9月のレッスンでご紹介した“かぼちゃのニョッキ”。
数名の生徒さんから「家族にも大好評でした。」というメールが届きました。こんなメールを頂くと本当に嬉しい!!

かぼちゃのニョッキの美味しさの秘密は
★ 絶対に生地を硬くしないこと!★
ニョッキを形作る時に柔らか過ぎる位でOK! 茹でる時にちょっと崩れやすいし、形も変形しやすいけど、この柔らかさが大切なのです。出来上がったニョッキはかぼちゃのホクホク感が残っていて、最後まで飽きずに美味しく完食できます。

★ 美味しいニョッキはシンプルなソースで勝負!!!★
カボチャって甘くて美味しいよね。だったら、その美味しさを大切にしなきゃ!素材の味を大切にしたい時、イタリアでは絶対に「セージバターソース」

e0078071_19534131.jpg

《材料》 4人分
かぼちゃ 400g  卵黄 1個分  薄力粉 70g
バター 100g  セージ 4~6枚  塩  
パルミジャーノレッジャーノチーズ 

《作り方》
①レンジで柔らかくしたカボチャを、マッシャーでつぶす。
②粉と卵黄を手早く混ぜ合わせる。
(柔らか過ぎる場合は粉を足してください)
③生地を一口大に丸めて、真ん中にくぼみをつける。
④フライパンにバターを溶かしながら、セージの香りをつけてソースを作る。
⑤塩入りの湯でニョッキを茹でて、浮き上がったものからソースと合える。
⑥パルミジャーノと共に頂く。

是非お試しあれ。 
 
# by kayoprimo | 2005-09-22 20:27 | イタリア料理教室
はじめまして!シニョーラKAYOです。
自宅のサロンでイタリア料理とワインをご紹介しています。

もっともっと大勢の方に、大好きなイタリアの事、ワインの事などをご紹介したくて、本日からブログデビューすることにしました~。どうぞ宜しくお願いしま~す。
e0078071_22593897.jpg

初回は今月の料理レッスンでご紹介した白ワインのお話。
写真はイタリアはトレンティーノ州のシャルドネ(BOLLINI社)です。黄色のラベルがカワイイと思いませんか?

爽やかな柑橘系の香りとオーク樽からくるバニラの香りのバランスがキレイな1本です。シャープな酸味と豊かな果実味がしっかりとしたボディを感じさせてくれます。

今月のお料理「カボチャのニョッキ」と「鶏の白葡萄煮込み」に合わせてシニョーラKAYOがチョイスしました。
カボチャの甘みと白葡萄の酸味にベストマッチでした。
# by kayoprimo | 2005-09-21 23:24 | ワイン

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、おしゃれ、ヨガ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30