<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

8月のイタリア家庭料理クラスが無事終了しました。
お盆休み真っ只中のレッスンでしたから、お休みの生徒さんも多かったけれど、暑い中レッスンに足を運んで下さった生徒さんたちに感謝!
この場を借りて、お礼申し上げます。

今月はサルデーニャの手打ちパスタをして、それに合わせてサルデーニャの赤ワインを合わせました。
私が12年前に滞在したことのあるオリスターノと言う町の近郊で生産されているワインでした。
ワインについては先日のブログに書きました⇒こちらを。

e0078071_1513573.jpg

ワインを飲んでいるうちに、急に12年前の忘れかけていたあの時の思い出がよみがえり、押入れからアルバムを引っ張り出しました。
まだデジカメではなく、フィルムタイプのカメラを使用していたんですよね~
懐かしいな~

オリスターノの海の美しさが忘れられません。
オリスターノで10日間過ごした後に南イタリアのある場所に移動したのですが、オリスターノの海が素敵すぎて、移動した先の海がまったくキレイに感じなかったのです。
もったいない残念な思い出もよみがえってきちゃいました。

アルバムを広げながら、イタリアには小さな思い出がたくさんあることを久しぶりに感じました。
今年は9月末から1か月間イタリアで過ごします。
また沢山の思い出ができますように・・・


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-08-21 15:17 | イタリア
今月のイタリア家庭料理クラスではサルデーニャの手打ちパスタをご紹介しています。
いつもより時間がかかりますが、皆さん頑張って作った分、美味しく味わって食べてくれているように感じます。⇒こんなパスタです

そんなサルデーニャの伝統的パスタマッロレッドゥスに合わせて、サルデーニャの赤ワインを取り寄せました。
とっても美味しいカンノナウです。
サルデーニャを代表するブドウ品種ですね!

サルデーニャの赤といえばカンノナウ
覚えておきましょう!

Cannonau di Sardegna DOC 2013
e0078071_17222611.jpg

ワインの名前はSARTUGLIAサルティーリアと言います。
ラベルが魅力的なワインです。
サルティーリアはサルデーニャのオリスターノという町の伝統的なお祭りで、ラベルにもなっているマスケラ(仮面)がそのお祭りの象徴にもなっているのです。
サルティーリアについて書かれているページを見つけましたので、ご興味ある方は⇒こちら

私事、10年ほど前に友人の実家を訪ねて、オリスターノの町に10日間ほど滞在したことがあります。
午前は毎日一人でビーチに出かけて、午後は友人の妹さんにいろいろな所に連れて行ってもらいました。
貴重な経験です。

マスケラ(仮面)といえば、ヴェネツィアを思う出す方がほとんどだと思いますが、オリスターノもマスケラの町でした。
お土産屋さん、雑貨屋さん、いろいろな所で大小さまざまはマスケラを見かけました。

記念にと思い、小さなマスケラを買いました。
そのマスケラはさり気にリビングの食器棚に10年も飾られているのですが、きっと誰も気がついてはいないと思うのです。
私自身もそれほど気に入って買ったものではなかったけれど、こうしてワインラベルに書かれているマスケラを見ると、オリスターノでの思い出がよみがえってきて、何気に買った小さな安物のマスケラがとても愛おしくなるものです。

思い出と経験は財産だな~としみじみ感じるのは、私が年をとったから???
だとすれば年を重ねるのもまんざら悪くはないよね。
いろいろなことに気づくことができるわけだから。。。



お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-08-17 17:59 | ワイン
Vino Hayashi 8月のお届けのワインは、日本ではなかなかお目見えすることのできないヴァッレ・ダオスタ州のワイン赤白セットです。

ヴァッレ・ダオスタ州と聞いて、すぐに分かる人はなかなかのイタリア通です。
イタリアの中でも一番小さな州です。
ピエモンテ州の北側に位置していて、スイスとフランスに国境を接しています。

