タグ:旅の思い出 ( 27 ) タグの人気記事

2月22日~2月26日(4泊5日)
途中イタリアからのお客様をご案内しながら、一人旅、二人旅を楽しみました。

初日に旅レポートはこちら
2日目のレポートはこちら
3日目のレポートはこちら
4日目のレポートはこちら

フランチェスカとの2泊3日の京都旅を無事終え、最終日は再び一人旅。
フランチェスカとの時間はとても忙しく、朝早くから行動しておりました。
一人に戻った私は本来のスローペースになります。

大阪のホテルはギリギリにチェックアウト。
京都入りしたのは正午を過ぎていました。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21191151.jpg


向かったのは『樂美術館』
何度も京都に足を運んでいるのに、なかなか行けなかった場所です。
4年越しの願いが叶いました。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21201170.jpg


「わび」とは
自然で慎ましやかであること。
豪華に飾り立てた美とは対極的な簡素さ。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21204851.jpg


「樂」は侘茶(わびちゃ)を代表するお茶碗。
侘茶の世界を作り上げた千利休がプロデュースしたのが樂茶碗の始まりです。
簡素な中にある美を感じながら美術館を巡ります。
タブレット端末を片手に持ち、気に入ったお茶碗は写真におさめながら、
館内をゆっくりと楽しみました。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21213985.jpg


一代目長次郎の作品もありました。
銘は「萬代」
「万代」(萬代)とは、永遠という意味だそうです。
魂が宿ってるかのような力強さと優しさを感じます。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21224408.jpg


まだまだ茶の湯の入り口におります。
学んでも学んでも、なかなか知識が増えないデキの悪い子ですが、
良いものを何度も見ることが私には大切だと思っています。
またいつか訪れましょう。

お腹が空いてきました。
親友から昨年4月にオープンした鶴屋吉信のtubara cafeに行くことをすすめられていたのだけど、生憎この日は定休日。
親友の妹さんのお友達が7代目女将なんですって!

歩いてすぐのところには『虎屋茶寮』があることを思いつきました。
なんと、2日続けて虎屋さんへ。
とても寒い日でした。
お汁粉をオーダーして、しばし身体を温めます。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21254599.jpg

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21254685.jpg


今回の京都旅では和菓子屋さん巡りも目的の一つでした。

亀谷則克
昔ながらの小さな店構えのお店。
心が躍ります!
季節のお干菓子を買いました。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21261528.jpg

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21261951.jpg

写真を撮りそびれしたが、今回の旅では『亀屋良長』『亀屋清永』にも立ち寄りました。
京都にはたくさんの「亀屋〇〇」があって、こんがらがってしまいますね。

そして京都駅の伊勢丹さんで最後のお買い物。
漬物や湯葉、帰りの新幹線で食べるお弁当。
和菓子もいろいろ売ってます。

嵐山さ久ら餅に目が留まりました。
写真は翌日に自宅で撮ったものです。
白い道明寺。
2枚の桜の葉で包まれています。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21270372.jpg

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21270754.jpg


恒例の『宝泉堂』さんで最後の一服。
京都の〆はやはりお抹茶です。

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21281124.jpg

京都旅⑤~茶の湯を楽しむ_e0078071_21281600.jpg


フランチェスカとの2泊3日。
そして前後1日づつ(計2日)は茶の湯の楽しむ一人旅。
やっぱり京都は楽しい♪


by kayoprimo | 2020-03-29 16:34 |
2月22日~2月26日(4泊5日)
途中イタリアからのお客様をご案内しながら、一人旅、二人旅を楽しみました。

初日に旅レポートはこちら
2日目のレポートはこちら
3日目のレポートはこちら

フランチェスカとの最終日は朝7時に京都のホテルをチェックアウト。
その足でフランチェスカが絶対に行きたい!と言ってた嵐山へ向かいました。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14490862.jpg


「誰もいない竹林の写真を撮る!」と言ってたフランチェスカさん。
願いを叶えることができました。
スロースターターの私には思いもつかない発想ですが、
フランチェスカのおかげで私も素敵な写真を撮ることができました。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14495375.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14495412.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14495442.jpg


