タグ:お抹茶愛好家 ( 45 ) タグの人気記事

素敵♪こんな「初釜」

もう2か月ほど前のお話です。

茶人、墨絵アーティスト、イベントプロデューサーなど、多彩な肩書をお持ちの藤原先生の「初釜」にお招きいただきました。

素敵♪こんな「初釜」_e0078071_17522101.jpg


赤坂のタワーマンションの一室にこんなに素敵なお茶室があるなんて。。

クリエイティブなお方のお茶事はサプライズ感満載でした。
八寸はシャンパーニュでした。
この感じは私のテイストにドンピシャです。

素敵♪こんな「初釜」_e0078071_17524643.jpg


隠し撮りされておりました。
私、とっても嬉しそうな顔してる!

お濃茶のお点前が舞のように美しくて、それを写真におさめることができないのが残念でした。
お茶事では基本写真はNGなのです。


素敵♪こんな「初釜」_e0078071_17544866.jpg


終了後に記念撮影とお花の撮影だけはできました。
素敵なお茶事とご縁に感謝です。

素敵♪こんな「初釜」_e0078071_17571164.jpg

TPOに合わせたお着物コーデを考えることも楽しい♪
この日は初釜なので、華やかながらも派手にならないことが大切。
キレイ目の訪問着に、個性的ながらも春らしい色合いの帯をチョイスしました。


素敵♪こんな「初釜」_e0078071_17581410.jpg


あれから何度も予定しているお茶事やお茶会が中止になり、お着物を着る機会もなくなってしまいました。
かなり寂しい気持ちになっておりますが、早く穏やかな時間を茶友と一緒に過ごせる日が戻ってくることをこころから願っております。


by kayoprimo | 2020-04-06 17:38 | お抹茶愛好家

お福分けのお茶会

1か月前のことです。
京都の旅で手に入れた和菓子とお抹茶をみんなで楽しみたいと思い、
いつも仲良くして下さっている方をお招きして、「お福分けのお茶会」をしました。

お福分けのお茶会_e0078071_16273855.jpg


今まで自宅でのお茶会は洋服でお迎えしていましたが、
今回は初めてお着物に初チャレンジ!
春らしい淡いピンク色のお着物に帯締めと帯揚げで色遊び。

『伊と和の融合』が私スタイル。
白ワインで乾杯!
簡単なイタリアンのお食事からスタートです。

お福分けのお茶会_e0078071_16282323.jpg


お着物を着てしまったので、お料理はそれに相応しいメニュー選びを心掛けました。
・季節のアンティパスト3品
イワシのスカペーチェ、新にんじんのラぺサラダ、
新じゃがと菜の花に玉ねぎドレッシングを添えて
・和風ライスサラダ

お福分けのお茶会_e0078071_16292872.jpg

お福分けのお茶会_e0078071_16292916.jpg


お抹茶は宇治でGetしたものを2種類ご用意。
お薄で二服お出ししました。
東京では手に入れられないであろうお抹茶です。
・利休好み御濃茶「初むかし」 三星上林三入
・「極昔」 寺島屋彌兵衛商店

お福分けのお茶会_e0078071_16303183.jpg

お福分けのお茶会_e0078071_16303240.jpg


「初むかし」には俵屋吉富さんのお菓子『春の山』を合わせました。

お福分けのお茶会_e0078071_16321979.jpg




そして「極昔」は雛祭りのお干菓子を。
俵屋吉富さんの『麩焼煎餅 雛』と亀屋則克さんの『桃と貝づくし』

お福分けのお茶会_e0078071_16324834.jpg

お福分けのお茶会_e0078071_16324942.jpg

お福分けのお茶会_e0078071_16324907.jpg


そして最後に亀屋清永さんで買ったお菓子も出しちゃった!

お福分けのお茶会_e0078071_16402641.jpg


楽しい時間でした。
皆さま、ありがとうございました。
また世の中が落ち着いた頃にお茶会を企画したいと思います。

お福分けのお茶会_e0078071_16410529.jpg




by kayoprimo | 2020-03-30 16:23 | お抹茶愛好家
2月22日~2月26日(4泊5日)
途中イタリアからのお客様をご案内しながら、一人旅、二人旅を楽しみました。

初日に旅レポートはこちら
2日目のレポートはこちら
3日目のレポートはこちら
4日目のレポートはこちら

フランチェスカとの2泊3日の京都旅を無事終え、最終日は再び一人旅。
フランチェスカとの時間はとても忙しく、朝早くから行動しておりました。
一人に戻った私は本来のスローペースになります。

