12月のイタリア家庭料理クラス

テーマは「おしゃれピエモンテ料理」
アンティパストやメイン料理に続き、ドルチェもピエモンテらしいものをご紹介しております。


カフェ風味のパンナコッタ

e0078071_20105616.jpg


パンナコッタは酪農が盛んだったピエモンテ州発祥のドルチェです。
パンナ=生クリーム、コッタ=煮る
その言葉のとおり、生クリームを煮詰め、お砂糖とゼラチンを溶かし、冷やし固めたドルチェ。
ゼラチンがなかった昔は卵白を加え、加熱して作ったとか。(手間がかかりました)

日本では1990年代にティラミスに続き、イタリアのデザートとして大ヒット。
広く知られる存在となりました。
その当時の私はただただイタリアに憧れを持つ身でした。
自分好みのパンナコッタを目指し、レシピ研究をしていた頃を思い出します。

本場を知らない私はさっぽりした味のパンナコッタが好きでした。
今でも好みは変りませんが、本場のコッテリとした濃厚なパンナコッタに出会うとそれはそれはワクワクするものがあります。

10月は5日間ピエモンテで過ごしました。
その際にたくさんのパンナコッタを食べました。
今月のレッスンではその中から印象に残ったもの、新しい!と思ったカフェパンナコッタをチョイス。
Kayo流に再現してみました。

パンナコッタの作り方はとても簡単!
どなたが作っても失敗しません。
レシピ公開しますので、是非お試しください。
本来は生クリームを煮詰めますが、今回はご家庭で気軽に作れるようにアレンジしております。

【カフェ風味のパンナコッタ】
生クリーム47%  170cc
エスプレッソ(又はお好みのコーヒー) 150cc
砂糖  40g
板ゼラチン  4.5g
(飾り用 生クリーム 30cc  ピンクケッパー)

①ゼラチンは水でふやかしておく。
②熱々のエスプレッソにゼラチンと砂糖を溶かす。
③生クリームを加え、型に注ぎ、冷蔵庫で冷やし固める。
④生クリームとピンクペッパーを飾って、いただく。

固まれば直ぐに食べれますが、私のおすすめは翌日です。
カフェと生クリームの味がバランスよく感じられます。
直ぐですとカフェが少し強く感じられます。


本日もありがとうございました。


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代
イタリア人向け日本料理教室
Lezione di cucina giapponese Benvenuti a casa mia!

【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。




# by kayoprimo | 2018-12-18 20:20 | イタリア料理教室
12月のイタリア家庭料理クラス

10月は5日間ピエモンテで過ごしました。
その際に訪問したリストランテではさまざまなピエモンテ料理と出会うことができました。
今月のレッスンメニューはその中から印象に残ったものをKayo流に再現してみました。

テーマは「おしゃれピエモンテ料理」

トリノ王国の元に花開いたピエモンテ料理、私の馴染みのあるトスカーナ料理や南イタリアの料理に比べると繊細で洗練されているように感じます。
レッスンではピエモンテのリストランテの盛り付けを真似て、アンティパストを2種類ご紹介しています。


ピエモンテ風パプリカ

e0078071_00085286.jpg


パプリカのアンティパストもピエモンテらしい一品です。
オーブンで焼いたパプリカ(皮と種を取り除きます)に、アンチョビとツナをコラボさせたお料理。
このアンティパストにはピエモンテの王宮文化が2つ隠されているように感じます。

①海のないピエモンテなのに、なぜアンチョビとツナ?
ピエモンテ料理にはアンチョビ、ツナの加工品がよく使われています。
王様の海への憧れか、はたまた王様の贅沢品か、さまざまな加工品をお取り寄せしたいたようです。
ジェノヴァに船で運ばれた品物は、ジェノヴァから陸路でトリノに入ってきました。
ジェノヴァとトリノを結ぶ道は今でも「Via del Sale=塩の道」と呼ばれているそうです。

②手間のわりに食べるのはあっという間です。
私が思うに、ピエモンテ料理はちょっとひと手間のお料理が多いと感じます。
このお料理もそうですよね?
パプリカ焼いて皮むいてツナの中身を作ってパプリカで巻いて、美味しいけれどチマチマしたお料理。
これも王宮文化が影響している思われます。
王様のために料理人が手間をかけて素敵なお料理を考えたのでしょうね~きっと。