写真を撮っているうちに、徐々に人が増えてきました。
ほとんどの人は嵐山へ引き返していきますが、私たちはさらに奥の嵯峨野へ進みます。

そして、そこにはひっそりとした素晴らしい世界が広がっていました。
二人とも「Bello. Bollo.」(美しい)の言葉しか出ない。

常寂光寺

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16092869.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16092871.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16092974.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16093081.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16093202.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16101358.jpg


祇王寺
苔が美しいお寺として有名だそうです。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16125871.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16125925.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16130011.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16130246.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16130308.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16135072.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_16150929.jpg


外国人の観光客が激減していたからこそ見ることができた景色です。
地球の裏側で幼い頃から日本に憧れていた女の子に、
こんなにも素晴らしい景色と時間を感じてもらうことができた奇跡。
この素晴らしい二人の時間はもう一生訪れないだろうと思いました。

再び嵐山に戻ります。
そして『老松』さんでお抹茶タイム。
人も少なくて、お庭も見ながらのゆっくりした時間。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14563466.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14563518.jpg


寒い一日でした。
温かいものが食べたいね~と、嵐山うどんのお店『おづる』へ入りました。
めちゃ美味しくてびっくり!

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14513775.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14513852.jpg



この日は夕方過ぎには大阪へ行かなければなりませんでした。
朝早くから行動したので、まだ十分に時間があります。
「どうしようか~」
「北野天満宮で梅祭りをやってるから、行ってみる?」

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_18051451.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_18051431.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_18051581.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_18051659.jpg


地元民で賑わっておりました。
梅の写真を撮った後、再びお茶しました。
トリノで和テイストのカフェKintugiを経営しているフランチェスカのために『虎屋茶寮』へ。
うぐいす餅と玉露茶をオーダーしました。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_14591235.jpg


さあ、大阪へ。
翌日からフランチェスカは大阪商工会議所の商談会に参加します。
大阪ではもう一人のトリノの友人オンブレッタと落ち合います。

オンブレッタは兄妹でお茶屋さんCamelliaを営業しています。
昨年は一緒にお抹茶のワークショップも開催しました。
その時の様子はこちらから。

最後の夜は
私の友人2人を大阪商工会議所の商談会に導いて下さった西崎様と延子様と一緒に串揚げです。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_15020126.jpg

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_15020248.jpg


フランチェスカとの2泊3日の旅で二人の友情が育めたこと。
オンブレッタと大阪で再会できたこと。
心から感謝の気持ちです。

京都旅④~嵯峨野はひっそりとしてました_e0078071_15031069.jpg


後ろ髪を引かれる気持ちで二人に別れを告げ、
私は翌日ふたたび京都一人旅です。
続く。


by kayoprimo | 2020-03-27 14:39 |
2月22日~2月26日(4泊5日)
途中イタリアからのお客様をご案内しながら、一人旅、二人旅を楽しみました。

初日に旅レポートはこちら
2日目のレポートはこちら

フランチェスカが京都でどうしても訪れたかった場所の一つ『伏見稲荷』
今では観光客の人気ナンバーワンではないかと思うほど人が多い場所です。
私は人が多い場所は苦手なので今まで避けていましたが、
フランチェスカのおかげで初めて訪れることができました。

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18400570.jpg


朝8時頃に伏見稲荷に到着。
それなりに人がいましたが、なんとか良い写真を撮ることに成功しました。

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18415848.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18415919.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18420042.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18420124.jpg


梅もキレイに咲いていました。
私たちが写真を撮っていたら、たくさんの人たちが集まってきました。
退散です!

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18423469.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_18423590.jpg


その後は清水寺へ。
数年補修工事をしていた清水寺のようやくシートが外れています。

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20081369.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20081484.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20081573.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20081773.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20081944.jpg


「清水の舞台から飛び降りるつもりで…」
大きなことにチャレンジする時や、大きなことを起こす時など、覚悟を持って実行する時の例えに使いますよね。
江戸時代は願いを叶えるため本当に飛び降りた人がいたらしいです。
この舞台は釘が一本も使われていなそうです。

その後はご飯場所を探しながら、清水焼やお土産屋さんを覗きながらのそぞろ歩き。
そして良さそうなお店を見つけて、お昼ごはんです。

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20102963.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20103064.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_20103175.jpg


高台寺、圓徳院を経て(こちらの写真はまた別の機会に)
もう一つのフランチェスカの憧れ『金閣寺』に向かうことにしました。
私は断然「銀閣寺派」なのですが、はやり外国人にはキラキラの金閣寺がとても魅力的に感じるらしいです。
次回は銀閣寺だよ!フランチェスカ!