残念ながら、私も足を運んだことがないのですが、トリノに住んでいるイタリア人の友人の実家がアオスタ(ヴァlルレ・ダオスタ州の州都)にあるそうで、いつかは行ってみたい場所ですね~
お写真だけ載せておきます。
こんな感じの場所なのかな~

e0078071_1355431.jpg

ヴァッレ・ダオスタで造られているブドウはピノ・ノワール、ガメイ、ミュラー・トゥルガウなどのフランス特有の品種も多いようです。
そしてイタリア全土で言えることですが、近年はその土地ならでは土着品種の生産も盛んのようですね。

今回のワインは赤白ともに土着品種です。
赤・・・フミン、白・・・プティ・アルヴィーヌ   
両方とも果実味が大変豊かです。
お料理に合わせる以外にも、単体でも楽しめるタイプなので、チーズなどと一緒にいかがでしょうか。

マリアージュレシピはこの果実味を生かせるお料理をご提案してみました。
こちらは私の過去の自宅クラスでご提案したメニューでもあります。

ローストチキン イチジクの赤ワインソース添え
e0078071_14135190.jpg

赤のフミンには、これから旬を迎えるイチジクソースでいただくお料理です。
ちょっと贅沢ですが、今夜飲もうかな~と思っているワインボトルから1杯だけお料理に譲っていただき、それを使うと本当に美味しい1品になること間違いないです!

鶏肉のトンナート
e0078071_14153490.jpg

円やかな果実味をもつ白のプティ・アルヴェールには、円やかな味わいのお料理を。
おつまみ系で楽しめるので、ゆっくりワインを楽しみたい時にいかがでしょう。
これにチーズがあれば、かなりの時間粘れますね!

マリアージュレシピは⇒こちらからご覧になれます。

今月はこんな感じです。


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-08-16 14:23 | マリアージュレシピ
8月のイタリア家庭料理クラスはサルデーニャの手打ちパスタマッロレッドゥスがテーマです。
マッロレッドゥスの記事のブログは⇒こちらをご覧ください。

それに合わせて、もちろんワインはサルデーニャの赤を用意しています。
そして赤に合わせたアンティパストとして、グリル料理をご提案しています。

夏野菜と海老のグリル
e0078071_20562636.jpg

私は常々グリル料理には赤ワインが合う!と思っています。
魚介には白ワイン♪と思っている方も多いと思いますが、焦げた香ばしい味わいのお料理にはやっぱり赤ワインがいいと思います。

夏はグリル料理が食べたくなる季節!
だから赤ワインも冷やして飲むのが美味しいのです!

パッと見はBBQのように見えるグリル料理ですが、塩、こしょうをしてオリーブオイルでマリネするのがイタリア流です。
今回は赤ワインとの相性も考えて、にんにくとイタリアンパセリも一緒にマリネします。

グリルの海老は有頭海老がおススメです。
頭がついた海老にはミソがたっぷり!味わいがしっかりしていて、これが赤ワインとの相性をさらに助けてくれます。

本当は頭もつけてグリルしたかったのですが、おミソが焦げてお部屋の中がモクモクになってしまうので、今回は泣く泣く頭は取って焼きました。
火災報知が鳴ってしまったら、怖いですから~

夏野菜はズッキーニと赤ピーマンを使いましたが、アスパラやナスなどでも美味しくいただけます。
お好みの夏野菜でお試しくださいね~


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-08-15 21:39 | イタリア料理
今年はお盆真っ只中に8月のイタリア家庭料理クラスを開講しています。
夏休みシーズンの8月はお休みされる生徒さんも多いので、今月はチマチマと作る手打ちパスタをテーマにしてみました。

サルデーニャの伝統的な手打ちパスタマッロレッドゥスです。
何度言っても、カミそうになる名前です。
サルデーニャの方言で「仔牛」という意味だそうです。
イタリア全土では一般的にGnocchetti sardi (サルデーニャの小さなニョッキ)と言われてるパスタです。

マッロレッドゥス

e0078071_1815183.jpg

サルデーニャの手打ちパスタの特徴は、小麦と水だけで作ることだそうです。
卵や塩などは入れません。
そして本場ではセモリナ粉100%で作ることがほとんどだとか。。。

