タグ:お抹茶愛好家 ( 19 ) タグの人気記事

心を込めて

【心を込めて】

トリノ日伊文化交流協会「櫻」の夏のパーティにて、お抹茶点前のデモンストレーションをさせていただきました。


e0078071_17301817.jpg


日本を愛してくださる大勢のイタリアの方にお点前を見ていただける喜びを感じながら、心を込めてお抹茶を点てました。


e0078071_17315183.jpg


皆さん興味深く見て下さり、終わった後には拍手がわきました。

そして「ありがとう」と日本語でご挨拶に来てくださる方も。


e0078071_17312571.jpg


お客様の代表としてお二人にお座りに私が点てたお抹茶を飲んでいただき、裏では70人分の点て出し(カップにて)が行われていました。


この日は小紋に見える浴衣に玉虫色の名古屋帯。帯揚げは着物と同系色のパープル。夜なのでシックな装い。全体的に控えめな色味だったので帯締めだけはパキッと華やかに 。


トリノに来て沢山のご縁をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

私の夢が叶ってます♪




by kayoprimo | 2019-06-25 17:24 | お抹茶愛好家

ミラノのレンタルショップWajakuさんのアトリエにてお抹茶のワークショップを開催させていただきました。


e0078071_05285053.jpg



午前の部はイタリア人が対象

日本が大好き、着物が大好きなイタリア人の女の子たちが4名集まってくれました。


e0078071_17231894.jpg


2人はお着物を着て参加。

そしてリミニから4時間かけて参加してくれた方もいらっしゃいました。

嬉しいですね〜。


午後の部はミラノ在住日本人の回

生憎ほとんどの方が夏休み帰国中でしたが、お二人を対象にレクチャーさせていただきました。


e0078071_17240293.jpg


ウェルカムティーは「新茶」をお出しして、美味しいお煎茶を楽しんでいただきました。


e0078071_05292115.jpg


ワークショップではお抹茶二服とお菓子二種。

一服目のお抹茶は私のお点前で、二服目は実際に茶筅を持って皆さんに点てていただきました。


すでにお家で点てたことのある方、初めて茶筅を持つ方さまざまですが、皆さん正しい点て方のレクチャーを受けるのは初めて。

緊張して力が入ってしまう方もいらっしゃいましたが、最後は皆さんキレイな泡がたちました。


e0078071_17243591.jpg


お菓子は主菓子としてトリノの日本料理のMIYABIさんにオーダーした「羽二重餅」を。

干菓子は日本から持参した虎屋さんの落雁「推古」をご用意しました。


e0078071_05295035.jpg


羽二重餅の写真がないので、レストラン食べに行った時の写真です。

お餅がとても柔らかくて、イタリア人にも好評でした。

胡麻餡です。


日本の方はもちろん和菓子の味を懐かしく感じて下さり、イタリア人の方々は興味を持ってじっくりと味わってくださいました。


日本が大好きな方々に日本のものを喜んでもらえることって、本当に嬉しいですね。


e0078071_05313283.jpg


普段に楽しむお抹茶なら、何も考えずにお抹茶の味を楽しめばいいのですが、せっかくなのでお茶会風にフォーマルないただき方もレクチャーさせていただきました。


一回じゃ上手くできないよね。

私もそうでした。

でも回数を重ねる毎に自然にできるようになってくるんですよね。


e0078071_05560992.jpg



皆さま、とても楽しんでくれて、お抹茶を身近に感じてくれたようです。

初めてのチャレンジでしたが、素敵なワークショップになったと思います。


皆様から「とてもリラックスした気持ちになった」「一つのことに集中して心が落ち着いた」など、私がお抹茶に感じている感想を聞けたことも驚きでした。

言葉にしなくてもしっかり伝わった!