インサラータ・ルッソ

e0078071_00102400.jpg


マヨネーズで和えたポテトサラダをイタリアでは「インサラータ・ルッソ」と呼びます。
直訳するとロシア風サラダです。
イタリアでは各地で見かけるインサラータ・ルッソですが、こちらもピエモンテが発祥という説があります。
19世紀末ピエモンテのサヴォイア家の料理人がロシアの要人をもてなすために考えられたらしいです。

インサラータ・ルッソについて諸説ありの面白いブログの記述を見つけましたので、ご興味あれば読んでみてください。⇒こちら

セルクルで抜いてオシャレ~に盛り付けると、「たかがポテトサラダがされどポテトサラダ」に大変身を遂げます。
10月のピエモンテ滞在の際、リストランテのスターターとしてサービスされた一品を、少し真似してKayoテイストを盛り込みました。

昨年よりピエモンテとのご縁も少しずつ増えてきて、お料理を現地で実際に見て食べる機会に恵まれています。
見れば見るほどピエモンテは田舎料理ではないのです。
根底にははやり王様の文化が根付いているのでしょうね~たぶん。

以下の写真はピエモンテのリストランテのお皿です。
これらからヒントをいただきました。

e0078071_00155570.jpg

e0078071_00161806.jpg


今日はこの辺で。
ドルチェについては、また後日書きますね。
本日もありがとうございました。

メイン「魚介のラザニア」のブログ⇒こちら



・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代
イタリア人向け日本料理教室
Lezione di cucina giapponese Benvenuti a casa mia!

【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。



# by kayoprimo | 2018-12-16 16:37 | イタリア料理教室
12月のイタリア家庭料理クラス

テーマは「おしゃれピエモンテ料理」
クリスマスをはじめ、冬のパーティやおもてなしに活躍できるように盛り付けも少しだけフォーマルに。
もちろん大皿に盛り付ければ、家庭的なイタリア料理として楽しめますね!

10月は5日間ピエモンテで過ごしました。
その際に訪問したリストランテではさまざまなピエモンテ料理と出会うことができました。
今月のレッスンメニューはその中から印象に残ったものをKayo流に再現してみました。
今日は先ずメイン料理からご紹介します。

魚介のラザーニャ

e0078071_12483684.jpg


私が訪れた10月のピエモンテはトリュフの季節。
トリュフ三昧にちょっと疲れた頃、メニューの中の「魚介のラザーニャ」に目に留まりました。
迷わずオーダーしたこのラザニアが美味しかった~

目の前に出されたラザーニャ。
その形は丸くて・・・ナイフとフォークでパスタ(生地)をほどいていくと、それは大判の四角いパスタで包まれていることが分かりました。
中からはたっぷりのベシャメルソースと魚介が出てきました。
その時にこのお料理を再現してレッスンでご紹介したいと思ったのです。

何度か試作して、丸い形にするよりもシンプルに包んだ方が家庭で作る場合は美味しいと感じて、丸型は断念。
結果として写真のような形に落ち着きました。
ベシャメルソースたっぷりのラザーニャは寒い冬にぴったりです。
心が温かくなりますね。

「ベシャメルソースはダマになるから苦手!」という生徒さんも多いのです。
ダマになったらホイッパーで混ぜれば、ほとんどダマは消えるのですが、今回はダマにならない方法もレッスンでレクチャーしてます。

その方法を簡単に説明しますと…
お鍋にバターを溶かしたら、火からおろして粉を滑らかになるまで混ぜます。
そこに牛乳を入れ優しくバターを溶かします。完全に溶けたら中火強くらいの火にかけ、ヘラで混ぜならトロリとさせます。
ポコポコ沸騰してきたら、はい、出来上がり!

今日はこの辺で。
アンティパスト(2種)とドルチェについては、また後日書きますね。
本日もありがとうございました。



・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
星野佳代のオフィシャルサイト
イタリア料理研究家/占星術アロマセラピスト 星野佳代
イタリア人向け日本料理教室
Lezione di cucina giapponese Benvenuti a casa mia!

【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。



# by kayoprimo | 2018-12-12 13:35 | イタリア料理教室

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、お抹茶、おしゃれ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28