大阪のホテルはギリギリにチェックアウト。
京都入りしたのは正午を過ぎていました。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21191151.jpg


向かったのは『樂美術館』
何度も京都に足を運んでいるのに、なかなか行けなかった場所です。
4年越しの願いが叶いました。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21201170.jpg


「わび」とは
自然で慎ましやかであること。
豪華に飾り立てた美とは対極的な簡素さ。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21204851.jpg


「樂」は侘茶(わびちゃ)を代表するお茶碗。
侘茶の世界を作り上げた千利休がプロデュースしたのが樂茶碗の始まりです。
簡素な中にある美を感じながら美術館を巡ります。
タブレット端末を片手に持ち、気に入ったお茶碗は写真におさめながら、
館内をゆっくりと楽しみました。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21213985.jpg


一代目長次郎の作品もありました。
銘は「萬代」
「万代」(萬代)とは、永遠という意味だそうです。
魂が宿ってるかのような力強さと優しさを感じます。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21224408.jpg


まだまだ茶の湯の入り口におります。
学んでも学んでも、なかなか知識が増えないデキの悪い子ですが、
良いものを何度も見ることが私には大切だと思っています。
またいつか訪れましょう。

お腹が空いてきました。
親友から昨年4月にオープンした鶴屋吉信のtubara cafeに行くことをすすめられていたのだけど、生憎この日は定休日。
親友の妹さんのお友達が7代目女将なんですって!

歩いてすぐのところには『虎屋茶寮』があることを思いつきました。
なんと、2日続けて虎屋さんへ。
とても寒い日でした。
お汁粉をオーダーして、しばし身体を温めます。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21254599.jpg

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21254685.jpg


今回の京都旅では和菓子屋さん巡りも目的の一つでした。

亀谷則克
昔ながらの小さな店構えのお店。
心が躍ります!
季節のお干菓子を買いました。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21261528.jpg

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21261951.jpg

写真を撮りそびれしたが、今回の旅では『亀屋良長』『亀屋清永』にも立ち寄りました。
京都にはたくさんの「亀屋〇〇」があって、こんがらがってしまいますね。

そして京都駅の伊勢丹さんで最後のお買い物。
漬物や湯葉、帰りの新幹線で食べるお弁当。
和菓子もいろいろ売ってます。

嵐山さ久ら餅に目が留まりました。
写真は翌日に自宅で撮ったものです。
白い道明寺。
2枚の桜の葉で包まれています。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21270372.jpg

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21270754.jpg


恒例の『宝泉堂』さんで最後の一服。
京都の〆はやはりお抹茶です。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21281124.jpg

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21281600.jpg


フランチェスカとの2泊3日。
そして前後1日づつ(計2日)は茶の湯の楽しむ一人旅。
やっぱり京都は楽しい♪


by kayoprimo | 2020-03-29 16:34 |
2月22日~2月26日(4泊5日)
途中イタリアからのお客様をご案内しながら、一人旅、二人旅を楽しみました。

初日に旅レポートはこちら
2日目のレポートはこちら
3日目のレポートはこちら

フランチェスカとの最終日は朝7時に京都のホテルをチェックアウト。
その足でフランチェスカが絶対に行きたい!と言ってた嵐山へ向かいました。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14490862.jpg


「誰もいない竹林の写真を撮る!」と言ってたフランチェスカさん。
願いを叶えることができました。
スロースターターの私には思いもつかない発想ですが、
フランチェスカのおかげで私も素敵な写真を撮ることができました。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14495375.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14495412.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14495442.jpg


写真を撮っているうちに、徐々に人が増えてきました。
ほとんどの人は嵐山へ引き返していきますが、私たちはさらに奥の嵯峨野へ進みます。

そして、そこにはひっそりとした素晴らしい世界が広がっていました。
二人とも「Bello. Bollo.」(美しい)の言葉しか出ない。

常寂光寺

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16092869.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16092871.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16092974.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16093081.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16093202.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16101358.jpg


祇王寺
苔が美しいお寺として有名だそうです。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16125871.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16125925.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16130011.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16130246.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16130308.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16135072.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16150929.jpg


外国人の観光客が激減していたからこそ見ることができた景色です。
地球の裏側で幼い頃から日本に憧れていた女の子に、
こんなにも素晴らしい景色と時間を感じてもらうことができた奇跡。
この素晴らしい二人の時間はもう一生訪れないだろうと思いました。

再び嵐山に戻ります。
そして『老松』さんでお抹茶タイム。
人も少なくて、お庭も見ながらのゆっくりした時間。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14563466.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14563518.jpg


寒い一日でした。
温かいものが食べたいね~と、嵐山うどんのお店『おづる』へ入りました。
めちゃ美味しくてびっくり!