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_16300793.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_16300855.jpg

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_16300831.jpg


上りあり下りあり、よく歩いた1日でした。
翌日もハードな1日となります。
夕飯は簡単にセルフの京ばんざいのお店へ。
好きな小鉢を6つ選んで、ごはんとみそ汁で1,000円。
続く。

京都旅③~憧れの伏見稲荷と金閣寺_e0078071_16323073.jpg


by kayoprimo | 2020-03-22 18:26 |
2月22日~2月26日(4泊5日)
途中イタリアからのお客様をご案内しながら、一人旅、二人旅を楽しみました。

初日に旅レポートはこちら

2日目の旅は大阪から始まりました。
フランチェスカが到着する時間に合わせて朝一で関空へ。

2か月半ぶりフランチェスカとの再会。
私たちの2泊3日の旅がはじまります。
この時はまだ今のイタリアの状況は予想もしていなかった私たち。
今思えば、大変貴重な二人旅となったわけです。

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_22581838.jpg


すぐにバスに乗り京都駅へ移動。
そして列車に揺られて宇治へ。
先ずは宇治名物『茶そば』で腹ごしらえ。

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_22585058.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_22585158.jpg


世界遺産『平等院』

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23000532.jpg


フランチェスカが宇治を行く姿をカメラでパチリ。


京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23000699.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23000639.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23000701.jpg


参道に並ぶお茶屋さんでお茶を試飲したり、お抹茶を買ったり。
フランチェスカさんはお土産のこけしも買いました。

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23034704.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23034819.jpg

そして宇治での一番の目的は中村藤吉での『茶の湯体験』
トリノのカフェKintugiのオーナーでもあるフランチェスカにどうしても体験してほしかったのです。
たくさんの学び、そして初めての濃茶など。
とても良い体験ができたことを喜んでくれました。

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23061125.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23061259.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23061394.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23061477.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23061447.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23064704.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23064867.jpg

そして私たちは京都に戻ってきました。
夕食は京野菜のお店へ。
「Benvenuta in Giappone!」抹茶ビールで乾杯!

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23073869.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23073906.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23073905.jpg

京都旅②~フランチェスカ宇治を行く_e0078071_23074163.jpg


フランチェスカとの旅は始まったばかり。
明日と明後日が本番です!
続く。


by kayoprimo | 2020-03-21 21:20 |
2月22日〜2月26日(4泊5日)
途中イタリアからのお客様をご案内しながら、一人旅、二人旅を楽しみました。

初日は一人旅。
お天気は雨。

お昼は手軽に新幹線駅構内のお蕎麦屋『松葉』さんで軽めに済ませます。
京都の人は食べないらしい京都名物『にしん蕎麦』を。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_17160810.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_17160980.jpg


そして向かったのは『大徳寺』
千利休など茶の湯文化との関わりも深い禅寺で、現在24の塔頭(たっちゅう)があるそうです。
(塔頭とは大徳寺の境内にある小寺)

今回は5つの塔頭を巡りました。
その中から庭園が美しかった2つの塔頭の写真をご紹介します。

瑞峰院
「独坐庭」は蓬莱山半島に打ち寄せる荒波を表現しているそうです。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20044115.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20044274.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20044485.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20044799.jpg


瑞峰院はキリシタン大名のゆかりのお寺でもあります。
7つの石を十字架の形に配した石庭「閑眠庭」

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20132900.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_20133180.jpg


龍源院
こちらも庭園が有名なお寺です。
わびさび…しっとりとした時間を過ごしました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21030346.jpg

「滹沱底」(こだてい)
中国にある滹沱河の流れを再現した庭園だそうです。


京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21030990.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21031000.jpg


日本一小さな石庭
「東滴壺」(こうてきこ)
このお庭がとても気に入りました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21031350.jpg


わびさび…を求めて、それは何なのか?
難しいですね。
考えながら感じながら、大徳寺を後にします。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21031442.jpg

