<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

最近いつも次月のメニュー告知が遅れておりました。。。
今月は少しだけ早くお伝えできます。
8月のイタリア家庭料理クラスは久々の手打ちパスタです!

テーマもズバリ! サルデーニャの手打ちパスタ
指先くらいの大きさのパスタを、皆でチマチマ作っていきます~
夏ですからね~座ってのんびりお話しでもしながらイタリアンモードで作りたいと思っています。

e0078071_1612964.jpg

夏野菜と海老のグリル
夏らしい素材を生かした簡単お料理です。
バーベキュー風に作ります~
マッロレッドゥス
サルデーニャ風ニョッキはサルデーニャの伝統的なソースを合わせます。
お肉とトマトのソース 詳しくは⇒こちら
太陽のテルーヌ
元気に情熱的に過ごせる秘密のデザート
オレンジとグレープフルーツたっぷりの冷製テリーヌです。

受講料  6,000円

開講日
8/11(日)11:00~、8/14(水)10:30~、8/15(木)10:30~
8/17(土)11:00~、8/18(日)11:00~、8/19(月)10:30~
  ※現在8/11と8/19は満席です。他はまだ空きがございます。

ご興味ある方はPrimo Piattoのサイトよりお問い合わせください。


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-07-25 16:25 | イタリア料理教室
8月のイタリア家庭料理クラスの試作を始めています。

8月のテーマは 「手打ちパスタ~!」 
サルデーニャのニョッキこと マッロレッドゥスを作ります~
サルデーニャでは伝統的な手打ちパスタの一つです。

指先ほどの小さなパスタです。
今月は椅子に座って、イタリア風にみんなでチマチマと作ろうと思っています。

e0078071_15592070.jpg

ソースはサルシッチャ入りのトマトソースです。
マッロレッドゥスに合わせる伝統的なソースです~

サルシッチャ(=生ソーセージ)は日本では手に入りません。
豚挽肉で簡単にアレンジして手作りします。

ここ数カ月メニューのお知らせがすっかり遅くなっています。
今月は早めにお知らせしたいと思っていますが、まだ正式に公開できる状態ではありません。
ごめんなさい~
頑張って、早くお知らせできるようにしますね~


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-07-21 16:12 | イタリア料理教室
昨日で7月のレギュラークラス(イタリア家庭料理)が無事終了しました。
暑い中、足を運んで下さった生徒さんに心からお礼申し上げます。

7月の前半戦が一段落、今日はホッと一息です。
月末はイベントが続きますので、それまでの間は試作活動、事務処理、仕事関係のミーティングなどをサクサクやってきたいたいと思っています。
ただ21日までは水星が逆行中ですから、今週は思うようには動けないかも・・・

今月のテーマは「真夏の食卓」でした~
夏はやっぱり白ワインでしょ!
アブルッツォの白をサービスしました。

e0078071_180474.jpg

こちら私が毎月「ワインに合わせるレシピ」をご提案しているVino Hayashiの商品。
定価4,000円の白・・・美味しいに決まっているじゃないですか!
生徒さんからも大好評でした。

アブルッツオ州のペコリーノ種100%のワイン。
先月のブログにペコリーノのことも書きましたので⇒こちら ご覧ください。

最初はフレッシュな口当たりですが、果実味の円やかさや複雑さも感じます。
柑橘系、ハーブ、ミネラル・・・夏の食卓が華やかになります。
野菜、魚介、白身のお肉など、お料理も選ばないのでいいです~

ワインの詳しい情報は⇒こちら Vino Hayashiのページをご覧ください。



お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-07-15 18:23 | ワイン
Vino Hayashi7月のワインは・・・リグーリアの白2本です。
夏ですからね~やっぱり白がいいですよね~

リグーリアは三日月型の細長くて小さな州です。
州都はジェノヴァ。
西はフランスの国境に接していて、東に進むにつれてピエモンテ、エミリア・ロマーニャ、トスカーナと3つの州と隣接しています。

リグーリアといえば、チンクエテッレを思う浮かべる人も多いかもしれません。
チンクエテッレはリグーリア州の中でも一番東の先端で、トスカーナと接する辺りです。
イタリア好きの方であれば、一度は足を運んだことのある場所ですよね。

