カテゴリ:お抹茶愛好家( 28 )

素敵♪こんな「初釜」

もう2か月ほど前のお話です。

茶人、墨絵アーティスト、イベントプロデューサーなど、多彩な肩書をお持ちの藤原先生の「初釜」にお招きいただきました。

素敵♪こんな「初釜」_e0078071_17522101.jpg


赤坂のタワーマンションの一室にこんなに素敵なお茶室があるなんて。。

クリエイティブなお方のお茶事はサプライズ感満載でした。
八寸はシャンパーニュでした。
この感じは私のテイストにドンピシャです。

素敵♪こんな「初釜」_e0078071_17524643.jpg


隠し撮りされておりました。
私、とっても嬉しそうな顔してる!

お濃茶のお点前が舞のように美しくて、それを写真におさめることができないのが残念でした。
お茶事では基本写真はNGなのです。


素敵♪こんな「初釜」_e0078071_17544866.jpg


終了後に記念撮影とお花の撮影だけはできました。
素敵なお茶事とご縁に感謝です。

素敵♪こんな「初釜」_e0078071_17571164.jpg

TPOに合わせたお着物コーデを考えることも楽しい♪
この日は初釜なので、華やかながらも派手にならないことが大切。
キレイ目の訪問着に、個性的ながらも春らしい色合いの帯をチョイスしました。


素敵♪こんな「初釜」_e0078071_17581410.jpg


あれから何度も予定しているお茶事やお茶会が中止になり、お着物を着る機会もなくなってしまいました。
かなり寂しい気持ちになっておりますが、早く穏やかな時間を茶友と一緒に過ごせる日が戻ってくることをこころから願っております。


by kayoprimo | 2020-04-06 17:38 | お抹茶愛好家

お福分けのお茶会

1か月前のことです。
京都の旅で手に入れた和菓子とお抹茶をみんなで楽しみたいと思い、
いつも仲良くして下さっている方をお招きして、「お福分けのお茶会」をしました。

お福分けのお茶会_e0078071_16273855.jpg


今まで自宅でのお茶会は洋服でお迎えしていましたが、
今回は初めてお着物に初チャレンジ!
春らしい淡いピンク色のお着物に帯締めと帯揚げで色遊び。

『伊と和の融合』が私スタイル。
白ワインで乾杯!
簡単なイタリアンのお食事からスタートです。

お福分けのお茶会_e0078071_16282323.jpg


お着物を着てしまったので、お料理はそれに相応しいメニュー選びを心掛けました。
・季節のアンティパスト3品
イワシのスカペーチェ、新にんじんのラぺサラダ、
新じゃがと菜の花に玉ねぎドレッシングを添えて
・和風ライスサラダ

お福分けのお茶会_e0078071_16292872.jpg

お福分けのお茶会_e0078071_16292916.jpg


お抹茶は宇治でGetしたものを2種類ご用意。
お薄で二服お出ししました。
東京では手に入れられないであろうお抹茶です。
・利休好み御濃茶「初むかし」 三星上林三入
・「極昔」 寺島屋彌兵衛商店

お福分けのお茶会_e0078071_16303183.jpg

お福分けのお茶会_e0078071_16303240.jpg


「初むかし」には俵屋吉富さんのお菓子『春の山』を合わせました。

お福分けのお茶会_e0078071_16321979.jpg




そして「極昔」は雛祭りのお干菓子を。
俵屋吉富さんの『麩焼煎餅 雛』と亀屋則克さんの『桃と貝づくし』

お福分けのお茶会_e0078071_16324834.jpg

お福分けのお茶会_e0078071_16324942.jpg

お福分けのお茶会_e0078071_16324907.jpg


そして最後に亀屋清永さんで買ったお菓子も出しちゃった!