今回の京都では、和菓子屋さん巡りも目的の一つでした。

大徳寺前には大徳寺納豆のお店が並びます。
その中に気になるお店がありました。
大徳寺納豆が入った干菓子「三彩」を購入しました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21370845.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21370957.jpg


次に向かったのは、『俵屋吉富』小川店
小川店は茶菓子に特化した店舗です。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21430326.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21430494.jpg


ショーケースには沢山の干菓子が並べられていて、心が踊ります。
素敵な干菓子が一つから買うことができます。
幾つか干菓子を購入しました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21450004.jpg


隣接の茶房「茶ろん たわらや」でひと休み。
お抹茶と生菓子をいただきました。

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21464473.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21464543.jpg

京都旅〜雨の京都もなかなかよろしい_e0078071_21464679.jpg


翌日は朝一でイタリアからお客様が到着するため、早々と京都から大阪へ移動。
翌日はフランチェスカと一緒に宇治へ行きます。
続く。。。




by kayoprimo | 2020-03-19 13:34 |

新入りの陶器

那須温泉旅行の帰りに少し足を延ばして、焼き物で有名な笠間に立ち寄りました。

いくつかのギャラリーやお店をまわり、一つのギャラリーで素敵な陶器との出会いがありました。

回廊ギャラリー門
中庭を取り囲むように作家さんの素敵な作品の数々が並べてあります。
欲しい物がたくさんで目移りします。

(↑をクリックすると、もっとお店のイメージが分かると思います)



新入りの陶器_e0078071_14164059.jpg


その中から素敵な急須と湯呑み茶碗を目つけました。
ポッテリとしたフォルムに心が惹かれました。
急須とお茶碗は別々の作家さんの作品です。

急須 桑原哲夫さん
茶碗 中野明彦さん


新入りの陶器_e0078071_14243959.jpg

新入りの陶器_e0078071_14243973.jpg


こちらは焙じ茶専用にしたいと思っています。
日本の友人はもちろんのこと、イタリアの方にも素敵な焙じ茶のおもてなしをしたいなぁ。


by kayoprimo | 2020-01-12 13:49 | 雑貨

湯河原日帰りドライブ


湯河原へドライブ。

私の大好きな場所の一つです。


湯河原日帰りドライブ_e0078071_22322054.jpg


湯河原市内から急な山道を上り、途中不安になりながら隠れ家フレンチレストラン「エルルカンビス」に到着しました。

竹やぶに囲まれた素敵なレストラン❣️


湯河原日帰りドライブ_e0078071_22331227.jpg


窓際のお席に案内されました。

大きな窓から自然を見ながらの美味しいお食事を堪能しました。


湯河原日帰りドライブ_e0078071_22313724.jpg


ここは地元の食材と和の技法を取り入れたフレンチだそうです。

木漏れ日のランチ  

3,500円(消費税、サービス料別)

素材の味が生きていて、全てが美味しかった❣️


湯河原日帰りドライブ_e0078071_22325090.jpg

湯河原日帰りドライブ_e0078071_22325155.jpg

湯河原日帰りドライブ_e0078071_22325151.jpg

湯河原日帰りドライブ_e0078071_22325261.jpg

湯河原日帰りドライブ_e0078071_22325355.jpg


個人的には最後にサプライズで出された小さなプリンがとっても気に入りました。


湯河原日帰りドライブ_e0078071_22364663.jpg


日帰り温泉は恒例の「大滝ホテル」

昭和の香り漂うレトロな雰囲気のホテルです。

ここの温泉が大好きで何度も日帰りでリピートしてます。

15時過ぎに入ったら、誰もいない〜

ゆっくり楽しめました❣️


湯河原日帰りドライブ_e0078071_22372241.jpg


その後は車を停めて、ぶらぶら散策していましたら、偶然「熊野神社」に辿り着きました。


湯河原日帰りドライブ_e0078071_22381870.jpg


手水には源泉の湯が注がれていて、熱々でした。(約60度だそうです)