パスタマシーンを使わずに作れるので、マシーンをお持ちの方でなくても、お家で作れます。
皆さんにも気軽にご自宅で作ってもらいたいな~

もちろんソースにもこだわりました。
ソースはサルシッチャ入りのトマトソースです。
サルシッチャはイタリアの生のソーセージなのですが、サルデーニャのサルシッチャをイメージした即席のサルシッチャを手作りします。

手作りサルシッチャは普通の挽肉だけでは出ない旨味を引き出すことができます~
生徒さんからも大好評です。
色々なショートパスタで合わせて食べてほしいソースですから、こちらも是非是非ご自宅で試してほしいです。


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-08-13 18:28 | イタリア料理
今日は占星術アロマセラピストとしてのメッセージです。

先日の獅子座の新月のイベントでは、獅子座的なパワーフードを楽しんでいただけながら、お星様のお話をさせていただきました。
(お話しに夢中で写真を撮らなかったのが悔やまれるのですが・・・)

人は誕生日によって12の星座に分類されることは、皆さんにご存知のことですね。
これは一般的な「星占い」で使われている星座です。
生まれた時に太陽があった星座なので、占星術では太陽星座と言います。
ほとんど方は自分の太陽星座はご存じのはず、たとえ知らなくても誕生日から容易に知ることはできます。

では、ご自分には他にも大切な星座があることはご存知でしょうか?
特に重要なのは、月星座
生まれた時に月が何座にあったのか?ご自身の月星座を知らない方がほとんどだと思います。

太陽は自分の本質を表す星座であるとしたら、
月は無自覚の自分の心、安心できる感覚なのです。 


e0078071_1301129.jpg


太陽星座が同じでも、月星座が違えば、それぞれ異なる人格になるわけです。
星読みイベントでは、太陽星座、月星座のお話をはじめ、皆さんの月星座を知っていただいた上で、簡単な性格診断もさせていただきました。


次回は 乙女座の新月「星読みランチ会~アロマスプレー作り」 のイベントを開催します。
乙女座的なお食事をしていただきながら、お星さまの話を聞いていただきます。
もちろん簡単な性格診断もさせていただきます。
最後は参加者が元気になれるオリジナルアロマスプレーを作りましょう。

日時   9月1日(日)11:30~14:30
参加費  5,000円
定員    6名


参加ご希望の方はPrimoPiattoのサイトよりお問い合わせください。


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-08-12 13:10 | 占星術アロマテラピー
昨夜は久しぶりにドレスアップして出かけました。
グランドハイアットでイタリア料理教室協会の10周年記念パーティがあったのです。
イタリア料理教室の先生やその生徒さんたちが集まり、100名ほどの大きなパーティでした。
夜のパーティということもあり、皆さんとても華やかでした~

e0078071_2184569.jpg

イタリア料理界の大先輩の長本和子先生もお見えになっていて、これからのイタリア料理界を担っていく私たちに心に響くお話をしてくださいました。

イタリア料理がなぜ私たち日本人の心を打つのか?
それはイタリア料理は「おっかさんが家族のために作る」日常的なものだから。
イタリア料理の歴史はマンマの家庭料理がベースになっているのです。
材料の数も少ないけれど、貧しいながらも、お母さんが家族のことを思い、工夫して作られたものだから、私たちの心を打つのです。


私たち日本人に通ずるものがありますよね?
海外には食事は外食や中食が基本、家ではほとんど料理は作らず、プロが作るものを食べる。という国も少なくありません。
私たち日本人は昔から自分たちの食べるものは自分たちが作ってきました。
だから私たちはイタリア料理に心をうたれるんですよね。

e0078071_2127226.jpg

写真の(右)は長本先生、そして(左)が協会の理事の岸先生。
10年前に全国のイタリア料理教室をまとめようと動いた岸先生の行動力は素晴らしいと今となって思うのです。
当時は同業者同士の意見交換などというのは考えられない時代でしたから・・・
その時期に今の形の原型を立ち上げた岸先生はとても友愛精神に満ちた方だと、心から尊敬できるのです。