お福分けのお茶会_e0078071_16402641.jpg


楽しい時間でした。
皆さま、ありがとうございました。
また世の中が落ち着いた頃にお茶会を企画したいと思います。

お福分けのお茶会_e0078071_16410529.jpg




by kayoprimo | 2020-03-30 16:23 | お抹茶愛好家

春の光

「茶杓は茶人の刀」
茶杓は茶人が自由に自己表現できる数少ないお道具の一つ。
自分で竹を削ぎ、心を宿す。
削った人の人格や思いが茶杓には表れるそうです。

春の光_e0078071_20312705.jpg


ようやく私にも茶杓作りのタイミングがまわってきました。
天からお許しが出たのかしら。

繊細ながらも芯の強い女性をイメージして初めての茶杓作りがスタートしました。

春の光_e0078071_20325871.jpg


ど素人が初めてにも関わらず、大それたイメージを持ってしまったものです。
繊細なイメージに近づけるわけがない。

竹を削ることの大変さを感じながら、先生のお力もお借りして、2時間半後にようやく初めての茶杓が出来上がりました。

繊細からは程遠いですが、やはり茶杓にはその人の人格が表れるようです。
「素直な茶杓」と感想をちょうだいしました。
私の真っ直ぐな性格が出てしまったようです。

春の光_e0078071_20391700.jpg


銘は「春光」と名付けました。
春の柔らかな光は、生まれたての無垢な光

「春光」は春の光だけでなく、春の景色を表す季語だそうです。

春はスタートの季節
生命が宿り、大きく育つイメージ
ほんのりと見える胡麻竹のつぶつぶが、春の入り口からの景色に見えてきませんか?

茶杓作り、大変良い経験ができました。
もしも2回目があるなら、もっと繊細な茶杓を目指したいと思うのです。

by kayoprimo | 2020-02-11 20:22 | お抹茶愛好家

KOKORO❤️

私たちのドルチェが出来上がりました。
名前は『KOKORO❤️』
KokoroのKはKayoのK
koKoroのKはKintsugiのK
KayoとKintsugiの心を一つのグラスに。

KOKORO❤️_e0078071_18053936.jpg


2019年のトリノ生活の中で深い繋がりとなったKintsugiカフェ。
美味しいお抹茶の点て方などの監修を依頼され、一緒にコラボイベントを開催したり。
互いにとって奇跡の出逢いだと確信しています。

KOKORO❤️_e0078071_18062930.jpg

KOKORO❤️_e0078071_18075481.jpg


三層になったこのドルチェは『伊トリノと日本の出逢い』がテーマ
私がアイディアを出し、Kintsugiのフランチェスカが形にしました。
若干27歳のKintsugiのオーナー。
とても素敵なスウィーツを考え出す天才です。

KOKORO❤️_e0078071_18114577.jpg


一層目はヘーゼルナッツ入りの小豆クリーム
二層目はトロトロの抹茶入りパンナコッタ
三層目はほうじ茶とヘーゼルナッツのクランブル

日本にいる私KayoとトリノのKintsugiとの出逢いを記念するドルチェ第一号です。

KOKORO❤️_e0078071_18165024.jpg

トリノのKintsugiにてお求めになれます。

私自身はまだ味見はできてませんが、天才が手がけたスウィーツなので、間違いなく美味しいと信じています。
私も早くトリノに行き、私たちのKOKORO❤️を食べたいです。

Kintsugi tea&cakes
Via Monte di Pietà, 17c Torino


by kayoprimo | 2020-01-18 17:58 | お抹茶愛好家

初釜にて

テーブル茶道Happylifeの初釜に行って参りました。

初釜にて_e0078071_16473772.jpg


今年の初釜は2部制で行われました。
私はテーブルだけにとどまらない茶の湯の学びを深める【総合クラス】に在籍しています。
1部では亭主側の立場から、2部では客側の立場から学びを深めることができました。