今後もまたミラノでお抹茶ワークショップ開催することになりそうです。


e0078071_05370335.jpg



おぼつかないイタリア語も、なんと運が良いことに日本語ペラペラのイタリア人の女の子(ヴェネツィア大学日本語学科卒)に助けられて、ラッキーでした。

それでもかなり頑張ってイタリア語で説明しましたよ


e0078071_17254812.jpg



Wajakuオーナーの池田眞美子さんとは不思議なご縁で知り合いました。

私がミラノのアトリエに押しかけて、ワークショップか実現。

眞美子さんには大変お世話になり、感謝の気持ちです。


ありがとうございます。

Grazie mille!


e0078071_05570739.jpg


by kayoprimo | 2019-06-18 01:28 | お抹茶愛好家
夏の暑い盛りの8月
第7回目となる「伊と和の融合〜カジュアルお抹茶会」を開催する予定です。


e0078071_12295210.jpg


夏ですからゲストの皆さまには少しでも暑さを凌いでもらおうと思い、初めての「朝抹茶会」に挑戦します。
今回はアルコールは出さず、体が元気に目覚めるようなヘルシーなイタリアンを皆さまに食べていただきたいと思っております。
そして夏ならではの「冷抹茶」を楽しんでいただく予定です。


【テーマ】「涼を求めて」

【日時】 8月4日(日) 8:00~10:00

【場所】 星野佳代サロン(池上)

【プログラム】
<一部>
ウェルカムドリンク 小さなお菓子付き
ヘルシーイタリアン点心(軽めの朝食)

<二部>
お抹茶(二服 冷抹茶 薄茶) 主菓子 干菓子
僭越ながらお点前をご披露させていただきます。

【会費】 5,000円

【開催人数】 6名

【ドレスコード】 カジュアルエレガンス
和装でも洋装でもどちらでも大丈夫です。
お洒落してお出かけください。


お抹茶愛好家 星野佳代

お申し込みはこちらからお願いします。



・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
イタリア人向け日本料理教室
Lezione di cucina giapponese Benvenuti a casa mia!

【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。


by kayoprimo | 2019-06-09 08:00 | お抹茶愛好家

おnewのお着物でお出かけ

1泊2日でミラノに出かけていた日のことです。

夕方トリノに戻り、ササっと着物に着替えて、素敵なインテリアショップBibi Objets Maisonへ。


e0078071_02061460.jpg


この日は長年イタリアに住まれている日本人のやぎさわたみお氏を招き、風水的なワークショップを開催すると聞き、どんな感じなのかしら?と参加してきました。


素敵なインテリアショップに集まる皆さまも素敵な方々ばかり。。


e0078071_02070556.jpg

イタリアの地形や自然、そして家の作りなどを踏まえたオリジナルの内容で、時々日本の話も交えながら話は進んでいきます。


全てイタリアの語でのワークショップでしたので、分からない単語も多々ありましたが、日本人としてはイメージが湧きやすく、大変興味深く、あっと言う間の1時間半でした。


e0078071_02072248.jpg


実は1週間前にこちらのインテリアショップのオーナーのミカエラにお会いして、ショップでお抹茶のイベントを開催しようという話が出ています。

写真の右の方がミカエラさんです。(素敵でしょ♪)



e0078071_02083607.jpg



ミカエラから「着物で来てくれたら嬉しいわ❤︎」と言われておりましたので、気合いを入れて着物で参りました。

小走りしてきたので汗が出て、お扇子で涼んでるいるところ。


他のお客様の着物への反応にも興味がありました。

トリノの人はチラ見はするものの、ワーっと寄って来たりなんてしない。(東京の人みたいです)

町ですれ違っても、皆さん見ないふりをしてくれます。


今日も帰り際にお一人のご婦人が「エレガントね〜、私着物好きなのよ」と声をかけてくれた途端、後ろにいるご婦人たちも「そうそう」という感じで首を縦に。そして男性の方から「エレガンティシィマ!」いただきました。

(エレガントの最上級)