私は日本でイタリア料理教室を主宰している先生はとても勉強熱心な方が多いと常々思っています。
イタリアに出向き、皆さん努力されて、色々なことを吸収されています。
そのことでコンプレックスを感じたことがあるのは事実。

私はなかなかお勉強モードにならない性質(タチ)で、全然勉強熱心ではないのですが、じっくり長くイタリアに滞在しながら、普通の日常の生活をおくることで、知識というくくりには当てはまらない何かを身につけているようには感じています。
イタリア料理は日常ならば、私はしっかり日常に入り込んで、言葉には言い表せない何かを自分のものにできているような気もします。
そんな風に思えるのは、14年間イタリア家庭料理を続けてきた自信なのかもしれません。

10周年記念パーティでいろいろな方にお会いして、いろいろな方とお話をして、久しぶりに自分の心と向き合っています。
正直なところ、一人で参加したので、それほど楽しく過ごせないかも。。。と思いながら、会場に向かったのですが、思いのほか知り合いが声をかけてきてくれて・・・とても楽しい時間を持つことができたのです。
本当に足を運んでよかった~と思っています。

最後に私のドレスアップ姿を・・・ちょっと頑張ってみました~
髪の毛もお蝶夫人のようにしてもらいました。。。

e0078071_21534313.jpg


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-08-10 21:56 | 私からのメッセージ
7月の末の話になります。

私がアンバサダーを務めているパスタブランドQuintalunaの地、南イタリアのサレルノからMarco氏がQuintalunaをはじめ、その他サレルノの食材のプロモーションのために来日したのです。
東京では私の自宅教室にて、7/26(金)、7/27(土)、7/30(火)の3日間お料理イベントを開催しました。

Marco氏はお料理のプロではありませんが、ほぼ毎日自宅のキッチンに立ち、家族のために料理を作るそうです。
Quintalunaの社長と親しい仲で、昨年のブランド立ち上げの時からQuintalunaに深く関わっていることもあり、今回は南イタリアの家庭でよく食べられているパスタ料理をおしえていただきました。

e0078071_11221347.jpg

今回のイベントでは、Marco氏が料理のデモンストレーションを行い、私はアシスタント&コーディネーター&通訳的な立場でお手伝いさせていただきました。

そして、Quintaluna公認アンバサダーとして、職人手作りのQuintalunaパスタとその他の工業製品との違いや食べ比べなどの講師の役割を担いました。
違いについて改めて別の機会に書きたいと思いますが、以前ペンネの違いについてこちらのブログに書きましたので是非ご覧ください。

今回のイベントでは2種類のパスタ料理をイタリア文化満載でご紹介いただきました。
盛り付け方もイタリア流ですね。
それほど美しさにはこだわらないのです~~~

こちらはPASTA PATATE じゃがいものパスタ
手作り風のフジッリ(らせん状のショートパスタ)を使用しました。
溶けるタイプのチーズが入っていて、ビヨ~ンとのびます~

e0078071_1136669.jpg

そしてこちらが海老とズッキーニのパスタ
ペンネを使用しました。
イタリアでは海老とズッキーニの組み合わせは定番中の定番です!
ズッキーニがクリーミーになるほど、しっかり火をいれます~

e0078071_11362140.jpg

いつもレッスンでは「イタリアでは〇〇なんですよ~」など、本場イタリアでのことをご説明していますが、日本人が何度も言うよりも、実際にイタリアの方にデモンストレーションをしていただいた方が、ずーっと説得力があるな~と思ってしまいまいました。

Marcoさんと私はイベント初日の1時間前に顔合わせをして、打ち合わせもままならないままに始まってしまったのですが、日に日に息が合ってきて・・・
参加してくださった皆さんが笑顔だったので、きっとうまく行ったのだと思っています。
素敵な夏のイベントになりました!