初釜にて_e0078071_19535045.jpg

初釜にて_e0078071_19535120.jpg


始まりは大澤先生の挨拶から

【1部】
小間でのお点前担当の大役を仰せつかり、僭越ながら心を込めて点てさせていただきました。
心地よい緊張感と集中の時間。
小間は小さな宇宙空間ですね。
滞りなく無事大役を終えることができたのも、半東さん、お運びさん、裏でお抹茶を点ててくれたメンバーのサポートがあってのこと。
心から皆さんに感謝です♪

初釜にて_e0078071_16491809.jpg

初釜にて_e0078071_16491954.jpg


【2部】
大澤先生がご亭主となり総合クラスのメンバーにお濃茶を振る舞ってくださいました。
今度は客の立場として席につきます。

初釜にて_e0078071_20044341.jpg

濃茶は3〜4人で一つのお茶碗を回し飲みします。
お正月限定「金銀の嶋台茶碗)と初釜ならではのもの。

初釜にて_e0078071_20051314.jpg


主菓子は『常盤饅頭』
表千家の初釜には欠かせないお菓子です。
真っ白なお饅頭の中から色鮮やかな緑色の餡が出てきます。
真っ白な生地は雪を、緑は冬の寒い時期でも枯れない松の生命力を表しているそうです。

初釜にて_e0078071_20054745.jpg

初釜にて_e0078071_20054828.jpg


亭主の立場から、お客の立場から、大変学び多き初釜となりました。
2020年はさらに深くお茶の世界を探求していきたいと思っています。

初釜にて_e0078071_20081795.jpg


by kayoprimo | 2020-01-13 10:57 | お抹茶愛好家

Kintugi evento 第2弾


Abbiamo fatto il secondo evento di Matcha a Kintugi Torino.

Ringrazio i tutti amici e clienti.


お客様からのリクエストにお応えして、Kintugiの仲間と2度目のお抹茶イベントを開催しました。


Kintugi evento 第2弾_e0078071_04183574.jpg


今回のイベントはKintugiカフェでお抹茶のオーダーが入ったら、私がお客様の目の前でお点前付きでお抹茶をサービスするというもの。


Kintugi evento 第2弾_e0078071_04221641.jpg


沢山のイタリアの方にお抹茶を楽しんでいただきたいと願い、今回のトリノ滞在では私の願いが叶いました。

このイベントでは24名の方にお抹茶をお点てることができました

日本からフィレンツェからの友人も駆けつけてくれました。


11月Kintugiイベントを含めると67名の方にお抹茶を楽しんでいただいたのです。

皆さま、本当にありがとうございました。


Kintugi evento 第2弾_e0078071_04180982.jpg

Kintugi evento 第2弾_e0078071_04213468.jpg


もっとも印象深かったのは、二人の子供がお点前を見てくれたこと。

子供は大人以上に真剣にその空気感と時間を感じてくれる。

ジッと見つめる小さな女の子。

背筋をピンと伸ばした侍のような男の子。

心を込めて点てたお抹茶を心で受けてくれました。


Kintugi evento 第2弾_e0078071_04190835.jpg


そして多忙の中、立ち寄ってくれた友人のイザベッラもいつもとは違う私の佇まいに感動し涙。。。私もつられ涙。

トリノで親友と言える友人ができたことも私にとってかけがえのない財産です。


Kintugi evento 第2弾_e0078071_04162527.jpg


そしてKintugiの仲間たち。

若いのにみんな仕事ができる!

そして可愛い!

運命の出逢いに心から感謝!