今回ご紹介するワインの生産者BioVioはチンクエテッレの逆側、西側エリアのアルベンガという所に位置しています。
まだ日本人もそうは足を踏み入れていないエリアだと思います。
北イタリアでありながらも温暖な地中海性気候だそうですよ~
私も行ってみたいな~♪♪♪

魚介のワイン蒸し
e0078071_1714845.jpg

マリアージュレシピは夏らしい2品をご紹介しています。
魚介系で攻めてみました!
リグーリアは海に接している州ですからね~ワインにもミネラル感を強く感じます。

ヴェルメンティーノには魚介のワイン蒸しを・・・
魚介を白ワインで蒸し煮するだけの簡単レシピです。
タイムとディルの香りも、このワインとの相性がぴったりだと思います。


タコとトマトのジェノベーゼサラダ
e0078071_17215938.jpg


リグーリアの地ブドウピガートには、その土地らしくジェノベーゼソースのお料理がぴったり!
というわけでタコとトマトのジェノベーゼサラダをマリアージュさせてみました。
キレイな苦味、レモンの印象も感じるワインなので、サラダにはレモンも皮ごと加えましたョ~

これらのレシピは⇒こちらからご覧になれます。

両方とも白ワインには合わせやすいお料理です。
「魚介に合うよ!」的な白ワインに合わせて、是非お試しください~



お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-07-13 17:35 | マリアージュレシピ
連日7月のイタリア家庭料理クラスが続き、それに伴いブログも連日メニューについて書いています。

プリモピアット(⇒こちら)、セコンドピアット(⇒こちら)に引き続き、ドルチェをご紹介します。
真夏に最適のデザートといえば・・・シャーベット!
お家で簡単に作れるのです。

バジルとピーチのソルベ
e0078071_18433999.jpg

7月は毎年真夏モードのレシピをご紹介するのですが、年によっては梅雨寒になってしまい、涼しいお天気なのに残念!という時もありますが、今年は違いました!!
連日35度超えの真夏のお天気の中でのレッスン、デザートのシャーベットが美味しく感じます~

旬の白桃とバジルのソルベ(=シャーベット)は、生徒さんが自宅でも気軽に作れるように缶詰の白桃を使いました。
缶詰のシロップも全部使いますので無駄がない!
他の缶詰でも応用できますね!

優しい甘さの白桃にバジルのスッキリ感・・・
ふわふわのメレンゲでクリーミーに仕上げますので、とても優しいお味です。
口の中で溶けちゃいます。

手作りのソルベはとてもデリケートで溶けやすいの。。。
だから器も冷やしておいて、さっさっと盛り付けしなければなりません。
ナチュラルって、こういうことね~と納得のお味ですョ~


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-07-12 18:55 | イタリア料理
今週は自宅クラス週間です。
7月のイタリア家庭料理クラスを開講しています。

昨日は今月のクラスでご紹介しているプリモピアットについて書きました。(⇒こちら
今日はセコンドピアット(第2番目のお皿)について・・・

鶏肉のトンナート
e0078071_21463661.jpg

トンナートはツナソースのことです!
仔牛肉のスライスにトンナートを合わせるヴィテッロ・トンナートは、ピエモンテの有名なお料理の一つですが、豚肉や鶏肉に合わせたり、卵と一緒に食べてもとても美味しい!

今回は鶏ムネ肉を蒸して、薄切りにしました。
日本ではムネ肉は好まれない部位ですが(ムネなんて肉じゃない!的な扱いを受けることも・・・)、イタリアでは鶏のムネ肉のお料理も多いのですよ~
この季節はサッパリとしたムネ肉がイタリア的でいいと思いま~す!

