<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ボルドー試飲会

バカンスから戻って、またまた忙しい毎日が始まってしまいました。
自分の時間もしっかり持ちたくて、昨日はワインの試飲会へ行って来ました。

昨日はボルドーの3シャトーの試飲会でした。
シャトー・ジスクール(マルゴー)、シャトー・デュ・テルトル(マルゴー)、シャトー・オー・バイィ(グラーヴ)の赤ワインを8種類が出ました。

e0078071_1514160.jpg

マイクで話しているがジスクールとテルトルの2つのシャトーの総支配人のアレキサンダーヴァン・ピーク氏です。その隣に立っているのがバイィの総支配人ヴェロニク・サンダース女史です。
お二人はご夫婦だそうで、夫婦でボルドーのシャトーの総支配人をしているなんて素敵です。
(手前の外国人の方はお客様です。お間違いないように!)

e0078071_15141114.jpg

ボルドーのワインを頂くのは久しぶりです。
普段はイタリアの仕事をしているので、イタリアワインが中心ですから・・・
ワインの資格を取得した時には、かなり勉強してボルドーワインのことも覚えたのですが、スッカリ忘れていますが、頭で考えるのではなく、感覚で楽しみました。

3つのシャトーのワインを全部で8種類試飲したわけですが、それぞれのシャトーにそれぞれの特徴がありました。
先ずジスクールですが、こちらのシャトーのワインは個性が強いのです。表現はとても難しいのですが、酸味もシッカリしていて、香りにもちょっとクセを感じるのです。口に含むと「んっ!」と思ってしまうのですが、時間と共にまろやかさが出てきて、「なかなか美味しいではないか!」という感じになっていくのです。

テルトルについては、万人向けで誰にでも好まれる飲み易さを感じます。一口飲んで「美味しい!」そう感じさせてくれます。時間が経っても極端な変化を感じずに、初めの印象が長く続くイメージです。個性がないのが、ここの個性なのかもしれません。

そして最後がオー・バイィですが、こちらは初めの2つとエリアが違うせいか、全然印象が違うのです。私好みです。バランスがいいのですね。エレガントさと力強さの2つを兼ね備えています。時間と共に変化もあり、最初から最後まで美味しいと感じさせてくれました。

ワインって、本当に面白いです。まるで人間みたいなんですよね。
ジスクールは我が家のマリート君的なワインです。
初めの印象はイマイチなんですが、付き合い始めると良いヤツです。
個性が強いので、真正面からではなく、やや適当に接していくのがいいのです。

私はオー・バイィかな~?
見た目は女性的ですが、中身は男です。2つを兼ね備えております。

8種類の赤ワインがサービスされ、それを全部飲んでしまったので、ふわふわ酔っ払い気分で帰途についたのです。
by kayoprimo | 2009-10-30 15:44 | ワイン

「ブルサン」のご提案

10月のイタリア家庭料理レッスンでは、私が料理家として活動しているフードソムリエからの依頼で、フランスのクリームチーズ「ブルサン」を使ったお料理レッスンを行いました。

e0078071_213054.jpg

フランスでは「パンとワインとブルサンと・・・」というフレーズがあるほど、「ブルサン」を知らない人はいないそうですよ。
写真上から、伝統の味「ガーリック&ハーブ」、まろやかな風味「エシャロット」、ビリッと刺激的な「ペッパー」(ブルサンホームページ⇒こちら

私が今回提案したブルサンのお料理は「ペッパー」を使用したツナペーストがベースになります。
ブルサン(ペッパー味)150g、ノンオイルツナ120~160g、ケッパー小匙1~2をフードプロセッサーで混ぜ合わせます。
美味しいパテが出来上ります。

e0078071_21434582.jpg


e0078071_21464370.jpg
このツナペーストを使用して、レッスンの中ではポテトグラタンをご紹介しました。

ポテトと玉ねぎを炒めて、ツナペーストと生クリームを混ぜ合わせます。
そしてオーブンで焼くだけです。

このお料理の記事を先日のブログに書いたので、是非ご覧ください。⇒こちら

e0078071_2151207.jpg
こんな風にトーストしたパンにツナペースト合わせても美味しいです。
赤ワインにも白ワインにも合うオードブルになります。

食パンでサンドイッチにしたり、ベーグルと合わせてもいいですね。


e0078071_21543284.jpg
そしてパスタソースとしても活躍してくれます。

簡単にツナソースをパスタの茹で汁でのばして、パスタと絡めてもいいですが、生クリームを加えると更にリッチな味わいになります。
トマトソースを少し加えても美味しいでしょう。