やはり着物はイタリア人を魅了するようです。


e0078071_02103288.jpg


このところ涼しい日が続いておりましたが、この日は日差しが強く暑かったので、綿麻の着物と紗献上帯で涼しく攻めました。


紫色のちょいオリエンタル風な柄のお着物は本当は浴衣なんです。

呉服屋の粋なオネエさんから、単の小紋風に見えるからしっかり長襦袢を入れれば6月〜9月のお洒落着にもなるから便利よ!と勧められて作りました。


ピスタチオカラーの(私には黄色が強く見えるのだけど)紗献上帯は呉服屋さんが染めさせたオリジナルカラー。

私の好みのドツボを見抜いてくれる粋なオネエさんに見立ててもらいました。


帯揚げは着物と同系色のパープルカラー、帯締めはエメラルドグリーンでパキッとさせてみました。



by kayoprimo | 2019-06-02 01:59 | トリノ生活

トリノの和カフェKintsugiを切り盛りしている可愛らしいお嬢さん達。

フランチェスカ(左)が総責任者。

不思議なご縁で仲良しになりました。



e0078071_02151159.jpg



10日前に初めて訪ねて、お抹茶をオーダーしました時のこと、ちょっと残念なお抹茶が出てきたことを私のFBに書いたのですが、それを見たフランチェスカからお詫びのメッセージがあり、お抹茶の点て方、そしてお抹茶の選び方をアドバイスしてほしいというリクエストが添えられていました。



e0078071_02160638.jpg


「喜んで〜❣️」というわけで、本日アドバイスに出かけてきました。

お二人ともとても熱心で、応援してあげたい気持ちになりました。


日本人とイタリア人の味の感じ方の違い、そしてカフェであるというシチュエーションを考えると、日本のお抹茶の全てをコピーするのは違うような気がして、一緒に味見しながら抹茶と湯の分量など考えました。



e0078071_02164436.jpg



そして何とタイミングよく、お客様からお抹茶のオーダーが入りました。

ドキドキしながら私が点てて、フランチェスカがお客様に経緯を説明しながらお出ししました。

帰り際に感想をお尋ねしたところ、「Perfetto!」パーフェクトのお返事いただけて、胸を撫で下ろした次第です。



e0078071_02173068.jpg

e0078071_02173451.jpg


安心したところで私もティータイムを楽しみました。

お勧めのドルチェ「Kintsugi スペシャル」は最高に美味しかった♪

しっかりとした甘さの抹茶のスウィーツにはほうじ茶が合うよね。



e0078071_02175650.jpg


素敵なケーキと沢山の種類のお茶が楽しめるカフェです。

ランチタイムには軽食メニューもあります。 



e0078071_02183828.jpg


トリノにお住いの方、そしてトリノにお越しの方は是非Kintsugiに足を運んでくださいませ。


そしてKintsugiさんのFBにとても嬉しいメッセージがUPされました!

私トリノに来て本当に良かった!


• Vivere è imparare •

🍃

L'incontro con Kayo è stato un grandissimo regalo del destino! Ci ha insegnato come si prepara in modo corretto il tè  matcha con precisione e gentilezza. E soprattutto, sorridendo. 💚

Grazie!

•生きることは学ぶこと•

Kayoとの出会いは運命の素晴らしい贈り物。

親切そして丁寧にお抹茶の正しい点て方を教えてくれた。素敵な笑顔で。

ありがとう!







by kayoprimo | 2019-05-29 01:56 | トリノ生活

トリノでお着物

トリノでは日本人であることをアピールしたくて、お着物を着ています。
どこに行っても喜ばれますね。
大変な思いをして、お着物一式をイタリアに持ち込んだ甲斐があります。


e0078071_00314482.jpg


トリノでの初着物はトリノ在住の日本人交流会Torino Japan Clubにて。
会場がカジュアルなストリートフードのお店でしたので、気張らず半幅帯を締めました。
イタリアの3色国旗「トリコロール」の三分紐にヴェネツィアンガラスの帯留め。
ここでも伊と和の融合♪
私のテーマです。


e0078071_00355547.jpg



友人宅にお食事に招かれた時はサプライズの着物姿で。
和服でお抹茶を点てて差し上げました。
暖かい日差しの日でしたので、白の夏着物。
玉虫色の博多帯に白青の帯締めと帯揚げ。
スッキリとエレガントに大人の装い。
シンプルなコーディネートが個人的には好きです。

こちらに到着して9日目。
すでに3回お着物を着て、イタリア語の先生をお招きしたり、ミラノに出向いたりしております。
これからもちょくちょくお着物を着て活動したいと思っております。

by kayoprimo | 2019-05-18 00:27 | トリノ生活

トリノでお抹茶

大きなサロン付きのお家に一人で滞在しております。
持て余してしまいそうな大きなサロンのテーブルにはお抹茶茶碗やお香などを飾りました。



e0078071_03205263.jpg



サロンは特別な空間。
まるでお茶室のような凛とした空気感。

お客様がいらっしゃった時、お点前をする時など、特別な時に使います。


e0078071_03215280.jpg


先日イタリアに来てから、初めて一人お点前をしました。
シーンとした空間に水の音が響きます。
日本にいる時とは明らかに違う音の響き。
きっと石のお家だから音が反響するのね。