「素敵な旅への感謝、そして旅の安全」を祈願して手を合わせました。


湯河原日帰りドライブ_e0078071_22410957.jpg

湯河原日帰りドライブ_e0078071_22391084.jpg

湯河原日帰りドライブ_e0078071_22391139.jpg


ちらっと立ち寄った「和菓子処味楽庵」で食べた「かのこ」がとっても上品で美味しくて感動しました。

湯河原でこんなに美味しい生菓子が食べれるなんて〜❣️

しかもリーズナブルです。

生菓子250円+お抹茶400円です〜


湯河原日帰りドライブ_e0078071_22414985.jpg


最後の最後に夕暮れ時の海を眺めて帰路につきました。

毎回いろいろな発見がある湯河原、やっぱり好きだわぁ〜。


湯河原日帰りドライブ_e0078071_22421450.jpg

湯河原日帰りドライブ_e0078071_22421677.jpg





by kayoprimo | 2019-09-21 15:21 |

【熱海へドライブの旅】


熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_10424141.jpg


2017年にリニューアルされたMOA美術館はとても素敵なところです。

美術館の雰囲気、館内から見える景色、私のお気に入りの場所。


熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_10443875.jpg

熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_10444146.jpg

熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_10444301.jpg


展示はもちろんのこと、能楽堂や常設の秀吉好み「黄金の茶室」も見応えがあります。

近い将来、この能楽堂で観劇したいと思うのです。


熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_10471969.jpg

熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_10453938.jpg


そして「茶の庭」と名付けられたお庭がこれまた素敵なのです。

お庭の中にはお食事処やお茶室カフェもあります。


熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_10514598.jpg

熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_10514761.jpg


美術館内でお食事することにしました。

戸隠そばのお店「そばの坊」へ

みずみずしくて上品なお蕎麦、そして単品でオーダーした桜えびのかき揚げも美味しかった〜


熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_10594596.jpg

熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_10580452.jpg


現在開催されている展示会は

【奇想の又兵衛 山中常盤物語絵巻】

あまり期待しないで出かけたのですが、これはとても素晴らしかった!

着物の柄、木々、人の表情など…とても繊細なのに活動的で表情豊かな絵巻でした。

良いものを観せていただきました。


熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_11001676.jpg

熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_11001864.jpg


観覧後は一白庵(お抹茶処)で自然の景色を見ながら暫し休憩。

私はお抹茶と季節の菓子「黒蜜の羊羹」を。

夫は煎茶セットを。


熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_11033073.jpg

熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_11014941.jpg


だんだん体が自然と一体化していく心地良さを感じます。


熱海〜海、温泉、そして美術館_e0078071_11021874.jpg



by kayoprimo | 2019-09-04 10:30 |
一日中雨降りの金沢ひとり旅
今回の旅は前半は友人達と過ごし、後半は一人旅を楽しむ。
ひとり旅の良さは人に気兼ねすることなく、自分の趣味や趣向で好きなように過ごせることですね。


金沢の旅③~金沢最古のお茶室で_e0078071_12450420.jpg


金沢は茶の湯の文化が根付いた町だそうです。
今回のひとり旅の目的は『茶道に関わることを楽しむこと』

朝一に訪れたのは金沢の茶道美術館【中村記念美術館】
雨降りだったこともあり、ここでの写真はありませんが、
ちょうど「キラキラ☆うるしワールド」となる展示企画展中でした。
単に「うるし」と言っても、さまざまな技法、色、形があるものですね。


金沢の旅③~金沢最古のお茶室で_e0078071_12453072.jpg

そして次に足を運んだのは【玉泉園】
玉泉園の庭園は歴史的にも大変貴重な「玉潤様式庭園」という特徴を持ちます。
金沢の中でもかなり古い庭園だそうで、その歴史は400年前に遡ります。
庭園の詳細は玉泉園のホームページに載っています。⇒こちら


金沢の旅③~金沢最古のお茶室で_e0078071_12451652.jpg


入口付近の庭園の中に佇む「織部式隠れキリシタン灯籠」も大変興味深く。
手を合わせたマリア様が下の方に見えます。
そして全体像が何となく十字架に見える形をしています。←ここが隠れキリシタンっぽいですね。


金沢の旅③~金沢最古のお茶室で_e0078071_12454583.jpg

金沢の旅③~金沢最古のお茶室で_e0078071_12461429.jpg


庭園の中心には池があり、その池を中心にぐるりと歩くと高低差があり、、どこから見ても美しい庭園という印象です。
雨降りだったので少し足元が悪かったのですが、雨の風情も玉泉園には似合っていると感じます。