一般的なトンナートソースは、ツナ、マヨネーズ、アンチョビ、ケッパー、レモン汁をフードプロセッサーでトロトロのソース状にすることが多いと思います。
でも今回は少しアレンジ入れました。
マヨネーズを少なめにして、その代わりにオリーブオイルを使用しました。
そしてフードプロセッサーは使わずに、ツナの食感を残すようにしました。

卵やトマトを添えて、夏の食卓を飾る華やかな一品になります~
野菜スティックやパンなどのディップとしても楽しめるトンナートソースです~



お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-07-11 22:23 | イタリア料理
週末から7月のイタリア家庭料理クラスが開講しています。
今月は少し遅れ気味で・・・やっとメニューについてブログに書きます。

先ずはプリモピアット(第一番目のお皿)から・・

夏野菜のスカペーチェ風冷製パスタ

e0078071_18541140.jpg

こちらのパスタ料理は私のオリジナルです。
日本人は夏に冷たい麺を好んで食べる文化がありますが、パスタの国イタリアでは冷製パスタというものは一般的には食べないのです~

たっぷりのオリーブオイルで炒めた4種類の夏野菜~ナス、ズッキーニ、パプリカ、トマト~に、白ワインビネガーで酸味をプラスしたソース。
麺は細目のスパゲッティを流水で冷やして使用します。

フレッシュバジルとオリーブオイルだけで作ったバジルソースは彩りもキレイで、味のアクセントになります。
このバジルソースを色々なお料理に活用するのがマイブームとなっております。

ところでスカペーチェ風ってどんなでしょう?
スカペーチェは魚や野菜を油で素揚げして、ビネガー入りの漬け汁に浸したお料理のこと。
今回のお料理はスカペーチェではなく、あくまでもスカペーチェです。

これからの暑い夏に心地よい酸味がきいた冷製パスタです。



お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-07-10 20:15 | イタリア料理
南イタリアのサレルノ発の職人手作りのパスタQuintalunaが4月に日本初上陸してから、公認アンバサダーとして何度かパスタイベントを開催してきました。

今回は南イタリアから料理上手なイタリア男マルコ氏がQuintalunaのパスタで、南イタリアの家庭で食べられているパスタ料理を紹介してくれるイベントを開催することになりました。

e0078071_20591687.jpg

e0078071_2105733.jpge0078071_2111889.jpg

7/26(金)11:00~、7/27(土)11:00~の2日間開催します。
すでに7/27(土)の回はブログ公開前に定員に達してしまいましたが、
7/26(金)の回には2名1名の空きがございます。 

料理イベントの中では「職人手作りパスタQuintaluna」と「他の工業製品パスタ」との食べ比べなども行う予定です。
なぜQuintalunaが美味しいのか?そんな魅力もお伝えしていきます。

そしてメインイベントはマルコ氏がご紹介する本場イタリアらしい豪快なパスタ料理。
日本にいながらにして、きっとイタリアの空気が感じられると思います。

【メニュー】
・アンティパスト
 日本では珍しいアンティパストをご用意いたします。
・パスタ・パターテ(ジャガイモのパスタ)
・ズッキーニとエビのパスタ
(ワイン、パン、カフェ)

【参加費】 7,500円

参加希望の方は、イタリア料理教室Primo Piattoのサイトからお問い合わせください。


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-07-09 21:18 | Quintaluna
生徒さんからいただいた畑で採れたお野菜で、
Pasta alla Nornoノルマ風パスタを作りました。
揚げナスとトマトソース・・・シチリアのカターニア発祥のパスタです。
冷蔵庫にバジルソースが余っていたので、アクセントに添えました。。。
いい仕事してくれていたヨ。

e0078071_2143365.jpg

本来はショートパスタで作られるらしいのですが、以前イタリア人の友人がブカティーニで作ってくれたことを思い出し・・・私もブカティーニで作ってみた!
もちろんQuintalunaのブカティーニを使用。

ブカティーニは麺に穴が空いていてストロー状になっています。
そのストローの穴にソースが絡まります。
しっかりとしたトマト系のソースに合わせたり、ローマではカルボナーラにも合わせます。

実はブカティーニは太くて・・・得意ではない私。。。
でもイタリアの友人はブカティーニ使用率がそれなりでして・・・やっぱりパスタの国!パスタの食べ応えがたまらないのだそうです~
そんな私もQuintalunaのブカティーニは美味しく食べられるから不思議です。

e0078071_2122984.jpg

ワクワクしながら、こんなお料理も作ってみました~

e0078071_21223962.jpg



お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-07-07 21:24 | Quintaluna

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo