心を込めて

【心を込めて】

トリノ日伊文化交流協会「櫻」の夏のパーティにて、お抹茶点前のデモンストレーションをさせていただきました。


e0078071_17301817.jpg


日本を愛してくださる大勢のイタリアの方にお点前を見ていただける喜びを感じながら、心を込めてお抹茶を点てました。


e0078071_17315183.jpg


皆さん興味深く見て下さり、終わった後には拍手がわきました。

そして「ありがとう」と日本語でご挨拶に来てくださる方も。


e0078071_17312571.jpg


お客様の代表としてお二人にお座りに私が点てたお抹茶を飲んでいただき、裏では70人分の点て出し(カップにて)が行われていました。


この日は小紋に見える浴衣に玉虫色の名古屋帯。帯揚げは着物と同系色のパープル。夜なのでシックな装い。全体的に控えめな色味だったので帯締めだけはパキッと華やかに 。


トリノに来て沢山のご縁をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

私の夢が叶ってます♪




# by kayoprimo | 2019-06-25 17:24 | お抹茶愛好家

ミラノのレンタルショップWajakuさんのアトリエにてお抹茶のワークショップを開催させていただきました。


e0078071_05285053.jpg



午前の部はイタリア人が対象

日本が大好き、着物が大好きなイタリア人の女の子たちが4名集まってくれました。


e0078071_17231894.jpg


2人はお着物を着て参加。

そしてリミニから4時間かけて参加してくれた方もいらっしゃいました。

嬉しいですね〜。


午後の部はミラノ在住日本人の回

生憎ほとんどの方が夏休み帰国中でしたが、お二人を対象にレクチャーさせていただきました。


e0078071_17240293.jpg


ウェルカムティーは「新茶」をお出しして、美味しいお煎茶を楽しんでいただきました。


e0078071_05292115.jpg


ワークショップではお抹茶二服とお菓子二種。

一服目のお抹茶は私のお点前で、二服目は実際に茶筅を持って皆さんに点てていただきました。


すでにお家で点てたことのある方、初めて茶筅を持つ方さまざまですが、皆さん正しい点て方のレクチャーを受けるのは初めて。

緊張して力が入ってしまう方もいらっしゃいましたが、最後は皆さんキレイな泡がたちました。


e0078071_17243591.jpg


お菓子は主菓子としてトリノの日本料理のMIYABIさんにオーダーした「羽二重餅」を。

干菓子は日本から持参した虎屋さんの落雁「推古」をご用意しました。


e0078071_05295035.jpg


羽二重餅の写真がないので、レストラン食べに行った時の写真です。

お餅がとても柔らかくて、イタリア人にも好評でした。

胡麻餡です。


日本の方はもちろん和菓子の味を懐かしく感じて下さり、イタリア人の方々は興味を持ってじっくりと味わってくださいました。


日本が大好きな方々に日本のものを喜んでもらえることって、本当に嬉しいですね。


e0078071_05313283.jpg


普段に楽しむお抹茶なら、何も考えずにお抹茶の味を楽しめばいいのですが、せっかくなのでお茶会風にフォーマルないただき方もレクチャーさせていただきました。


一回じゃ上手くできないよね。

私もそうでした。

でも回数を重ねる毎に自然にできるようになってくるんですよね。


e0078071_05560992.jpg



皆さま、とても楽しんでくれて、お抹茶を身近に感じてくれたようです。

初めてのチャレンジでしたが、素敵なワークショップになったと思います。


皆様から「とてもリラックスした気持ちになった」「一つのことに集中して心が落ち着いた」など、私がお抹茶に感じている感想を聞けたことも驚きでした。

言葉にしなくてもしっかり伝わった!


今後もまたミラノでお抹茶ワークショップ開催することになりそうです。


e0078071_05370335.jpg



おぼつかないイタリア語も、なんと運が良いことに日本語ペラペラのイタリア人の女の子(ヴェネツィア大学日本語学科卒)に助けられて、ラッキーでした。

それでもかなり頑張ってイタリア語で説明しましたよ


e0078071_17254812.jpg



Wajakuオーナーの池田眞美子さんとは不思議なご縁で知り合いました。

私がミラノのアトリエに押しかけて、ワークショップか実現。

眞美子さんには大変お世話になり、感謝の気持ちです。


ありがとうございます。

Grazie mille!


e0078071_05570739.jpg


# by kayoprimo | 2019-06-18 01:28 | お抹茶愛好家
フィレンツェに住む友人のYukaさんがトリノに遊びに来ました。
トリノの素敵なところをYukaさんにご紹介したく、私も観光客気分で1日半の時間を一緒に過ごしました。

サボィア家のもとに発展を遂げたトリノの町。
トリノ観光では王宮は欠かせません。
と言いつつ、初めての王宮見学へ。
王宮内の素晴らしい内装にうっとり〜素敵。

e0078071_04340649.jpg

e0078071_04342610.jpg


王宮の裏側にトリノのドゥオモ(大聖堂)があります。
そしてドゥオモと王宮は階段で繋がってます。
ドゥオモ側から見るとそれはわからないのですが、王宮側から見ると繋がっていることが分かります。
王宮側から見えるドゥオモの天井は素敵です。

e0078071_04350237.jpg


下の写真は庭側から見た王宮の姿です。

e0078071_04355637.jpg


トリノと言えば、アペリティーボ。
カフェ文化が根付いているトリノの人達はアペリティーボ(食前酒)を優雅に楽しむ習慣があります。

この日は観光客気分でガイドブックなどでも有名な老舗の「カフェトリノ」へ。
一般的なカフェの倍ほどのお値段しますが、歴史のあるカフェでのひと時も悪くないものです。

e0078071_05463759.jpg

e0078071_05462393.jpg

e0078071_05462671.jpg


7年ぶりにトリノのシンボル「モーレ・アントネッリアーナ」へ。
エレベーターで上まで行けます。

e0078071_05504935.jpg

e0078071_05510937.jpg


トリノは上から見るよりも、町を歩いた方が素敵だと思えますが、町の大きさや雰囲気がわかりますね。

「あそこが王宮」「あれが駅」
「こちら側にはポー川が」
そんなことを確かめながら町を上から眺めます。

e0078071_05560016.jpg


大好きなポー川にもお連れしました。
優雅なトリノを流れるポー川も優雅です。
 その日は雲が川に映ってキレイでした。

そしてトリノ一押しの「エジプト博物館」へ。
収集品のクオリティに驚きました。
カイロに次ぐコレクションなんだそうです。
なぜトリノにエジプト博物館が??と疑問に思いますが、昔エジプトのミイラなどの収集に力を注いだトリノ人がいたらしいです。

e0078071_06040428.jpg

e0078071_06042363.jpg


疲れるほど広い館内にカフェもあります。
ちょっとひと休み。
窓から外を見ると、そこにも素敵な建物と景色が見えました。

Yukaさんの帰る時間が近づいてきました。
最後にガレリア内のカフェでピエモンテのドルチェ「ボネ」を。
ここのボネ美味しいの!

e0078071_06101217.jpg


トリノのドルチェは見た目もオシャレです。

トリノの素敵なところをたくさんYukaさんにご紹介するつもりが、私の方が今まで足を運べなかった観光スポットを見ながら、トリノの素敵さを再確認できたような気がします。

やっぱりトリノは素敵なところです。

# by kayoprimo | 2019-06-14 04:26 | トリノ生活

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、お抹茶、おしゃれ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30