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-08-06 12:27 | Quintaluna
今日は友人のクラウディアさんのお宅へ。。
サルデーニャ出身の彼女は月に2回ほど知り合いの方を対象にサルデーニャのお料理をご紹介するレッスンを開催しています。
特に手打ちパスタがお得意で、珍しいパスタをおしえてくれます。

私も最近は(土)(日)の仕事も増えているので、なかなかスケジュールが合わないのですが、スケジュールが合う時に時々伺っています。

e0078071_1929330.jpg

今日はおしえていただいたのは、Raviori di Pesce お魚のラビオリ
ラビオリの中身は新鮮なキンキです。
シンプルでとてもデリケートなラビオリなので、ソースもシンプルなものがおススメ!
トマト+バジルのシンプルソースにバジルのペーストでアクセントをつけました。

e0078071_19464472.jpg

何度かラビオリを作ったことがありますが、中身がお魚というのは初めて!
サッパリとしていますね~
久しぶりにラビオリ作りをして、お教室でもラビオリ作りたくなりました~
来年早々ラビオリやろうかな?

アンティパストには Frittelle di Pesce Spada カジキのフリット
セモリナ粉を使うのがサルデーニャ風です。
シチリアや南イタリアの方と調理の方法が似ているな~と感じます。

e0078071_19364888.jpg

最近になって、セモリナ粉と薄力粉をどのように使い分けたらいいのか・・・
分かってきました。
これもクラウディアさんのおかげかな~

「五感」の星座「牡牛座」の私は頭で理解することは苦手です。
経験を通して、物事を確実に自分のものにしていきます。
時間はかかるけれど、一度体を通して理解した知識は忘れることなく、しっかりと活用・応用していける星座なのです。
じっくり、しっかり・・・これが牡牛座だ!
そう考えると私はまさしく牡牛座なのです。
(最後は占星術アロマセラピストのつぶやきでした)



お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-08-04 19:54 | イタリア料理
2週間前から風邪の症状が抜けず・・・
ようやく今日あたりから体が楽になってきました。

1週間前のことになりますが、男性も気軽に参加できるビジネスマンのためのイタリア料理のイベントを開催しました。
昨年の4月から始まった料理イベントも今回で7回目を迎えました。

最初は男性限定で開催していたイベントですが、「女性も参加したい!」というリクエストもあり、今年からは男女共に参加できるスタイルで募集しています。

第7回目のテーマは「ニョッキを作ろう!」
男性4名、女性6名、そしてスタッフ4名で賑やかな会になりました~

e0078071_19205560.jpg

先ずは参加者全員でお料理を作っていきます。
日本人は恥ずかしがり屋さんですから、男女が左右で真っ二つに分かれてしまいますが、時間と共にバラケテきます。。

e0078071_19244519.jpg

e0078071_19245431.jpg

食事会ではVino Hayashiのワインと共にお料理を楽しみます。
全てがクオリティの高いワインばかりなので、それを楽しみに参加される方も多いのです。
生産者のワインへのこだわりや立地条件なども、スタッフがプレゼンしながら会は盛り上がっていきます。

e0078071_2144954.jpg

写真はスタッフが撮ってくれていますが、まだ私の手元に届いていないのです。
今日は私のi-Phoneで撮ったもので紹介させていただきました。
また写真が届いたら、改めてブログに紹介したいと思っています。

ニョッキのイベントなのに、ニョッキの写真はこれ1枚だけ・・・
シンプルなトマトソースに合わせた「じゃがいものニョッキ」です。

e0078071_19333277.jpg

次回のイベントは11月末または12月の初め頃になると思います。
テーマは「赤ワインに合わせるお料理のポイント」にしようかな~
もっともっとワインとお料理の組み合わせなどをご提案していけたら。。と思っています。


お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/料理写真家 星野佳代
男性も気軽に参加できる料理イベントなど
ビジネスマンのためのイタリア料理 FaceBookページ
by kayoprimo | 2013-08-03 19:37 | イタリア料理教室

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31