日本から虎屋さんと鶴屋吉信さんのお干菓子を持ち込みました。
鶴屋さんのお干菓子は旅に耐えうる梱包ではなく、割れるのではないかと心配しておりましたが無事でした。


e0078071_03222786.jpg


鶴屋吉信「水とあやめ」
遠く離れたイタリアでのお抹茶は格別なものがあります。

by kayoprimo | 2019-05-15 21:43 | トリノ生活

トリノ生活始まる

トリノに来て1週間が経過しようとしています。

最初は身の回りのことを整えるのに必死。
ようやくお借りしている家が私の色に染まってきたように感じています。

昨日ようやく落ち着いて街歩きをしました。


e0078071_22134826.jpg


トリノはサヴォイア家の下、花開いた優美な都市です。
この街のポルティコ(柱廊)を歩いていると、まるで自分がお姫さまになったかのような優雅な気持ちになれます。

カフェ文化も発達していています。
美味しいチョコレートやお菓子。
私はすでに日本に負けず劣らないほど美味しいスウィーツと出会いました。


e0078071_22233404.jpg


今イタリアは大の日本ブーム到来中。
お抹茶、お着物、お料理など、私がイタリアの方々に日本人として関われないか、ここトリノで模索しておりますが。。。

Siteaホテル直営のカフェCarlo e Camilloでは、なんと鉄瓶で湯がサービスされました。
日本人としてとても誇らしく感じます。


e0078071_22284249.jpg


ちなみにこちらのカフェで提供されているお茶はフィレンツェの老舗茶店Via del Teのもの。
フィレンツェをホームグラウンドに20年通い続けていた私にとって、このことも誇らしく感じました。

すでに美味しい日本食のお店MIYABIにも行きました。
お寿司最高です!
トリノがあるピエモンテ州は海はありませんが、お隣には海に面したリグーリア州があります。
新鮮なお魚も手に入るというわけです。


e0078071_22392560.jpg


トリノ生活のことを時々ブログに綴りますので、よろしければ覗きに来てください。


by kayoprimo | 2019-05-14 22:05 | トリノ生活
第6回 伊と和の融合〜カジュアルお抹茶会を開催しました♪

お抹茶愛好家そしてイタリアライフプロデューサーでもある私が提案するお茶会は伊と和を融合させた遊び心のある茶会です。
得意のイタリア料理とワインでおもしてなしすることはもちろんのこと、イタリアで買い求めたトレイや器を使ったり、イタリアや西洋占星術の話を盛り込んだり、私の中にはいつもイタリアと日本が同居しています。
ゲストの方に楽しんでいただくことはもちろんですが、私自身が一番楽しんでいるのかもしれません。


e0078071_18294712.jpg


今回のお抹茶会のテーマは『名残の桜』

今年は桜の季節が長くて…ちょっと飽きちゃった感も否めませんが、やはり私たち日本人の桜を愛する気持ちは変わりませんね。
テーブルの上で桜の季節を名残惜しみながら、和やかなひと時を過ごしました。

[一部]
ウェルカムティーとほんのり優しい桜味の小さなお菓子でお出迎え。
先ずはゲストの方に喉を潤していただきます。
桜茶
球さくら
(輪島中浦屋製)

e0078071_14371432.jpg


落ち着いたところで点心(簡単なお食事)をお出しします。
季節の食材を使ったイタリアンを3品ご用意しました。

新玉ねぎとトマトのマリネ風サラダ
アスパラのムース
メカジキのスパゲッティ

e0078071_14372760.jpg

桜の季節に因んでロゼワインで乾杯です♪


e0078071_14382894.jpg

いろいろなお話と共にワインも進みますね♪
お料理もワインも大変好評でした〜ヨカッタ!


e0078071_14374158.jpg

[二部]
ここからお抹茶の世界を楽しんでいただきます。


e0078071_14380554.jpg

薄茶(二服)飲み比べ
好の白(金沢天野茶店)
茶・銀座(うおがし銘茶)


e0078071_14391364.jpg

お菓子(二種)をご用意しました。
桜の里(虎屋製)
京菓子 八重桜(亀屋万年堂製)


e0078071_14385900.jpg


桜の華やかさがテーブルいっぱいに広がり、名残の桜に相応しい会になったのではないかと思います。
ゲストの皆さまの思い出の1ページにこの日の出来事が刻まれ、また来年以降の桜の季節に思い出していただけると幸いです。


e0078071_14385069.jpg

e0078071_14384243.jpg


2ヶ月半前から着付けの勉強をスタートして、今回のお抹茶会では初めてお着物でお迎えしたいと思っておりましたが、まさかの腰痛で泣く泣く洋装でお迎えしました。
次回は和装でお迎えしたいです♪

次回は夏の時期を予定しております。
初めて『朝抹茶会』をしてみたいなぁ、なんて目論んでおりますが、どうなることでしょう???
またご案内させていただきます。

伊と和の融合〜カジュアルお抹茶会にご興味のある方には、直接ご案内など差し上げております。
こちらからコンタクトくださいね!

【過去のカジュアルお抹茶会のブログです】
第一回目 桜を待つ季節~
第二回目 星祭り~
第三回目 秋の夜長に~
第四回目 旧暦新年の祝い~

e0078071_14375238.jpg


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
イタリア人向け日本料理教室
Lezione di cucina giapponese Benvenuti a casa mia!

【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。


by kayoprimo | 2019-04-16 18:50 | お抹茶愛好家
一日中雨降りの金沢ひとり旅
今回の旅は前半は友人達と過ごし、後半は一人旅を楽しむ。
ひとり旅の良さは人に気兼ねすることなく、自分の趣味や趣向で好きなように過ごせることですね。


e0078071_12450420.jpg


金沢は茶の湯の文化が根付いた町だそうです。
今回のひとり旅の目的は『茶道に関わることを楽しむこと』

朝一に訪れたのは金沢の茶道美術館【中村記念美術館】
雨降りだったこともあり、ここでの写真はありませんが、
ちょうど「キラキラ☆うるしワールド」となる展示企画展中でした。
単に「うるし」と言っても、さまざまな技法、色、形があるものですね。


e0078071_12453072.jpg

そして次に足を運んだのは【玉泉園】
玉泉園の庭園は歴史的にも大変貴重な「玉潤様式庭園」という特徴を持ちます。
金沢の中でもかなり古い庭園だそうで、その歴史は400年前に遡ります。
庭園の詳細は玉泉園のホームページに載っています。⇒こちら


e0078071_12451652.jpg


入口付近の庭園の中に佇む「織部式隠れキリシタン灯籠」も大変興味深く。
手を合わせたマリア様が下の方に見えます。
そして全体像が何となく十字架に見える形をしています。←ここが隠れキリシタンっぽいですね。


e0078071_12454583.jpg

e0078071_12461429.jpg


庭園の中心には池があり、その池を中心にぐるりと歩くと高低差があり、、どこから見ても美しい庭園という印象です。
雨降りだったので少し足元が悪かったのですが、雨の風情も玉泉園には似合っていると感じます。


e0078071_12471610.jpg


園内の茶室ではお抹茶(呈茶)をいただくことができます。
茶室は金沢で最も古く350年ほど前のものだそうです。
350年前のものとは思えない素晴らしいお茶室でご亭主が私のためだけにお茶を点てて下さいました。
(観光客は私ひとり)


e0078071_12474925.jpg

そして金沢やお茶室に纏わるお話しして下さいました。
腰高の窓付障子は「雪見障子」と呼ばれ、冬には雪景色が楽しめるそうです。


e0078071_12473354.jpg


金沢の茶人に愛されている「吉はし」さんのお菓子と金沢のお茶屋「野田屋」さんのお抹茶に心が満たされました。
素敵な時間でした。

心残りは雨降りだったため、お茶室の写真を撮らなかったことでしょうか。
またいつか足を運んでみたいです。
その時はお茶室の写真も忘れずに。


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
イタリア人向け日本料理教室
Lezione di cucina giapponese Benvenuti a casa mia!

【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。

by kayoprimo | 2019-03-22 13:21 |

イタリア料理研究家 占星術アロマセラピストの星野佳代がイタリア、料理、星のことなどを綴ります。趣味は旅行、お抹茶、おしゃれ


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30