金沢の旅③~金沢最古のお茶室で_e0078071_12471610.jpg


園内の茶室ではお抹茶(呈茶)をいただくことができます。
茶室は金沢で最も古く350年ほど前のものだそうです。
350年前のものとは思えない素晴らしいお茶室でご亭主が私のためだけにお茶を点てて下さいました。
(観光客は私ひとり)


金沢の旅③~金沢最古のお茶室で_e0078071_12474925.jpg

そして金沢やお茶室に纏わるお話しして下さいました。
腰高の窓付障子は「雪見障子」と呼ばれ、冬には雪景色が楽しめるそうです。


金沢の旅③~金沢最古のお茶室で_e0078071_12473354.jpg


金沢の茶人に愛されている「吉はし」さんのお菓子と金沢のお茶屋「野田屋」さんのお抹茶に心が満たされました。
素敵な時間でした。

心残りは雨降りだったため、お茶室の写真を撮らなかったことでしょうか。
またいつか足を運んでみたいです。
その時はお茶室の写真も忘れずに。


・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
イタリア人向け日本料理教室
Lezione di cucina giapponese Benvenuti a casa mia!

【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。

by kayoprimo | 2019-03-22 13:21 |
金沢の旅のブログの続きです。
華やかな色絵の「九谷焼」はとても有名ですが、 「大樋焼」をご存知ない方も多いかもしれません。


金沢の旅②~「大樋焼」に恋して_e0078071_22140210.jpg

時は1666年に遡ります。
加賀藩五代藩主前田綱紀候が裏千家四代仙叟宗室を京都より金沢に招きます。
仙叟宗室が楽家四代一入の高弟の長左衛門を同行させ、茶碗などの制作をさせたそうです。
そこから金沢で大樋焼が始まりました。

金沢の旅②~「大樋焼」に恋して_e0078071_22124365.jpg

大樋焼のルーツとなる大樋長左衛門窯・大樋美術館を訪ねました。
大樋長左衛門窯は350年の歴史を持ち、現在の大樋長左衛門は十一代目。
窯元では先代、現長左衛門、十二代目の3人で制作を行っているそうです。

大樋美術館には歴代の長左衛門の作品が並びます。
素晴らしい作品の数々。
観光客ゼロの私だけのワールド。
しばし一人の時間を楽しみました。

美術館にはギャラリーが併設されていて、主に十代目と十一代目の作品が並んでいます。
とてもじゃないけれど手の出ないお値段だけど、本当に素晴らしい作品ばかり。

金沢の旅②~「大樋焼」に恋して_e0078071_22131901.jpg

ギャラリーでは呈茶もいただけます。
お好みの歴代長左衛門のお茶碗でお抹茶を点てて下さる。

金沢の旅②~「大樋焼」に恋して_e0078071_22133271.jpg

私は歴代の中でも名工と言われた五代目の大樋飴釉井戸型茶碗を選びました。
手の中にすっぽりと馴染むお茶碗が150年以上も前のものだなんて。
素晴らしい作品で一服できるとができ、至福のひと時でした。

金沢の旅②~「大樋焼」に恋して_e0078071_22125575.jpg

この後、偶然立ち寄った伝統工芸品を扱っているギャラリーで十一代目長左衛門の作品「舟形三つ足皿」との出会いがありました。
お抹茶茶碗は高価過ぎて手が出ないですが、この作品なら私でも手が届く。
長左衛門さんの作品だと思うだけでワクワクします。

金沢の旅②~「大樋焼」に恋して_e0078071_22134616.jpg

現長左衛門は2016年に年雄の名前から長左衛門に襲名しました。
こちらの作品は年雄時代の作品のようです。



・・・☆・・・☆・・・・☆・・・
お料理教室のサイト
イタリア料理教室Primo Piatto
イタリア人向け日本料理教室
Lezione di cucina giapponese Benvenuti a casa mia!

【ご予約承ります】
星野佳代は占星術アロマセラピストとして、
星と香りのヒーリング 『占星術アロマテラピーセッション』を行っています。


by kayoprimo | 2019-03-08 22:28 |

イタリアライフプロデューサー 「料理、ワイン、ライフワーク、旅、ファッション…」 【Benvenuti a casa mia!】Lezione di cucina giapponese e te Matcya TOKYO JAPAN


by kayoprimo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30