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14513775.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14513852.jpg



この日は夕方過ぎには大阪へ行かなければなりませんでした。
朝早くから行動したので、まだ十分に時間があります。
「どうしようか~」
「北野天満宮で梅祭りをやってるから、行ってみる?」

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_18051451.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_18051431.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_18051581.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_18051659.jpg


地元民で賑わっておりました。
梅の写真を撮った後、再びお茶しました。
トリノで和テイストのカフェKintugiを経営しているフランチェスカのために『虎屋茶寮』へ。
うぐいす餅と玉露茶をオーダーしました。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14591235.jpg


さあ、大阪へ。
翌日からフランチェスカは大阪商工会議所の商談会に参加します。
大阪ではもう一人のトリノの友人オンブレッタと落ち合います。

オンブレッタは兄妹でお茶屋さんCamelliaを営業しています。
昨年は一緒にお抹茶のワークショップも開催しました。
その時の様子はこちらから。

最後の夜は
私の友人2人を大阪商工会議所の商談会に導いて下さった西崎様と延子様と一緒に串揚げです。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_15020126.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_15020248.jpg


フランチェスカとの2泊3日の旅で二人の友情が育めたこと。
オンブレッタと大阪で再会できたこと。
心から感謝の気持ちです。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_15031069.jpg


後ろ髪を引かれる気持ちで二人に別れを告げ、
私は翌日ふたたび京都一人旅です。
続く。


by kayoprimo | 2020-03-27 14:39 |
2月22日~2月26日(4泊5日)
途中イタリアからのお客様をご案内しながら、一人旅、二人旅を楽しみました。

初日に旅レポートはこちら
2日目のレポートはこちら

フランチェスカが京都でどうしても訪れたかった場所の一つ『伏見稲荷』
今では観光客の人気ナンバーワンではないかと思うほど人が多い場所です。
私は人が多い場所は苦手なので今まで避けていましたが、
フランチェスカのおかげで初めて訪れることができました。

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18400570.jpg


朝8時頃に伏見稲荷に到着。
それなりに人がいましたが、なんとか良い写真を撮ることに成功しました。

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18415848.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18415919.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18420042.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18420124.jpg


梅もキレイに咲いていました。
私たちが写真を撮っていたら、たくさんの人たちが集まってきました。
退散です!

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18423469.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18423590.jpg


その後は清水寺へ。
数年補修工事をしていた清水寺のようやくシートが外れています。

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20081369.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20081484.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20081573.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20081773.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20081944.jpg


「清水の舞台から飛び降りるつもりで…」
大きなことにチャレンジする時や、大きなことを起こす時など、覚悟を持って実行する時の例えに使いますよね。
江戸時代は願いを叶えるため本当に飛び降りた人がいたらしいです。
この舞台は釘が一本も使われていなそうです。

その後はご飯場所を探しながら、清水焼やお土産屋さんを覗きながらのそぞろ歩き。
そして良さそうなお店を見つけて、お昼ごはんです。

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20102963.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20103064.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20103175.jpg


高台寺、圓徳院を経て(こちらの写真はまた別の機会に)
もう一つのフランチェスカの憧れ『金閣寺』に向かうことにしました。
私は断然「銀閣寺派」なのですが、はやり外国人にはキラキラの金閣寺がとても魅力的に感じるらしいです。
次回は銀閣寺だよ!フランチェスカ!

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_16300793.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_16300855.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_16300831.jpg


上りあり下りあり、よく歩いた1日でした。
翌日もハードな1日となります。
夕飯は簡単にセルフの京ばんざいのお店へ。
好きな小鉢を6つ選んで、ごはんとみそ汁で1,000円。
続く。

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_16323073.jpg


by kayoprimo | 2020-03-22 18:26 |
2月22日~2月26日(4泊5日)
途中イタリアからのお客様をご案内しながら、一人旅、二人旅を楽しみました。

初日に旅レポートはこちら

2日目の旅は大阪から始まりました。
フランチェスカが到着する時間に合わせて朝一で関空へ。

2か月半ぶりフランチェスカとの再会。
私たちの2泊3日の旅がはじまります。
この時はまだ今のイタリアの状況は予想もしていなかった私たち。
今思えば、大変貴重な二人旅となったわけです。

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_22581838.jpg


すぐにバスに乗り京都駅へ移動。
そして列車に揺られて宇治へ。
先ずは宇治名物『茶そば』で腹ごしらえ。

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_22585058.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_22585158.jpg


世界遺産『平等院』

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23000532.jpg


フランチェスカが宇治を行く姿をカメラでパチリ。


京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23000699.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23000639.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23000701.jpg


参道に並ぶお茶屋さんでお茶を試飲したり、お抹茶を買ったり。
フランチェスカさんはお土産のこけしも買いました。

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23034704.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23034819.jpg

そして宇治での一番の目的は中村藤吉での『茶の湯体験』
トリノのカフェKintugiのオーナーでもあるフランチェスカにどうしても体験してほしかったのです。
たくさんの学び、そして初めての濃茶など。
とても良い体験ができたことを喜んでくれました。

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23061125.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23061259.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23061394.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23061477.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23061447.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23064704.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23064867.jpg

そして私たちは京都に戻ってきました。
夕食は京野菜のお店へ。
「Benvenuta in Giappone!」抹茶ビールで乾杯!

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23073869.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23073906.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23073905.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23074163.jpg


フランチェスカとの旅は始まったばかり。
明日と明後日が本番です!
続く。


by kayoprimo | 2020-03-21 21:20 |
2月22日〜2月26日(4泊5日)
途中イタリアからのお客様をご案内しながら、一人旅、二人旅を楽しみました。

初日は一人旅。
お天気は雨。

お昼は手軽に新幹線駅構内のお蕎麦屋『松葉』さんで軽めに済ませます。
京都の人は食べないらしい京都名物『にしん蕎麦』を。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_17160810.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_17160980.jpg


そして向かったのは『大徳寺』
千利休など茶の湯文化との関わりも深い禅寺で、現在24の塔頭(たっちゅう)があるそうです。
(塔頭とは大徳寺の境内にある小寺)

今回は5つの塔頭を巡りました。
その中から庭園が美しかった2つの塔頭の写真をご紹介します。

瑞峰院
「独坐庭」は蓬莱山半島に打ち寄せる荒波を表現しているそうです。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20044115.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20044274.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20044485.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20044799.jpg


瑞峰院はキリシタン大名のゆかりのお寺でもあります。
7つの石を十字架の形に配した石庭「閑眠庭」

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20132900.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20133180.jpg


龍源院
こちらも庭園が有名なお寺です。
わびさび…しっとりとした時間を過ごしました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21030346.jpg

「滹沱底」(こだてい)
中国にある滹沱河の流れを再現した庭園だそうです。


京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21030990.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21031000.jpg


日本一小さな石庭
「東滴壺」(こうてきこ)
このお庭がとても気に入りました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21031350.jpg


わびさび…を求めて、それは何なのか?
難しいですね。
考えながら感じながら、大徳寺を後にします。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21031442.jpg

今回の京都では、和菓子屋さん巡りも目的の一つでした。

大徳寺前には大徳寺納豆のお店が並びます。
その中に気になるお店がありました。
大徳寺納豆が入った干菓子「三彩」を購入しました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21370845.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21370957.jpg


次に向かったのは、『俵屋吉富』小川店
小川店は茶菓子に特化した店舗です。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21430326.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21430494.jpg


ショーケースには沢山の干菓子が並べられていて、心が踊ります。
素敵な干菓子が一つから買うことができます。
幾つか干菓子を購入しました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21450004.jpg


隣接の茶房「茶ろん たわらや」でひと休み。
お抹茶と生菓子をいただきました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21464473.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21464543.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21464679.jpg


翌日は朝一でイタリアからお客様が到着するため、早々と京都から大阪へ移動。
翌日はフランチェスカと一緒に宇治へ行きます。
続く。。。




by kayoprimo | 2020-03-19 13:34 |

春の光

「茶杓は茶人の刀」
茶杓は茶人が自由に自己表現できる数少ないお道具の一つ。
自分で竹を削ぎ、心を宿す。
削った人の人格や思いが茶杓には表れるそうです。

春の光_e0078071_20312705.jpg


ようやく私にも茶杓作りのタイミングがまわってきました。
天からお許しが出たのかしら。

繊細ながらも芯の強い女性をイメージして初めての茶杓作りがスタートしました。

春の光_e0078071_20325871.jpg


ど素人が初めてにも関わらず、大それたイメージを持ってしまったものです。
繊細なイメージに近づけるわけがない。

竹を削ることの大変さを感じながら、先生のお力もお借りして、2時間半後にようやく初めての茶杓が出来上がりました。

繊細からは程遠いですが、やはり茶杓にはその人の人格が表れるようです。
「素直な茶杓」と感想をちょうだいしました。
私の真っ直ぐな性格が出てしまったようです。

春の光_e0078071_20391700.jpg


銘は「春光」と名付けました。
春の柔らかな光は、生まれたての無垢な光

「春光」は春の光だけでなく、春の景色を表す季語だそうです。

春はスタートの季節
生命が宿り、大きく育つイメージ
ほんのりと見える胡麻竹のつぶつぶが、春の入り口からの景色に見えてきませんか?

茶杓作り、大変良い経験ができました。
もしも2回目があるなら、もっと繊細な茶杓を目指したいと思うのです。

by kayoprimo | 2020-02-11 20:22 | お抹茶愛好家

KOKORO❤️

私たちのドルチェが出来上がりました。
名前は『KOKORO❤️』
KokoroのKはKayoのK
koKoroのKはKintsugiのK
KayoとKintsugiの心を一つのグラスに。

KOKORO❤️_e0078071_18053936.jpg


2019年のトリノ生活の中で深い繋がりとなったKintsugiカフェ。
美味しいお抹茶の点て方などの監修を依頼され、一緒にコラボイベントを開催したり。
互いにとって奇跡の出逢いだと確信しています。

KOKORO❤️_e0078071_18062930.jpg

KOKORO❤️_e0078071_18075481.jpg


三層になったこのドルチェは『伊トリノと日本の出逢い』がテーマ
私がアイディアを出し、Kintsugiのフランチェスカが形にしました。
若干27歳のKintsugiのオーナー。
とても素敵なスウィーツを考え出す天才です。

KOKORO❤️_e0078071_18114577.jpg


一層目はヘーゼルナッツ入りの小豆クリーム
二層目はトロトロの抹茶入りパンナコッタ
三層目はほうじ茶とヘーゼルナッツのクランブル

日本にいる私KayoとトリノのKintsugiとの出逢いを記念するドルチェ第一号です。

KOKORO❤️_e0078071_18165024.jpg

トリノのKintsugiにてお求めになれます。

私自身はまだ味見はできてませんが、天才が手がけたスウィーツなので、間違いなく美味しいと信じています。
私も早くトリノに行き、私たちのKOKORO❤️を食べたいです。

Kintsugi tea&cakes
Via Monte di Pietà, 17c Torino


by kayoprimo | 2020-01-18 17:58 | お抹茶愛好家

初釜にて

テーブル茶道Happylifeの初釜に行って参りました。

初釜にて_e0078071_16473772.jpg


今年の初釜は2部制で行われました。
私はテーブルだけにとどまらない茶の湯の学びを深める【総合クラス】に在籍しています。
1部では亭主側の立場から、2部では客側の立場から学びを深めることができました。

初釜にて_e0078071_19535045.jpg

初釜にて_e0078071_19535120.jpg


始まりは大澤先生の挨拶から

【1部】
小間でのお点前担当の大役を仰せつかり、僭越ながら心を込めて点てさせていただきました。
心地よい緊張感と集中の時間。
小間は小さな宇宙空間ですね。
滞りなく無事大役を終えることができたのも、半東さん、お運びさん、裏でお抹茶を点ててくれたメンバーのサポートがあってのこと。
心から皆さんに感謝です♪

初釜にて_e0078071_16491809.jpg

初釜にて_e0078071_16491954.jpg


【2部】
大澤先生がご亭主となり総合クラスのメンバーにお濃茶を振る舞ってくださいました。
今度は客の立場として席につきます。

初釜にて_e0078071_20044341.jpg

濃茶は3〜4人で一つのお茶碗を回し飲みします。
お正月限定「金銀の嶋台茶碗)と初釜ならではのもの。

初釜にて_e0078071_20051314.jpg


主菓子は『常盤饅頭』
表千家の初釜には欠かせないお菓子です。
真っ白なお饅頭の中から色鮮やかな緑色の餡が出てきます。
真っ白な生地は雪を、緑は冬の寒い時期でも枯れない松の生命力を表しているそうです。

初釜にて_e0078071_20054745.jpg

初釜にて_e0078071_20054828.jpg


亭主の立場から、お客の立場から、大変学び多き初釜となりました。
2020年はさらに深くお茶の世界を探求していきたいと思っています。

初釜にて_e0078071_20081795.jpg


by kayoprimo | 2020-01-13 10:57 | お抹茶愛好家

イタリアライフプロデューサー 「料理、ワイン、ライフワーク、旅、ファッション…」 【Benvenuti a casa mia!】Lezione di cucina giapponese e te Matcya TOKYO JAPAN


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30