また一緒にお抹茶イベントができるといいねぇ。

素敵な時間をありがとう。


Kintugi evento 第2弾_e0078071_04171109.jpg

Kintugi evento 第2弾_e0078071_04203939.jpg



by kayoprimo | 2019-12-08 04:06 | お抹茶愛好家

【お抹茶でイタリアと繋がりたい】


トリノのお茶屋さんCamellia - Il tempo del tèとコラボでお抹茶ワークショップを開催しました。


お抹茶でイタリアと繋がりたい_e0078071_22551219.jpg


ご挨拶はイタリア語で、ワークショップそのものは友人の美絵さん(トリノ在住25年)にお手伝いいただきました。


お抹茶でイタリアと繋がりたい_e0078071_22523873.jpg


最初は参加者の心を掴むために、静かにお抹茶のお点前をご披露します。

その後は楽しくワークショップに移ります。


お抹茶でイタリアと繋がりたい_e0078071_22530581.jpg


Camelliaさんでお取り扱いのあるお抹茶2種類(狭山茶と宇治茶)を参加者それぞれに2回点てていただきました。

そしてお抹茶の美しいいただき方もレクチャーいたしました。


お抹茶でイタリアと繋がりたい_e0078071_22534935.jpg

お抹茶でイタリアと繋がりたい_e0078071_22570997.jpg


お抹茶には和菓子2種類とチョコレートを合わせました。


お抹茶でイタリアと繋がりたい_e0078071_22543198.jpg

お抹茶でイタリアと繋がりたい_e0078071_22575360.jpg


質問攻めにあい、とてもアクティブなワークショップになりました


お抹茶でイタリアと繋がりたい_e0078071_22550848.jpg


初夏の頃、ゼロの状態でやってきたトリノの町。

トリノには沢山のご縁があり、Camellia さんとのご縁も自然な流れの中で生まれました。


お抹茶でイタリアと繋がりたい_e0078071_22553238.jpg


素敵なインテリアのお茶屋さんでワークショップができるなんて、半年前の私には想像もできなかったこと。

嬉しいですね。


日々精進します。

ありがとうございました。




by kayoprimo | 2019-12-01 22:45 | お抹茶愛好家

ミラノのWajaku(和寂)さんのアトリエで日本人の方を対象にお抹茶のワークショップを致しました。

ミラノ在住の方を中心にベルガモ、そしてフィレンツェからもお越しの方もいらっしゃいました。

皆さまに心から御礼申し上げます。


ミラノでお抹茶ワークショップ_e0078071_04594109.jpg


ウェルカムティーは「加賀棒茶」

ご存知ない方がほとんどでしたね。

茎茶を焙じたもので、加賀(金沢辺り)のお茶です。

最近は東京でも手に入るようになりましたが、数年前までは私も知らなかった金沢のお茶です。


ミラノでお抹茶ワークショップ_e0078071_04565333.jpg

ミラノでお抹茶ワークショップ_e0078071_04590339.jpg


お抹茶は上林春松本店のものを2種。

飲み比べを行いました。

・口切御抹茶(新抹茶)「若林の白」

緑のフレッシュな味わいが口いっぱいに広がりました。

・表千家猶有斎御好 「三日月の白」

バランス良く、円やかな味わいでした。


ミラノでお抹茶ワークショップ_e0078071_05002496.jpg

ミラノでお抹茶ワークショップ_e0078071_04574677.jpg


日本よりお干菓子2種

・「花面」京都長久

・「柚子そうめん」源吉兆庵

トリノよりGuida Castagnaのチョコレートをお持ちしました。


ミラノでお抹茶ワークショップ_e0078071_04595447.jpg

ミラノでお抹茶ワークショップ_e0078071_04595648.jpg


お抹茶と湯の割合、湯の温度など。

疑問に思ったことを積極的に質問していただき、アクティブなワークショップとなりました。


ミラノでお抹茶ワークショップ_e0078071_05033383.jpg

ミラノでお抹茶ワークショップ_e0078071_05033835.jpg


海外にいるからこそ、日本の文化に興味を抱き、日本の素晴らしさを実感されているご様子。

是非ご家庭で、そしてお客様へのおもてなしにお抹茶を楽しんでいただけると幸いです。

ありがとうございました。


by kayoprimo | 2019-11-23 04:54 | お抹茶愛好家

【茶の湯とはただ湯をわかし茶をたててのむばかりなる事と知るべし】


感動的な瞬間〜そして涙のワークショップ in ミラノ_e0078071_20503800.jpg


ミラノのWajaku(和寂)さんで第2回目となるお抹茶ワークショップを開催しました。

とても感動的な場面があり、私自身が心から感動し涙が溢れてきました。 



1回目のワークショップ(6月開催)はお抹茶の点て方、いただき方、などなどシンプルな内容でした。

その時の様子はこちらのブログをご覧ください。


2回目は少しレベルアップ。

今回は人数が少なかったこともあり、じっくりとお抹茶に向き合っていただけるような内容にしました。


感動的な瞬間〜そして涙のワークショップ in ミラノ_e0078071_20521035.jpg

感動的な瞬間〜そして涙のワークショップ in ミラノ_e0078071_20555213.jpg


エアーでお抹茶のいただき方をレクチャーした後は、実際にご自身で点てたお抹茶をレクチャーに従い飲む練習です。

最後はイタリア人のお二人に私のためにお抹茶を点てていただきました。


感動的な瞬間〜そして涙のワークショップ in ミラノ_e0078071_20561619.jpg


お点前は一切なし、思いのまま一生懸命点ててもらいます。

シーンとした静粛の中、ただただ心を込めてお抹茶を点ててくれる姿に心から感動し、利休さんがおっしゃったお言葉が浮かびました。

「茶の湯とはただ湯をわかし茶をたててのむばかりなる事と知るべし」


感動的な瞬間〜そして涙のワークショップ in ミラノ_e0078071_20565167.jpg


私がイタリアでご紹介しているのは茶道(茶の湯)ではなく、もっとシンプルで日常で楽しむお抹茶の世界ですが、その中でまさかこんな感動的な場面が待っていたなんて驚きです。


言葉が完璧に通じないからこそ、心で繋がることができたのかもしれません。


感動的な瞬間〜そして涙のワークショップ in ミラノ_e0078071_20583512.jpg


水曜日は日本人の方を対象に「暮らしの中にお抹茶を」をテーマにワークショップさせていただきます。

また今日とは違う気持ちで過ごすことになるのだろうと思います。




by kayoprimo | 2019-11-18 20:44 | お抹茶愛好家

トリノのMIYABIさんにて、芸妓の梅葉さんのお茶会イベント。

本来はイタリア人へ日本文化を紹介するのが目的なのでしょうが、大変興味があり参加させていただきました。


はんなりと。。。トリノでお茶会_e0078071_02375220.jpg

はんなりと。。。トリノでお茶会_e0078071_02405402.jpg

はんなりと。。。トリノでお茶会_e0078071_02382325.jpg


芸妓さんの身のこなし、話し方、 お着物など全てが美しくて。

お茶のお点前も私が見たことのないしんなりとしたものでした。

素敵でした。


はんなりと。。。トリノでお茶会_e0078071_02384729.jpg

はんなりと。。。トリノでお茶会_e0078071_02385060.jpg


京都から持参されたお菓子、そしてお抹茶もとても美味でした。

やはり京都っていいなぁ。

永遠の憧れです。


はんなりと。。。トリノでお茶会_e0078071_02391360.jpg

はんなりと。。。トリノでお茶会_e0078071_02391698.jpg


お茶会が終わった後は久しぶりMIYABIさんのお寿司を一人楽しみました。

トリノで美味しいお寿司が食べれる喜び。


トリノにて芸妓さんのお茶をちょうだいできたご縁に感謝♪

そして記念撮影に快く応じて下さった梅葉さん、ありがとうございました♪


はんなりと。。。トリノでお茶会_e0078071_02393334.jpg



by kayoprimo | 2019-11-18 02:31 | お抹茶愛好家

イタリアライフプロデューサー 「料理、ワイン、ライフワーク、旅、ファッション…」 【Benvenuti a casa mia!】Lezione di cucina giapponese e te Matcya TOKYO JAPAN


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30