2月22日〜2月26日(4泊5日)
途中イタリアからのお客様をご案内しながら、一人旅、二人旅を楽しみました。

初日は一人旅。
お天気は雨。

お昼は手軽に新幹線駅構内のお蕎麦屋『松葉』さんで軽めに済ませます。
京都の人は食べないらしい京都名物『にしん蕎麦』を。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_17160810.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_17160980.jpg


そして向かったのは『大徳寺』
千利休など茶の湯文化との関わりも深い禅寺で、現在24の塔頭(たっちゅう)があるそうです。
(塔頭とは大徳寺の境内にある小寺)

今回は5つの塔頭を巡りました。
その中から庭園が美しかった2つの塔頭の写真をご紹介します。

瑞峰院
「独坐庭」は蓬莱山半島に打ち寄せる荒波を表現しているそうです。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20044115.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20044274.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20044485.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20044799.jpg


瑞峰院はキリシタン大名のゆかりのお寺でもあります。
7つの石を十字架の形に配した石庭「閑眠庭」

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20132900.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20133180.jpg


龍源院
こちらも庭園が有名なお寺です。
わびさび…しっとりとした時間を過ごしました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21030346.jpg

「滹沱底」(こだてい)
中国にある滹沱河の流れを再現した庭園だそうです。


京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21030990.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21031000.jpg


日本一小さな石庭
「東滴壺」(こうてきこ)
このお庭がとても気に入りました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21031350.jpg


わびさび…を求めて、それは何なのか?
難しいですね。
考えながら感じながら、大徳寺を後にします。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21031442.jpg

今回の京都では、和菓子屋さん巡りも目的の一つでした。

大徳寺前には大徳寺納豆のお店が並びます。
その中に気になるお店がありました。
大徳寺納豆が入った干菓子「三彩」を購入しました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21370845.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21370957.jpg


次に向かったのは、『俵屋吉富』小川店
小川店は茶菓子に特化した店舗です。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21430326.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21430494.jpg


ショーケースには沢山の干菓子が並べられていて、心が踊ります。
素敵な干菓子が一つから買うことができます。
幾つか干菓子を購入しました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21450004.jpg


隣接の茶房「茶ろん たわらや」でひと休み。
お抹茶と生菓子をいただきました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21464473.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21464543.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21464679.jpg


翌日は朝一でイタリアからお客様が到着するため、早々と京都から大阪へ移動。
翌日はフランチェスカと一緒に宇治へ行きます。
続く。。。




# by kayoprimo | 2020-03-19 13:34 |

春の光

「茶杓は茶人の刀」
茶杓は茶人が自由に自己表現できる数少ないお道具の一つ。
自分で竹を削ぎ、心を宿す。
削った人の人格や思いが茶杓には表れるそうです。

春の光_e0078071_20312705.jpg


ようやく私にも茶杓作りのタイミングがまわってきました。
天からお許しが出たのかしら。

繊細ながらも芯の強い女性をイメージして初めての茶杓作りがスタートしました。

春の光_e0078071_20325871.jpg


ど素人が初めてにも関わらず、大それたイメージを持ってしまったものです。
繊細なイメージに近づけるわけがない。

竹を削ることの大変さを感じながら、先生のお力もお借りして、2時間半後にようやく初めての茶杓が出来上がりました。

繊細からは程遠いですが、やはり茶杓にはその人の人格が表れるようです。
「素直な茶杓」と感想をちょうだいしました。
私の真っ直ぐな性格が出てしまったようです。

春の光_e0078071_20391700.jpg


銘は「春光」と名付けました。
春の柔らかな光は、生まれたての無垢な光

「春光」は春の光だけでなく、春の景色を表す季語だそうです。

春はスタートの季節
生命が宿り、大きく育つイメージ
ほんのりと見える胡麻竹のつぶつぶが、春の入り口からの景色に見えてきませんか?

茶杓作り、大変良い経験ができました。
もしも2回目があるなら、もっと繊細な茶杓を目指したいと思うのです。

# by kayoprimo | 2020-02-11 20:22 | お抹茶愛好家

KOKORO❤️

私たちのドルチェが出来上がりました。
名前は『KOKORO❤️』
KokoroのKはKayoのK
koKoroのKはKintsugiのK
KayoとKintsugiの心を一つのグラスに。

KOKORO❤️_e0078071_18053936.jpg


2019年のトリノ生活の中で深い繋がりとなったKintsugiカフェ。
美味しいお抹茶の点て方などの監修を依頼され、一緒にコラボイベントを開催したり。
互いにとって奇跡の出逢いだと確信しています。

KOKORO❤️_e0078071_18062930.jpg

KOKORO❤️_e0078071_18075481.jpg


三層になったこのドルチェは『伊トリノと日本の出逢い』がテーマ
私がアイディアを出し、Kintsugiのフランチェスカが形にしました。
若干27歳のKintsugiのオーナー。
とても素敵なスウィーツを考え出す天才です。

KOKORO❤️_e0078071_18114577.jpg


一層目はヘーゼルナッツ入りの小豆クリーム
二層目はトロトロの抹茶入りパンナコッタ
三層目はほうじ茶とヘーゼルナッツのクランブル

日本にいる私KayoとトリノのKintsugiとの出逢いを記念するドルチェ第一号です。

KOKORO❤️_e0078071_18165024.jpg

トリノのKintsugiにてお求めになれます。

私自身はまだ味見はできてませんが、天才が手がけたスウィーツなので、間違いなく美味しいと信じています。
私も早くトリノに行き、私たちのKOKORO❤️を食べたいです。

Kintsugi tea&cakes
Via Monte di Pietà, 17c Torino


# by kayoprimo | 2020-01-18 17:58 | お抹茶愛好家

イタリアライフプロデューサー 「料理、ワイン、ライフワーク、旅、ファッション…」 【Benvenuti a casa mia!】Lezione di cucina giapponese e te Matcya TOKYO JAPAN


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30