是非、お試しください。

フードソムリエに「ホームパーティ」をテーマにしたブルサンキャンペーンサイトが掲載されています。
美味しいそうな「ブルサン」を使ったレシピも載っています。⇒こちら
by kayoprimo | 2009-10-27 22:24 | イタリア料理教室

初めての宮古島

e0078071_19374230.jpg

昨夜、宮古島2泊&那覇1泊の休暇から戻りました。
宮古島では雲の隙間から晴れ間も見られ、まあまあのお天気でした。
最終日の那覇は雨降りでしたが、お買い物をしていたので問題なし!
台風が近づいていたのですが、その合間をぬって・・・運が良かったと思います。

近日中に改めて美しい海の写真をUPしますね。
by kayoprimo | 2009-10-25 19:44 | 私時間

Vado in vacanza

10/21~10/24 留守にします。
その間のメールのお返事は10/25以降になりますのでご了承ください。

ここ数ヶ月間、ゆっくり休む暇がありませんでした。
久しぶりの休暇です。
仕事のことを全て忘れて、羽を伸ばしてきます。

〈イメージ写真〉
e0078071_034561.jpg

by kayoprimo | 2009-10-21 00:05 | 私時間
今月のメニューにマリアージュさせたワインはトスカーナワインです。
トスカーナワインと言えば、キャンティやキャンティクラシコを思い浮かべる方が多いと思いますが、他にも美味しいワインが沢山あります。

モレッリーノ・ディ・スカンザーノ2007 morellino di scansano
e0078071_11163676.jpg

トスカーナワイン=サンジョベーゼ種と覚えておいても良いくらいサンジョベーゼ主体のワインが多いトスカーナ地方、サンジョベーゼは酸味が強いブドウ品種です。

モレッリーノもサンジョベーゼ主体のワインですが、ここに少量のシラー種を加えることで、柔らかな酸味と繊細なタンニンが生まれます。
また採れたての赤いフルーツやスパイシーな印象も加わるのです。
上品で飲みやすいお勧めの赤ワインです。

今回のお料理は、ペッパー(胡椒)とポルチーニがポイントになっていました。
モレッリーノのスパイシーさはペッパーとの相性が抜群!トスカーナの産物であるポルチーニにはトスカーナワインを合わせたい!という理由で、このワインをチョイスしたわけです。

ちなみにスカンザーノは、トスカーナ南部、やや海に近いエリアです。
近年注目されているエリアです。


〔おしらせ〕
①11月のイタリア家庭料理レッスンのメニューと空き状況をUPしました。
さつまいものリゾット、カジキマグロのオーブン焼きオレンジ風味、焼き菓子(ビスケット)をご紹介する予定です。

②11月の秋のスペシャルレッスンも参加者募集中です。
皆さんが一度は作ってみたいと思われるラザニアを作ります。
本格的なラグーソースと失敗しないベシャメルソースの2つのソースの作り方をご紹介します。
by kayoprimo | 2009-10-20 11:36 | ワイン
今月のメニューでは、皆さんお馴染みのブルサン(ペッパーフレーバー)をたっぷりと使ったオリジナルレシピをご紹介しています。

ツナとポテトのクリームチーズグラタン
e0078071_20473717.jpg

イタリアでツナ(まぐろ)というば、シチリアを連想します。
だからシチリア風を意識して・・・ケッパーやアンチョビを隠し味にしています。

クリームチーズたっぷりですから、かなりボリューミーなお料理になりました。
トマトを入れて、ちょっと爽やかさもプラスしてみました。
生徒さんからの評判はなかなかです。

