンです。
柔らかくて、どんな料理にも合わせ易いのです。
カレンズ・・・山ぶどうのパンです。
クリーム系のチーズと共に食べると不思議なくらいワインが進んでしまいます。
バゲット・バタール・・・フランスパン
表面カリッと中は柔らか・・・焼きたては特に美味しいです。

池上に足を運ぶ機会があれば、是非寄ってみて下さい。

ここをクリック⇒人気blogランキングへ
食品・料理のブログランキングに登録しています。
皆さんの1日1回のクリックがランキングに反映されます。
よろしくお願いします。


ブログランキングへ戻る
e0078071_13175418.gif
by kayoprimo | 2006-01-17 13:20 | イタリア食材

カヴァタッピ

カヴァタッピって、ご存知ですか?
聞きなれない言葉ですよね?
ワインの栓抜きのことをイタリア語でカヴァタッピと言います。

e0078071_12505325.jpg

イタリアにはカヴァタッピをかたどったパスタがあります。
ワインの栓抜きのらせん状の部分と同じように、クルクルっとしたパスタです。
名前も同じくカヴァタッピと言います。

イタリアでも非常にポピュラーなパスタというわけでもないですが、日本で見かけたのは昨年の11月末が初めてでした。
思わず料理教室の生徒さん達にご紹介したくて買ってしまいました。
そして12月にはこのカヴァタッピを使った料理をご提案しました。
12/12と1/7のブログの写真でカヴァタッピを使ったパスタをご紹介しております。

イタリアには面白い形のパスタが沢山あるんですよね。
料理教室の生徒さんの中には、レッスンで使用したパスタを生まれて始めて食べて「嵌った!」という方も沢山いらっしゃいます。嬉しい事です!

今後もイタリア料理だけではなく、イタリアの色々なことをご紹介していけるような教室作りを目指していきたいと日々構想を練っています。。。

ブログランキングに登録してから、生徒さん以外の方もブログに遊びに来てくれるようになりました。
ブログの中でも日本では知られていない食材の事なども積極的に書いていこうと思っています。
これからもよろしくお願いします!

ここをクリック⇒人気blogランキングへ
皆様のクリックによってランキングがUPします。
よろしくお願いします。

e0078071_13112113.gif
by kayoprimo | 2006-01-10 13:11 | イタリア食材

オリーブオイル到着

昨年注文したオリーブオイルがイタリアから到着しました。
フィレンツェ郊外のオリーブ園からの直送です。
昨年の11月に収穫された絞りたてのオイルです!

e0078071_12532339.jpg

良質なトスカーナのオリーブオイルは、青っぽい香りと心地好い苦味が特徴です。
驚くほどにオイルの油っぽさはありません。
私の料理教室の生徒さんからも本当に評判が良いのです。

数年前にフィレンツェの友人(もちろんイタリア人)から、このオリーブオイルを紹介されました。
その時からずーっと、このオリーブオイルを使い続けています。本当に美味しいんです!

シニョーラKAYOお薦めのオリーブオイルについては、11/6と11/8のブログに書いています。

良質なオリーブオイルは、イタリアではパンにそのままつけて食べたり、お肉やお魚・そしてスープにかけたりします。

今月の家庭料理コースでご紹介するリボリータにも最後に一筋かけて頂きます。煮込んだリボリータに青々しいオイルの香りと味わいが新鮮に感じると思います。
リボリータについては、1/6と1/8のブログに書いています。

e0078071_1320855.jpg

今年からボトルのキャップにアンフォラanforaが描かれていました。可愛いでしょ!
昔はアンフォラにオリーブオイルを保存していたそうです。

食品・料理のブログランキングへ登録しています。
皆様のクリックがランキングに反映されます。
クリックお願いします。ここをクリック⇒
人気blogランキングへe0078071_13305392.gif
by kayoprimo | 2006-01-09 13:34 | イタリア食材

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31