イタリアの10月は「栗」の季節
街角には焼き栗の屋台が出て、手作りのマロングラッセがお菓子屋さんに並び始めたりします。

フィレンツェでは10月頃から「カスタナッチョ」という名前のお菓子が食べられ始めます。
栗の粉を使った素朴なドルチェです。

カスタナッチョ

e0078071_19574264.jpg

先月(9月24日~10月24日)はイタリアで過ごしておりました。
フィレンツェにて久しぶりにカスタナッチョとの再会を果たしました。

カスタナッチョはお砂糖を使わないドルチェ。
材料もとてもシンプルです。
栗の粉、水、レーズン、松の実、ローズマリー、塩、オリーブオイル

自然な甘さがカスタナッチョの魅力です。
甘~いドルチェの美味しさとは全く違いますが、人々に愛され続けた伝統菓子の良さがあります。

季節限定のドルチェですから、秋にフィレンツェでカスタナッチョを見かけたら、是非一度お試しくださいね。
これこそフィレンツェの秋の伝統菓子なのですから。

e0078071_19575281.jpg


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代
イタリア人向け日本料理教室
Lezione di cucina giapponese Benvenuti a casa mia!

【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。


# by kayoprimo | 2018-11-15 20:35 | イタリア料理教室
11月のイタリア家庭料理クラス
テーマは「10月にイタリアで出会ったお料理」
9月24日~10月24日 イタリアで過ごしておりました。

フリウリ風ロールキャベツ  “ランバシッチ”

e0078071_20455041.jpg

10月のイタリアは秋の訪れを感じる季節。
1日の寒暖差が激しく、暖房設備が整っていないイタリア。
もしかすると日本よりも秋の訪れを早く、そして強く感じるかもしれません。

朝晩の気温が下がってくる頃、自然と温かいものを食べたくなる。
イタリアの煮込み料理の季節が始まります。

私が滞在してた10月、この時期はまだイタリアでは暖房を付けるのはNGの時期。
朝晩はしっかりとセーターを着なければ寒いほどの日もありました。

そんな季節に出会ったイタリア風ロールキャベツはフリウリ地方の郷土料理です。
日本のロールキャベツとはちょっと違います。

1時間以上じっくり煮込むのがイタリア風。
煮込み時間を長くするだけで、味わい深くなります。
キャベツはトロトロ、そしてお肉と一体化になります。
見た目も違うでしょ?

ランバシッチも様々なレシピがあると思いますが、私が出会ったレシピは煮込んだロールキャベツを更にオーブンで焼くのです。
パルミジャーノレッジャーノのたっぷりかけて焼くので、カリカリのチーズも美味しい。
ちょっと一手間、されど一手間。
美味しいお料理を作るためには一手間が大切、とおしえてくれる一品です。


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代
イタリア人向け日本料理教室
Lezione di cucina giapponese Benvenuti a casa mia!

【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。



# by kayoprimo | 2018-11-14 20:58 | イタリア料理教室

パプリカのニョッキ

9月24日~10月24日の1か月間、イタリアに行っておりました。
今年もいろいろなイタリア料理との出会いがありました。

11月のイタリア家庭料理クラスでは「イタリアで出会ったお料理」をご紹介しています。
先ずはプリモピアットについてご紹介します。

パプリカのニョッキ アンチョビバターソース

e0078071_19582245.jpg


「ニョッキ」と聞くと、じゃがいもがベースのニョッキを思い浮かべる方も多いでしょう。
イタリアでもじゃがいものニョッキが一般的ですが、実はさまざまなニョッキが存在するのです。

今月のレッスンでご紹介しているのは、リコッタチーズがベースのニョッキです。
リコッタチーズにたっぷりのパルミジャーノレッジャーノチーズをプラス。
そこに卵黄と小麦粉が入ります。
生地が少し緩めですから絞り袋に入れて、それを絞り出しながらナイフでカットして、お湯に落としていきます。

今回はパプリカの味に仕上げています。
パプリカはオーブン250度で30分ほど焼き、皮や種を取り除いてペースト状にして、生地に加えています。
パプリカから出た出汁はソースに使いますよ。(捨ててはダメです)

パプリカではなく、ほうれん草のペーストを加えても美味しい緑色のニョッキができます。
もしかするとイタリアでは「ほうれん草のニョッキ」の方が知られているかもしれませんね。

ご紹介している「パプリカのニョッキ」に合わせたソースは「アンチョビバターソース」です
私の自信作。
イタリアで「パプリカのニョッキ」を食べた時は別のソースで食べたのですが、私的にはぴん!とこなくて、自分なりのイメージを膨らませて考えたソースです。

生徒さんからも評判も上々です。
私のレパートリーメニューの一つになりそうです。


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代
イタリア人向け日本料理教室
Lezione di cucina giapponese Benvenuti a casa mia!

【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。





# by kayoprimo | 2018-11-12 20:25 | イタリア料理教室

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、お抹茶、おしゃれ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31