ペッパーがきいたクリームチーズは、洋風なお料理との相性もよいですね。
スパイシーな刺激が食欲をそそります。
赤ワインにも良く合います。
by kayoprimo | 2009-10-19 20:54 | イタリア料理
今月のドルチェは食感の軽い焼き菓子をご紹介しています。
ザッビオーザとは、イタリア語で「砂のような、砂状の」と言う意味です。
その名の通り、舌の上でサラサラと溶けるような食感です。

カカオ風味のザッビオーザ
e0078071_15175364.jpg

サラサラの秘密は、コンスターチを使用していることです。
イタリアの焼き菓子らしく、作り方は至って簡単です。(←いつも通り)

今回のポイントは添えてある生クリームにあります。
オレンジリキュールで上品さを出しました。
焼き菓子と生クリームとの相性が抜群です。

そして国産の伊予柑ピールが絶品なんです。
偶然見つけてお試しで購入したのですが、美味し過ぎて1週間後にはまた買いに行きました。
中目黒のボンルパで買いました。
by kayoprimo | 2009-10-18 15:26 | イタリア料理
先週から今月のイタリア家庭料理レッスンが始まっていましたが、すっかり今月のメニューのUPが遅くなってしまいました。
今日から順次メニューをご紹介したいと思います。

ポルチーニ風味の秋野菜パスタ
e0078071_22221764.jpg

イタリアでは10月がポルチーニの最高の季節です。
初めてイタリア留学した時に食べたフレッシュポルチーニの味が忘れられなくて、この季節にはポルチーニの香りが懐かしくなります。

そんなわけで今月のパスタはポルチーニ風味です。
フレッシュポルチーニを手に入れるのは難しいので、乾燥ポルチーニを使います。
秋野菜にはお馴染みの秋茄子ときのこを入れました。

トマトペースのソースですが、今回はポルチーニの風味を大切にしたかったので、トマトはやや少なめの量で提案させて頂きました。

コクのあるポルチーニの味わいには、やはりスパゲッティよりも存在感があるパスタが合います。
今回のソースはフェットゥチーネとの相性が抜群です。

イタリアではパスタとソースの相性はとても大切な要素です。
イタリア料理にちょっと慣れてきたら、是非パスタの種類にもこだわって頂きたいです!
by kayoprimo | 2009-10-17 22:31 | イタリア料理
パンナコッタを作ります。(簡単ですから!)
今回はフルーツを飾ってみました。

e0078071_21531491.jpg

by kayoprimo | 2009-10-14 21:54 | イタリア料理

今の私

3連休が終わり、皆さんは今日から通常の生活が始まったのでしょうか。
私は3日間お仕事でした。
2日間はお料理教室のレッスンを、最後の1日は写真撮影の仕事をしました。
(写真撮影のことについては⇒こちらをご覧ください。)

仕事柄、人が休んでいる時に働くことも多く、人が働いている時に休みがとれたりします。
定休のシステムはなく、自宅を離れない限りはいつも仕事のこと考えてしまう環境にあります。

今日は少しだけ仕事をして、やや荒れ始めていた生活を元に戻すべく行動をしています。
先週から1週間以上、忙しくて落ち着かない生活をしておりました。
気持ちの余裕がなくなると、「いけない、いけない」と思いつつも、食事はどうしても加工品を使ってしまうことが増えてしまいます。

私は超超超デリケートな体質です。
外食が続いたり、いい加減な食生活をすると体調が悪くなるんですね~
実は土曜辺りから足のムクミが気になっていて、疲れも手伝ってか、朝起きても足は元に戻らずパンパンな状態だったのです。

今日から食生活を元に戻さなければ・・・・今日は野菜やフルーツを沢山買いました。
野菜タップリのヘルシーな夕食を作りました。
美容と健康のためにも、やっぱり素材から作る食事は全然違いますね。
細胞がよみがえっていく感じです。
by kayoprimo | 2009-10-13 20:29 | 私時間

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー